4.4. Linuxエージェント

4.4.1. Arcserve前提パッケージのインストール

  1. Arcserveをインストールする前に、Linuxのパッケージで以下がインストールされていることを確認します。(Arcserveのインストール条件となります。)

    • perl
    • ssh
    • nfs-utils
    • cifs-utils
    • genisoimage
    • squashfs-tools

    それぞれをyumコマンドでインストール済みかを確認して、未インストールの場合、インストールしていきます。(インストールされていない場合、かつサブスクリプション登録されていない場合はインストールできないため、事前にサブスクリプション登録が必要です。サブスクリプション登録はRedhatでのご対応をお願いいたします。)

  2. yum コマンドで「perl」がインストールされているかを確認します。本事例では以下のように既にパッケージが入っておりインストールされています。

    $ yum list installed | grep perl
    
  3. 次に「SSH」を確認します。以下のようにインストールされています。

    $ yum list installed | grep ssh
    
  4. Arcserveログイン時のパスワード認証を有効にするため、SSHの設定ファイルを編集します。以下コマンドを実行します。

    $ vim /etc/ssh/sshd_config
    
  5. 「PasswordAuthentication」がnoになっていることを確認します。

  6. yesに変更します。

  7. 「SSH」の設定を反映させます。

    $ systemctl restart sshd.service
    
  8. 次に「nfs-utils」を確認します。以下のようにインストールされています。

    $ yum list installed | grep nfs-utils
    
  9. 次に「cifs-utils」を確認します。以下のようにインストールされていません。

    $ yum list installed | grep cifs-utils
    
  10. 「cifs-utils」を以下のようにインストールします。インストール実行のy/n選択では「y」を選択します。

    $ yum install cifs-utils
    
  11. 以下が表示されたら、インストール完了です。

  12. 次に「genisoimage」を確認します。以下のようにインストールされています。

    $ yum list installed | grep genisoimage
    
  13. 次に「squashfs-tools」を確認します。以下のようにインストールされていません。

    $ yum list installed | grep squashfs-tools
    
  14. 「squashfs-tools」を以下のようにインストールします。インストール実行のy/n選択ではyを選択します。

    $ yum install squashfs-tools
    
  15. 以下が表示されたら、インストール完了です。
    以上でパッケージのインストールは完了です。

4.4.2. Linuxエージェントのインストール

  1. rcserveを以下コマンドを実行し、インストールしていきます。
    ※/tmp上にインストールファイルが配置されており、現在のプロンプトが/tmpディレクトリにある状態とします。
    $ ./Arcserve_Unified_Data_Protection_Agent_Linux_7.0_with_Update_1.bin
    
  2. 使用言語を選択します。(ここでは、Linuxの言語を日本語としているため、「2」を選択します。)

  3. 「インストール処理を続行しますか?[y/n](デフォルト:n)」では「y」を選択します。

    注釈

    RHEL 7 環境では依存関係の確認で”67”ポートが占有され、上記表示となる場合があります。 これは”dnsmasq”プロセスがデフォルトで67ポートを使用していることが原因で表示されますが、この例によるバックアップでは、PXEベースのBMRを使用しないのでバックアップ運用に影響しません。

  4. ライセンス使用条件が表示されますので、リターンキーで進みます。

  5. 使用条件を承諾する場合は、「y」を入力します。

  6. 以下のようにインストールが実行されます。

  7. 「インストーラでは、このUDP LinuxバックアップサーバをArcserveUDPに登録できるようになりました。…」は、”n”を選択します。

  8. 上記の記載の中に、リストア時に必要な復旧メディアの保存先の記載がありますので、必ず保存先を記録保管して下さい。
    また、バックアップ実行などの管理画面はブラウザから実行されますが、そのときのURLアドレスも上記で表示されるので記録保管して下さい。
    以下がURLとなります。
    https ://[arcserveがインストールされたバックアップ対象LinuxサーバのIPアドレス]:8014
  9. 以下が表示されればインストール終了です。

  10. インストール後、正常に管理画面が表示されるかを確認します。
    Arcserveがインストールされたバックアップ対象Linuxサーバもしくは、このサーバにネットワークでアクセスできるサーバ等から以下のようにブラウザを開きます。
  11. https ://[arcserveがインストールされたバックアップ対象LinuxサーバのIPアドレス]:8014を入力実行します。以下のようにArcserveのログイン画面が開きますので、root権限でアクセスします。

    ※「安全な接続ではありません」という画面が表示された場合、「例外を追加」をクリックし、遷移後の画面で「セキュリティ例外を承認」をクリックしてください。

  12. 以下のような管理画面が開けば正常に起動しています。

  13. 「ヘルプ」より、「バージョン情報」をクリックします。

  14. バージョンが7.0になっていることを確認してください。

    以上でArcserveのインストールは完了です。