9.2. Linuxサーバ

本ガイドでは、1つの例としてMvP上にリストアしたRed Hat Enterprise LinuxをオンプレVMware環境に切り戻す方法を記載します。

注釈

Linuxバックアップサーバが必要となります。バックアップサーバとなるLinuxサーバにLinuxエージェントをインストールする手順は、構成ガイド「5.4 Linuxエージェント」をご参照ください。

9.2.1. ノードの追加

注釈

Arcserve UDP コンソールで作業します。

  1. 画面上部の「リソース(Resources)」クリック後、「ノードの追加(Add Nodes)をクリックします。

  2. 「Linuxバックアップサーバノードの追加(Add Linux Backup Server Node)」を選択し、「ノード名/IPアドレス(Node Name/IP Address)」、「ユーザ名(Username)」、「パスワード(Password)」、「説明の追加(Add Description)」(任意)を入力し、「リストに追加(Add to List)」をクリックします。

  3. ノードが正しく検出されると、右ペインにノードが追加されます。「保存(Save)」をクリックします。

  4. 「Linuxバックアップサーバグループ(Linux Backup Server Groups)」にノードが追加されていることを確認します。

  5. 「すべてのノード(All Nodes)」を選択し、画面中央の「ノードの追加(Add Nodes)」をクリックします。

  6. 「Linuxノードの追加(Add Linux Node)」を選択し、「ノード名/IPアドレス(Node Name/IP Address)」「ユーザ名(User Name)」「パスワード(Password)」「説明の追加(Add Description)」
    (任意)を入力し、「リストに追加(Add to List)」をクリックします。
  7. 右側のリストにノードが追加されていることを確認し、「保存(Save)」をクリックします。

  8. ノードが保存されていることを確認します。

9.2.2. バックアッププランの作成

  1. バックアッププランを作成します。「すべてのプラン(All Plans)」クリック後、「プランの追加(Add a Plan)」をクリックします。

  2. 任意のプラン名を入力します。「タスクの種類(Task Type)」は「バックアップ:エージェントベース Linux (Backup:Agen-Based Linux)」を選択します。

  3. ソース(Source)タブにおいて「+追加(+Add)」をクリックし、「Arcserve UDPで保護するノードの選択(Select Nodes to Protect in Arcserve UDP)」を選択します。

  4. 切り戻し対象となるノードを選択し、「>」をクリックします。

  5. 右側「選択されたノード(Selected Nodes)」に移行したことを確認したら、「OK」をクリックします。

  6. ノードが追加されたことを確認します。

  7. 「デスティネーション(Destination)」をクリックします。ここでは、バックアップ保存先にWasabiデータストアを指定します。
    「デスティネーションの種類(Destination Type)」を「Arcserve UDP復旧ポイントサーバ(Arcserve UDP Recovery Point Server)」を選択し、「復旧ポイントサーバ(Recovery Point Server)」、「データストア(Data Store)」を設定します。
    (「パスワードによる保護(Password Protection)」は適宜設定してください。)
  8. 「スケジュール(Schedule)」をクリック後、登録されているスケジュールをクリックします。

  9. バックアップスケジュールの編集画面で、バックアップスケジュールの設定を行い、「保存(Save)」をクリックします。

  10. プランの追加画面に戻り、「保存(Save)」をクリックします。

  11. 「すべてのプラン(All Plans)」で作成したプランのノードへの展開が行われることを確認します。

  12. 展開が終わると、以下のようにステータスが「展開:成功(Deployment: Successful)」となります。

以上でバックアッププランの作成は完了です。

9.2.3. バックアップ

  1. 作成したプランを右クリックし、「今すぐバックアップ(Backup Now)」を選択します。

  2. バックアップしたい対象を下記3パターンから選択し、「OK」をクリックします。本事例では「フルバックアップ(Full Backup)」を選択します。

  3. 「OK」をクリックします。

  4. バックアップの正常終了後、「正常に完了したジョブ(All Jobs Completed)」をクリックし、バックアップが完了していることを確認します。

注釈

インデックスなどのメタデータは 復旧ポイントサーバのローカルデスティネーションに保管され、6時間おきに Wasabi と同期されます。リストア時にWasabi からインポートした復旧ポイントは最長で6時間前のものになる可能性があります。

以上でLinuxサーバのバックアップは完了です。

9.2.4. MvP(バックアップ)側データストアの停止

  1. MvP(バックアップ)側データストアを停止します。MvP側のWasabiデータストアで右クリックし、「Stop(停止)」を選択します。

  2. 「Yes(はい)」をクリックします。

  3. データストアが停止したことを確認します。

9.2.5. オンプレVMware環境へのリストア

  1. 使用するリストア(オンプレ)側の復旧ポイントサーバにAdministratorまたはAdministratorsグループのユーザでログオンし、ArcserveUDPインストールフォルダの.EngineBinフォルダを開き、“CloudDataStoreImport.exe” ダブルクリックして起動します。
    標準でインストールした場合は以下フォルダとなります。
    C:Program FilesArcserveUnified Data ProtectionEngineBIN
  2. 「Vendor」にWasabi、「Region」はUS East 1のままとし、「EndPoint」にWasabi対象リージョンのエンドポイント、「Access ID」「Secret Key」を入力して「Load」をクリックします。

