各リージョンで提供しているサービス

注釈

- Wasabiオブジェクトストレージは従来のEnterprise Cloudリージョンとは異なるWasabiリージョンで提供されます。詳しくは、 Wasabiオブジェクトストレージ を参照ください。
- Red Hat OpenShift Platformは従来のEnterprise Cloudリージョンとは異なるリージョンで提供されます。詳しくは、 Red Hat OpenShift Platform を参照ください。

2020年 10月 14日版
()内は、 こちら でグループが指定可能と記載されているメニューに対する、各リージョン内のグループ提供状況です。
メニュー名\リージョン名 [1] JP1 JP2 JP4 JP5 US1 [2] UK1 [2] DE1 [2] FR1 [2] SG1 [2] HK1 [2]
<サーバー>                    
ベアメタルサーバー [3]
Y
(A/B)
Y
(A/B/C/D)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/C)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A)
仮想サーバー
Y
(A/B)
Y
(A/B/C/D)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B/C/D)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
マネージド v プラットフォーム N N Y N N N N N N N
イメージ保存領域 Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
OS [4] Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
<ストレージ>                    
ブロックストレージ(IO確保型)
Y
(A/B)
Y
(A/B/C/D)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/C)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A)
ファイルストレージ(プレミアム)
Y
(A/B)
N N N
Y
(A/B)
Y
(A/B)
N N
Y
(A/B)
Y
(A)
ファイルストレージ(スタンダード)
Y
(B)
Y
(B)
Y
(B)
Y
(B)
N N
Y
(A)
N N N
<ネットワーク>                    
ロジカルネットワーク Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
インターネット接続 Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
ファイアウォール(vSRX)
Y
(A/B)
Y
(C/D)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(B/C)
Y
(C/D)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
ファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)
※ 2017/7/1 新規販売停止
Y
(A/B)
Y
(A/B)
N N
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B/C)
N
Y
(A/B)
Y
(A/B)
ロードバランサー(NetScaler VPX)
Y
(A/B)
Y
(A/B/C/D)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B/C)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
VPN接続 Y Y Y Y Y Y Y N Y Y
Flexible InterConnect ECL2.0 Connection Y Y Y Y N N N N N N
<SD-Exchange>                    
コロケーション接続(CIC) Y Y Y Y Y Y Y N Y Y
Enterprise Cloud1.0 接続(EIC) Y Y Y Y N Y Y N Y Y
Enterprise Cloud2.0 接続 Y Y N N Y Y Y N Y Y
Enterprise Cloud2.0 接続(ネットワーク共有タイプ) Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
Amazon Web Services 接続 Y Y Y Y Y Y N N Y N
Google Cloud Platform 接続 N N Y Y N N N N N N
Microsoft Azure接続 N Y Y Y N N N N N N
遠隔データセンター接続 Y Y Y Y Y Y Y N Y Y
<専用ハイパーバイザー>                    
VMware Cloud Foundation N N Y N N N N N N N
Hybrid Cloud Extension N N Y N N N N N N N
vSphere Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
Hyper-V Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
<バックアップ>                    
バックアップ
Y
(A/B)
Y
(A/B/C/D)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B/C/D)
N

Y
(A/B)
Y
(A/B)
<セキュリティ>                    
ネットワーク型セキュリティ
Y
(A/B)
Y
(A/B/C/D)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B/C)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
Y
(A/B)
ホスト型セキュリティ Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
<ミドルウェア>                    
SAP HANA Y Y N N Y Y N N Y Y
Oracle [5] Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
SQL server Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
HULFT Y Y Y Y Y Y Y N Y N
Windows Server Remote Desktop Services SAL Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
Arcserve Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
Veeam N N N N N N N N N Y
匿名加工情報作成ソフトウェア Y Y Y Y N N N N N N
<プラットフォームサービス>                    
DNS Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
FastDNS Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
WebRTC Platform SkyWay Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
Power Systems Y Y Y Y N N N N N N
Hybrid Cloud with Microsoft Azure Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
Hybrid Cloud with GCP Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
Global Server Load Balance Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
<マネジメント>                    
モニタリング Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
モニタリング ログ N Y N N N N N N N N
クラウドマネジメントプラットフォーム Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
<共通機能>                    
Deployment Manager Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y
[1]各リージョンで利用可能なグループについては、こちら をご確認ください。
[3]各リージョンで利用可能なベアメタルサーバーのフレーバーについては、こちら をご確認ください。
[4]Red Hat Enterprise Linuxを利用可能なリージョンについては、こちら 、Red Hat Enterprise Linux for SAP Applicationsを利用可能なリージョンについては、こちら をご確認ください。
[5]各リージョンで利用可能なOracleのエディションについては、仮想サーバー向けメニューは こちら 、ベアメタルサーバーまたは専用ハイパーバイザー向けメニューは こちら をご確認ください。

注釈

[2](1, 2, 3, 4, 5, 6) US1,UK1,DE1,FR1,SG1,HK1リージョンは2020年11月1日以降、新規テナントを作成できなくなります。海外リージョンでクラウドサービスご検討中の場合には こちら をご参照ください。

なお、 NTTコミュニケーションズとご契約いただき、当該リージョンをご利用いただいているお客様は2023年3月31日をもちましてサービスを終了いたします。

注釈

このページの改訂履歴については、 更新履歴 をご確認ください。