5. 専用ハイパーバイザーサービス上の仮想マシン(集中管理型)


本ガイドでは、1つの例として専用ハイパーバイザーサービス上の仮想マシンを集中管理型で、バックアップする方法を記載します。

バックアップの構成については、「ご利用パターン」の「バックアップパターン2」を例に環境を構成してます。

ECL2.0以外の別環境からECL2.0へマイグレーションしたい場合は、「Arcserveを用いて別環境からECL2.0環境へのサーバ移行(マイグレーション)を行う」を参照ください。

5.1. ノードの追加

注釈

専用ハイパーバイザーサービス上の仮想マシンを単体でバックアップでバックアップをESXi上で定義したリソースプールに仮想サーバが所属している場合は、リソースプール単位でバックアップを取得することができます。 リソースプール単位でバックアップを取得すると、リソースプールに仮想マシンが作成された場合、その仮想マシンもバックアップ対象サーバとして含むことができます。 その場合、本手順を実施する必要はなく、ノードの追加は、以下の「バックアッププランの作成」手順より、ノードを追加するようにしてください。


1.バックアップ対象の専用ハイパーバイザーサービス上の仮想マシンをノード追加するため、画面上部のリソースタブをクリックし、「ノードの追加」をクリックします。

2.Arcserve UDPコンソールへのノード追加を行います。
本ガイドではvCente/ESX(i)からノード追加を行うため、「vCenter/ESX(i)からインポート」を選択し、ESX(i)の「ホスト名/IPアドレス」、「プロトコル」、「ポート」、「ユーザ名」、「パスワード」を入力し、「接続」クリックします。

3.接続が完了するまで待ちます。

4.接続が完了すると、ホストが追加されます。
三角マークをクリックして展開すると、そのホスト配下のプール、仮想サーバが表示されます。
一覧から、対象とする仮想サーバを選択し、「リストに追加」をクリックします。

5.右ペインにノードが追加されます。
全てのノード追加が完了したら、「保存」をクリックします。

6.リソース画面に戻り、「すべてのノード」にノードが追加されていることを確認します。

以上でノード追加は完了です。

5.2. 復旧ポイントサーバの作成

注釈

Cifs共有先にバックアップを取得する場合、本手順を実施する必要はありません。

注釈

初めて復旧ポイントサーバを登録する場合や、異なる復旧ポイントサーバを追加してバックアップを保存したい場合に以下手順を実施します。


1.バックアップ保存先サーバとなる復旧ポイントサーバを追加するため、「復旧ポイントサーバ」をクリックします。

2.「復旧ポイントサーバの追加」をクリックします。

3.「ノード名/IPアドレス」、「ユーザ名」、「パスワード」、「説明」(任意)、「インストール場所」、「ポート」を入力します。
本事例では、「プロトコル」、「変更の追跡ドライバ」をデフォルトの入力値のままとします。

4.「インストール/アップグレードの実行」において、「すぐに実行」または「実行時刻」を選択し、「保存」をクリックします。
本事例では、「すぐに実行」を選択します。

5.復旧ポイントサーバが追加されていることを確認します。

以上で復旧ポイントサーバの追加は完了です。

5.3. データストアの作成

注釈

Cifs共有先にバックアップを取得する場合、本手順を実施する必要はありません。

注釈

初めてデータストアを作成する場合や、異なるデータストアを作成し、バックアップを保存する場合に以下手順を実施します。


1.バックアップ保存先となるデータストアを作成します。使用する復旧ポイントサーバを右クリックし、「データストアの追加」を選択します。

2.復旧ポイントサーバの「データストア名」と「データストアフォルダ」入力し、「デデュプリケーションの有効化」のチェックを外し、「保存」をクリックします。
本事例では、「同時アクティブノードの制限」は「4」のままとします。

注釈

データストア作成前に、あらかじめ復旧ポイントサーバ側にバックアップ用の共有フォルダを作成しておいてください。


3.データストアが作成されたことを確認します。

以上でデータストアの作成は完了です。

5.4. バックアッププランの作成


1.バックアッププランを作成します。「すべてのプラン」をクリック後、「プランの追加」をクリックします。

2.任意のプラン名を入力します。「タスクの種類」は「バックアップ:エージェントベース エージェントレス」を選択します。

3.「タスクの種類」を選択すると、ソースタブに「バックアッププロキシ」の項目が表示されますので、「追加」をクリックします。
4.バックアッププロキシとなるWindowsサーバの情報を入力し、「OK」をクリックします。