  3. 「Bucket」にリストア対象のバケットを選択して「Next>」をクリックします。

  4. MvP(バックアップ)側で使用していたデータストアが停止済みかどうかの確認メッセージが出力されます。停止済みであることを確認して「はい」をクリックします。

  5. 「Data Store Name」に任意のデータストア名、「Data Store Folder」、「Index Destination」、「Hash Destination」、「Data Destination」を入力し、「Next>」をクリックします。

  6. サマリを確認し、「Import」をクリックします。

  7. インポートが完了すると「Import Successfully completed.」と出力されますので、「Finish」をクリックして終了します。

  8. データストアインポート先の復旧ポイントサーバを右クリックして「データストアのインポート」を選択します。

  9. インポート先のデータストアを指定して「次へ」をクリックします。

  10. 「データストア名」、「データ デスティネーション」、「インデックス デスティネーション」、「ハッシュ デスティネーション」を確認して「保存」をクリックします。

  11. メッセージを確認して「はい」をクリックします。

  12. デーストアが正常にインポートされたことを確認します。

データストアのインポートが完了しました。

9.2.6. フェイルバック

  1. オンプレVMware環境で切り戻し先となるLinuxの仮想マシンを作成し、Linux用復旧メディアで起動します。コンソール画面を表示すると、以下のように自動でArcserveの復旧メディアで起動された画面が表示されます。

  2. しばらくすると以下の画面に遷移します。
    画面上にカーソルを置きクリックして画面選択した後、Enterキーを押します。

注釈

この画面にURLが表示された場合は、手順7.までお進みください。
  1. インスタンスにIPアドレスを設定します。
    ifconfigコマンドでIPアドレスが設定されていない状態であることを確認します。
    $ ifconfig
    
  • ここではenp11s0のインターフェイスが使用可能で、IPアドレスが設定されていないことが確認できます。
    ifconfigコマンドでIPアドレスを設定します。
    $ ifconfig インターフェイス IPアドレス netmask ネットマスク
    
  • 再度、ifconfigコマンドでIPアドレスが設定されていることを確認します。

    $ ifconfig
    
  1. 同じネットワーク上にあるサーバ、復旧ポイントサーバ等と接続性があるかを確認します。

    $ ping IPアドレス
    
  2. 疎通確認できれば、exitコマンドで終了します。

    $ exit
    

#. 以下のようにIPアドレスが設定されていることと、リストア実施を設定する画面にアクセスするためのURLが表示されていることを確認します。 このURLを記録保管します。

  1. リストア用サーバ(復旧メディアで起動しているサーバ)にアクセスできる端末からブラウザを開き、上記で記録したURLにアクセスします。

  2. 「リストア」をクリックし、ベアメタル復旧を選択します。

  3. 「次へ」をクリックします。

  4. バックアップ保存先ストレージに「RPS」を選択します。

  5. 復旧ポイントサーバの「ホスト名」、「ユーザ名」、「パスワード」、「ポート」、「プロトコル」を指定して「ロード」をクリック後、データストアを選択します。

  6. 「接続」をクリックします。

  7. データストアに保存されているマシンのIPアドレスが表示されますので、リストア対象サーバを選択して「次へ>」をクリックします。

  8. 以下の画面の各項目を設定します。入力後、「次へ」をクリックします。

  • MAC/IPアドレス:リストア用サーバ(復旧メディアで起動しているサーバ)のIPアドレス

<ターゲットマシン設定>

  • ホスト名:リストアされるサーバに設定したいホスト名
  • ネットワーク:静的を選択
  • IPアドレス:最終的にリストアされるサーバに設定するIPアドレス
  • サブネットマスク:最終的にリストアされるサーバに設定するサブネットマスク
  • デフォルトゲートウェイ:最終的にリストアされるサーバに設定するデフォルトゲートウェイアドレス
  1. 開始日時の設定にて、「今すぐ実行」を選択し、「次へ>」をクリックします。

  2. サマリが表示されますので、「サブミット」をクリックします。

  3. 元の画面に戻り、「ジョブステータス」タブにリストアジョブが実行されたことを確認します。

  4. リストアが完了すると下記メッセージが出力されますのでブラウザを閉じます。

  5. 切り戻し対象のLinux仮想マシンがパワーオン状態となっていることを確認後、インスタンスの画面を表示し、OSが正常に起動していることを確認します。
    その後、必要な設定を実施します。

注釈

IPアドレス、ルーティング設定等は旧環境のものを引き継いでしまうことがあるため、新しい環境に合わせて設定の見直しをお願い致します。

以上で切り戻しは完了です。