2.3. Arcserveを利用したバックアップパターン

1つのサーバでバックアップの設定や管理を集中管理することができます。ここでは、必要となるArcserve導入時の構成例を環境毎に記載します。 (環境やバージョンによって異なりますので、1つの例としてご参考ください。)

注釈

本ガイドで説明する構成例では、以下の構成内容を前提としています。

  • すべてのサーバ間において、ネットワークで接続可能な状態としています。
  • インターネット接続が可能な構成としています。

必要となる構成要素には、次のようなものがあります。

  • Arcserve UDPコンソール:バックアッププランの管理などを実施するサーバです。Windowsサーバにコンソールをインストールして構成します (Linuxサーバにはインストールできません)。
  • 復旧ポイントサーバ:バックアップ保存先となるサーバです。Windowsサーバに復旧ポイントサーバおよびエージェントをインストールして構成します (Linuxサーバにはインストールできません)。
  • エージェント:バックアップ対象サーバです。エージェントをインストールして構成します(バックアップ対象のLinuxサーバが複数存在する場合、すべてのサーバにインストールしなくても、バックアップは取得できます。詳細は後述の「VMware基盤上のLinuxサーバ」、「VMware基盤上のWindows/Linuxサーバ混在」を参照してください。)。
  • Linuxバックアップサーバ:エージェントをインストールしたLinuxサーバです。Linuxサーバを集中管理する際、最低1台必要です。
  • バックアッププロキシサーバ:専用ハイパーバイザー上の仮想マシンをエージェントレスバックアップする際に必要となります。Windowsサーバにエージェントをインストールして構成します。

最低限必要な構成を例に挙げておりますので、さらに詳細な構成をご検討のお客様は以下リンク先にあるソリューションガイドをご参考ください。(下記リンクは、Arcserve社のリンク先になります。)

https://documentation.arcserve.com/Arcserve-UDP/Available/7.0/JPN/Bookshelf_Files/HTML/SolG/default.htm

2.3.1. VMware基盤上のWindowsサーバ

バックアップ対象ノードがすべてWindowsサーバの際に必要となる構成例となります。

  • Server A:Arcserve UDPコンソール(Windows)
Arcserve UDPコンソールのダウンロードおよびインストールを実施します。(図中①)
Arcserve UDPコンソールにてバックアップ対象ノードを追加し、バックアッププランを作成します。(図中②)
バックアップ対象ノードにプランの展開やリモートインストールが実施されます。(図中②)
  • Server B:バックアップ対象ノード1(Windows)
バックアップを実施する対象のノードとなります。
バックアッププランで設定した復旧ポイントサーバ(Wasabi)にバックアップされます。(図中③)
  • Server C:バックアップ対象ノード2(Windows)
バックアップを実施する対象のノードとなります。
バックアッププランで設定した復旧ポイントサーバ(Wasabi)にバックアップされます。(図中③)
  • Server D:復旧ポイントサーバ(Windows)
バックアップ先となる復旧ポイントサーバとなります。バックアップデータはWasabiに転送されます。

2.3.2. VMware基盤上のLinuxサーバ

バックアップ対象ノードがすべてLinuxサーバの際に必要となる構成例となります。
エージェントを導入したLinuxサーバをLinuxバックアップサーバとすることで、バックアップ対象ノードを一元管理することができます。
Linuxバックアップサーバ以外のバックアップ対象ノードにエージェントを導入する必要はありません。
  • Server A:Linuxバックアップサーバ(Linux)
エージェントのダウンロードおよびインストールを実施します。(図中①)
エージェントの管理画面にてバックアップ対象ノードを追加し、バックアッププランを作成します。(図中②)
バックアップ対象ノードにプランの展開が実施されます。(図中②)
  • Server B:バックアップ対象ノード1(Linux)
バックアップを実施する対象のノードとなります。
バックアッププランで設定した復旧ポイントサーバ(Wasabi)にバックアップされます。(図中③)
  • Server C:バックアップ対象ノード2(Linux)
バックアップを実施する対象のノードとなります。
バックアッププランで設定した復旧ポイントサーバ(Wasabi)にバックアップされます。(図中③)
  • Server D:バックアップ先ストレージ(Windows)
バックアップ先となる復旧ポイントサーバとなります。バックアップデータはWasabiに転送されます。

