9.1. Windowsサーバー

本ガイドでは、1つの例としてMvP上にリストアしたWindows Server 2016 をオンプレVMware環境に切り戻す方法を記載します。

注釈

エージェントレスバックアップからMvPにリストアされたWindowsサーバを切り戻す場合、あらかじめ切り戻し対象のWindowsサーバにエージェントのインストールが必要です。Windowsエージェントのインストールは「5.3 Windowsエージェント」をご参照ください。

9.1.1. Arcserveエージェントサービスの開始

注釈

リストア時にArcserveエージェントサービスの自動起動を停止した場合はエージェントサービスを開始する必要があります。
フェイルバック対象のWindowsサーバで作業します。
  1. [スタート]メニューから[Windows管理ツール]-[サービス]を起動し、[Arcserve UDPエージェントサービス]をダブルクリックします。

  2. スタートアップの種類に[自動]を選択し、[開始]をクリックします。

  3. サービスの状態が「実行中」となったことを確認し、[OK]をクリックします。

9.1.2. ノードの追加

注釈

Arcserve UDP コンソールで作業します。

  1. 画面上部の「リソース(Resources)」クリック後、「ノードの追加(Add Nodes)」をクリックします。

  2. 「Windowsノードの追加(Add Windows Node)」を選択し、「ノード名/IPアドレス(Node Name/IP Address)」、「ユーザ名(Username)」、「パスワード(Password)」、「説明の追加(Add Description)」(任意)を入力し、「リストに追加(Add to List)」をクリックします。

  3. オンプレ側Arcserve UDP コンソールの管理情報が残っている場合、以下メッセージが出力されるので「はい(Yes)」をクリックします。

  4. ノードが正しく検出されると、右ペインにノードが追加されます。「保存(Save)」をクリックします。

  5. ノードが保存されていることを確認します。

9.1.3. バックアッププランの作成

  1. バックアッププランを作成します。「すべてのプラン(All Plans)」クリック後、「プランの追加(Add a Plan)」をクリックします。

  2. 任意のプラン名を入力します。「Task Typeタスクの種類」は「バックアップ:エージェントベース Windows(Backup:Agen-Based Windows)」を選択します。

  3. ソース(Source)タブにおいて「+追加(+Add)」をクリックし、「Arcserve UDPで保護するノードの選択(Select Nodes to Protect in Arcserve UDP)」を選択します。

  1. 切り戻し対象となるノードを選択し、「>」をクリックします。

  2. 右側「選択されたノード(Selected Nodes)」に移行したことを確認したら、「OK」をクリックします。

  3. ノードが追加されたことを確認します。

  4. 「デスティネーション(Destination)」をクリックします。ここでは、バックアップ保存先にWasabiデータストアを指定します。
    「デスティネーションの種類(Destination Type)」を「Arcserve UDP復旧ポイントサーバ(Arcserve UDP Recovery Point Server)」を選択し、「復旧ポイントサーバ(Recovery Point Server)」、「データストア(Data Store)」を設定します。
    (「パスワードによる保護(Password Protection)」は適宜設定してください。)
  5. 「スケジュール(Schedule)」をクリック後、登録されているスケジュールをクリックします。

  6. バックアップスケジュールの編集画面で、バックアップスケジュールの設定を行い、「保存(Save)」をクリックします。

  7. プランの追加画面に戻り、「保存(Save)」をクリックします。

  8. 「すべてのプラン(All Plans)」で作成したプランのノードへの展開が行われることを確認します。

  9. 展開が終わると、以下のようにステータスが「展開:成功(Deployment: Successful)」となります。

以上でバックアッププランの作成は完了です。

9.1.4. バックアップ

  1. 作成したプランを右クリックし、「今すぐバックアップ(Backup Now)」を選択します。

  2. バックアップしたい対象を下記3パターンから選択し、「OK」をクリックします。本事例では「フルバックアップ(Full Backup)」を選択します。

  3. 「OK」をクリックします。

  4. バックアップの正常終了後、「正常に完了したジョブ(All Jobs Completed)」をクリックし、バックアップが完了していることを確認します。

注釈

インデックスなどのメタデータは 復旧ポイントサーバのローカルデスティネーションに保管され、6時間おきに Wasabi と同期されます。リストア時にWasabi からインポートした復旧ポイントは最長で6時間前のものになる可能性があります。