5.バックアップを取得する対象ノードを選択します。

注釈

  • 上記「ノードの追加」手順で追加した専用ハイパーバイザーサービス上の仮想マシンのバックアップを取得する場合、手順5.~8.を実施後、手順13.を実施してください。
  • リソースプール単位でバックアップを取得する場合、手順9.以降を実施してください。
「+追加」をクリックし、「Arcserve UDPで保護するノードの選択」を選択します。

6.保護対象となるノードを選択し、「>」をクリックします。

7.「選択されたノード」に移行したことを確認したら、「OK」をクリックします。

8.ノードが追加されたことを確認します。

リソースプール単位で設定する場合

9.ESXi上で定義したリソースプールに仮想サーバが所属している場合は、リソースプール単位で指定することが可能です。
「+追加」をクリックし、「vCenter/ESX(i)からのノードの追加」を選択します

10.「vCenter/ESX ホスト名/IPアドレス」、「プロトコル」、「ポート」、「ユーザ名」、「パスワード」を入力し、接続をクリックします。

11.保護するオブジェクトを選択し、「保存」をクリックします。

12.リソースプールが表示されていることを確認します。

※リソースプールを指定しておくと、以降このリソースプールに仮想サーバが追加された場合、自動でバックアッププランの保護対象に設定されます。

13.「デスティネーション」タブでは、バックアップデータの保存先を設定することができます。
「デスティネーション」をクリックします。ここでは、バックアップ保存先を指定します。

注釈

  • バックアップ保存先が「復旧ポイントサーバ」の場合、手順13.実施後、手順17.以降を実施してください。
  • バックアップ保存先が「Cifs共有」の場合、手順14.以降を実施してください。
「デスティネーションの種類」を「Arcserve UDP 復旧ポイントサーバ」とします。
「復旧ポイントサーバ」と「データストア」を入力します。 (「パスワードによる保護」は適宜設定してください。)
※接続先のユーザ名とパスワードを求められますので、各項目に入力後、「OK」をクリックします。

CIFS共有先にバックアップを行う場合

14.「デスティネーションの種類」に「ローカルディスクまたは共有フォルダ」を選択します。
(「暗号化アルゴリズム」と「圧縮を有効にする」は適宜設定してください。)

注釈

あらかじめバックアップ用の共有フォルダを作成しておく必要があります。


15.「デスティネーション」にローカルディスクまたは共有フォルダのパス名を入力し、「→」をクリックします。

16.接続先のユーザ名とパスワードを求められますので、各項目に入力後、「OK」をクリックします。

17.「スケジュール」をクリックします。
バックアップスケジュールの設定を行います。本事例では日次増分バックアップの設定を行っています。
完了後、「保存」をクリックします。

18.リソース画面に戻り、「すべてのプラン」で、作成したプランのノードへの展開が
展開が終わると、以下のようにステータスが「展開:成功(対象ノード数)」となります。

以上で専用ハイパーバイザーサービス上にある仮想サーバのバックアッププランの作成は完了です。
(すぐにバックアップを行う場合、以下の「手動バックアップ」を参照してください)

5.5. バックアップ

注釈

プロキシサーバーを、Arcserve UDP 復旧ポイント サーバと別のサーバーに用意する場合、初回のプラン展開後に一度のみ、プロキシサーバー内の Arcserve UDP エージェント サービスを再起動してください。 (再起動を行うまでバックアップが失敗する場合があります。)


1.作成したプランを右クリックし、「今すぐバックアップ」を選択します。

2.バックアップしたい対象を下記3パターンから選択し、「OK」をクリックします。本事例では「フルバックアップ」を選択します。
※警告が表示された場合はサービスの再起動行ってください。

3.バックアップが進みます。画面上部の「ジョブ」をクリックした後、「進行中のジョブ」で確認できます。「詳細」をクリックすると、バックアップステータスモニタを表示できます。

4.バックアップの正常終了後、「正常に完了したジョブ」をクリックし、バックアップが完了していることを確認します。

5.任意で指定した保存先フォルダに、バックアップ関連ファイルが保存されていることを確認します。

以上でバックアップは完了です。