2.1. バックアップ要件の整理

バックアップに関する要件は、様々な要件があります。お客様のご利用環境に最適なバックアップ方法を検討する上で、何をバックアップし、どのようにバックアップすればよいのかを決める必要があります。
バックアップする対象を決める際の参考情報や、またバックアップの種類につきましては以下をご参照ください。

https://ecl.ntt.com/documents/solution-guides/rsts/arcserve/v7/constitution/backup.html

弊社検証環境にてFIC経由でWasabiにバックアップした際の所要時間は下表のとおりです。
オンプレ-wasabi間ネットワーク遅延値 1時間あたりのバックアップ容量 スループット
1msec 226GB 516Mbps
10±3ms 22.7GB 51.6Mbps
20±5ms 12.1GB 27.7Mbps
40±5ms 6.8GB 15.6Mbps

注釈

  • 結果を保証するものではありません。構成を検討する際の参考値としてください。
  • 弊社オンプレVMware基盤からFICを介してWasabiに下記条件のもと仮想サーバ1台をバックアップした際の1時間あたりのバックアップ容量となります。
    • Arcserve UDPのコンソール、復旧ポイントサーバ、エージェントをVMware基盤上1台の仮想マシンクラフトにインストール
    • Arcserve UDPの仮想マシンのスペックは16CPU、メモリ20GB
    • バックアップはエージェントレス/フルバックアップにて実施
    • 遅延発生装置を用いてネットワーク遅延をエミュレート
  • 遅延が大きい環境では多重(同時アクティブノード)でバックアップすることにより効率を上げることができる場合があります。