以上でWindowsサーバのバックアップは完了です。

9.1.5. MvP(バックアップ)側データストアの停止

  1. MvP(バックアップ)側データストアを停止します。MvP側のWasabiデータストアで右クリックし、「停止(Stop)」を選択します。

  2. 「はい(Yes)」をクリックします。

  3. データストアが停止したことを確認します。

9.1.6. オンプレVMware環境へのリストア

  1. 使用するリストア(オンプレ)側の復旧ポイントサーバにAdministratorまたはAdministratorsグループのユーザでログオンし、ArcserveUDPインストールフォルダの.EngineBinフォルダを開き、“CloudDataStoreImport.exe” ダブルクリックして起動します。
    標準でインストールした場合は以下フォルダとなります。
    C:Program FilesArcserveUnified Data ProtectionEngineBIN
  2. 「Vendor」にWasabi、「Region」はUS East 1のままとし、「EndPoint」にWasabi対象リージョンのエンドポイント、「Access ID」「Secret Key」を入力して「Load」をクリックします。

  3. 「Bucket」にリストア対象のバケットを選択して「Next>」をクリックします。

  4. MvP(バックアップ)側で使用していたデータストアが停止済みかどうかの確認メッセージが出力されます。停止済みであることを確認して「はい」をクリックします。

  5. 「Data Store Name」に任意のデータストア名、「Data Store Folder」、「Index Destination」、「Hash Destination」、「Data Destination」を入力し、「Next>」をクリックします。

  6. サマリを確認し、「Import」をクリックします。

  7. インポートが完了すると「Import Successfully completed.」と出力されますので、「Finish」をクリックして終了します。

  8. データストアインポート先の復旧ポイントサーバを右クリックして「データストアのインポート」を選択します。

  9. インポート先のデータストアを指定して「次へ」をクリックします。

  10. 「データストア名」、「データ デスティネーション」、「インデックス デスティネーション」、「ハッシュ デスティネーション」を確認して「保存」をクリックします。

  11. メッセージを確認して「はい」をクリックします。

  12. デーストアが正常にインポートされたことを確認します。

データストアのインポートが完了しました。

9.1.7. フェイルバック

注釈

フェイルバックには復旧メディアが必要となります。Windowsサーバの復旧メディア作成につきましては下記「1.3.1. Windowsサーバ」をご参照ください。
  1. オンプレVMware環境で切り戻し先となるWindowsの仮想マシンを作成し、対象Windowsバージョン用復旧メディアで起動します。コンソール画面にArcserveの「BARE METAL RECOVERY」画面が表示されたら「キーボード レイアウト」 を選択します。ここでは「日本語」を選択しています。「Next」をクリックします。

注釈

仮想マシンのファームウェアはBIOSで作成します。
  1. 「リストアソースの種類を選択する」画面にて、「Arcserve Unified Data Protection のバックアップからリストアします」が選択されていることを確認し、「次へ」をクリックします。

  2. 次の画面にて、「ネットワークの設定」を行います。画面左下の「ユーティリティ」をクリックし、「ネットワークの設定」をクリックします。

  3. リストア先のIPアドレスを入力します。入力後「OK」をクリックします。

  4. 下記画面の「参照」ボタンから「復旧ポイントサーバから参照」をクリックします。

  5. 復旧ポイントサーバの「ホスト名」、「ユーザ名」、「パスワード」を入力し、「プロトコル」をHTTPSにします。その後「接続」をクリックします。

  6. 「データストア」を選択すると「ノード」が表示されるため、リストアする「ノード」を選択し、「OK」をクリックします。

  7. 下記のような画面でバックアップファイル情報が表示されます。「次へ」をクリックします。

  8. 下記メッセージが表示されたら「はい」をクリックします。

  9. 下記画面に戻るので「高速モード」を選択し、「次へ」をクリックします。

  10. 下記メッセージが表示されたら「はい」をクリックします。

  11. ディスクレイアウトを確認して「OK」をクリックします。

  12. リストアが開始されます。「復旧後、システムを自動的に再起動する」はチェックしたままの状態とします。

  13. リストアが完了すると下記画面に遷移し、自動で再起動されます。

  14. 切り戻し対象のWindows仮想マシンがパワーオン状態となっていることを確認後、インスタンスの画面を表示し、OSが正常に起動していることを確認します。
    その後、必要な設定を実施します。

以上で切り戻しは完了です。