注釈

Wasabiへのバックアップデータのアップロードは即時ですが、メタデータ(管理情報)のアップロードは6時間毎となります。

2.3.3. VMware基盤上のWindows/Linuxサーバ混在

バックアップ対象ノードがWindows/LinuxとOSが混在している際に必要となる構成例となります。
「VMware基盤上のWindowsサーバ」と同じ構成ですが、Linuxサーバをバックアップする際には、エージェントを導入したLinuxバックアップサーバが最低1台必要となります。
  • Server A:Arcserve UDPコンソール(Windows)
Arcserve UDPコンソールのダウンロードおよびインストールを実施します。(図中①)
Arcserve UDPコンソールにてLinuxバックアップサーバを追加します。
Arcserve UDPコンソールにてバックアップ対象ノードを追加し、バックアッププランを作成します。(図中②)
バックアップ対象ノードにプランの展開やエージェントのリモートインストールが実施されます。(図中②)
  • Server B:バックアップ対象ノード1(Windows)
バックアップを実施する対象のノードとなります。
バックアッププランで設定した復旧ポイントサーバ(Wasabi)にバックアップされます。(図中③)
  • Server C:Linuxバックアップサーバ(Linux)
バックアップを実施する対象のサーバとなります。エージェントをインストールしておく必要があります。
バックアッププランで設定した復旧ポイントサーバ(Wasabi)にバックアップされます。(図中③)
  • Server D:バックアップ対象ノード2(Linux)
バックアップを実施する対象のノードとなります。
バックアッププランで設定した復旧ポイントサーバ(Wasabi)にバックアップされます。(図中③)
  • Server E:復旧ポイントサーバ(Windows)
バックアップ先となる復旧ポイントサーバとなります。バックアップデータはWasabiに転送されます。

注釈

Wasabiへのバックアップデータのアップロードは即時ですが、メタデータ(管理情報)のアップロードは6時間毎となります。

2.3.4. VMware基盤上にあるWindows仮想マシン

バックアップ対象ノードをVMware基盤により仮想マシンとしてArcserveで管理する際に必要となる構成例となります。
バックアップ対象の仮想マシンにはエージェントを導入する必要がなく、エージェントレスでバックアップすることができますが、バックアッププロキシサーバを用意する必要があります。
  • Server A:Arcserve UDPコンソール(Windows)
Arcserve UDPコンソールのダウンロードおよびインストールを実施します。(図中①)
Arcserve UDPコンソールにてバックアッププロキシサーバを追加します。(図中②)
Arcserve UDPコンソールにてバックアップ対象ノードを追加し、バックアッププランを作成します。(図中②)
バックアッププロキシサーバにプランの展開やエージェントリモートインストールが実施されます。(図中②)
  • Server B:バックアッププロキシサーバ(Windows)
エージェントレスバックアップを実施する為の、エージェントをインストールしたサーバとなります。
バックアッププランで設定したバックアップ処理が実行されます。
  • Server C:バックアップ対象ノード1(Windows)
バックアップを実施する対象のVMware基盤上の仮想マシンとなります。
バックアッププランで設定した復旧ポイントサーバ(Wasabi)にバックアップされます。(図中③)
  • Server D:バックアップ対象ノード2(Windows)
バックアップを実施する対象のVMware基盤上の仮想マシンとなります。
バックアッププランで設定した復旧ポイントサーバ(Wasabi) (にバックアップされます。(図中③)
  • Server E:バックアップ先ストレージ(Windows)
バックアップ先となる復旧ポイントサーバとなります。バックアップデータはWasabiに転送されます。

注釈

仮想マシンのゲストOSはWindowsのみが対象となります。
Wasabiへのバックアップデータのアップロードは即時ですが、メタデータ(管理情報)のアップロードは6時間毎となります。