Windows Server Remote Desktop Services SAL

メニューの概要

メニューの概要

本メニューは、Windows Serverへリモートデスクトップを実施するために必要となるRemote Desktop Services(以下RDS)のライセンスをSAL(Subscriber Access License.)形式で提供します。
Windows Serverサービスについては、 Windows Server サービス説明書 を参照してください。

RDS SAL について

  • オフィシャルイメージテンプレートの提供
    • 仮想サーバーでご利用可能なRDS SALオフィシャルイメージテンプレートを提供します。
  • プロバイダーライセンスの提供
    • Windows Server Remote Desktop Services SALをSPLA(Service Provider License Agreement)で提供します。

RDS SALが利用できるサーバー/専用ハイパーバイザーについて

  • サーバー/専用ハイパーバイザーでご利用しているWindows Serverに対してリモートデスクトップを利用したい場合、
    本メニューで提供されるオフィシャルイメージを利用して作成したライセンスサーバーを利用する場合と、
    WindowsServerに対して、お客様自身のRDSライセンスを持ち込んで利用する場合がございます。
  • 本メニューで提供するRDS SALを利用される場合、リモートデスクトップが利用出来るサーバー/専用ハイパーバイザーは以下の通りです。※1

  • お客様持ち込みについては本メニューの提供範囲ではありません。

OS利用形態 サーバー/専用ハイパーバイザー      
  ベアメタルサーバー 仮想サーバー vSphere ESXi Hyper-V
オフィシャルイメージテンプレート(ライセンススイッチ含む) Y Y Y Y
お客さま持ち込みライセンス N N N
  • ※1 本メニューで提供するオフィシャルイメージから作成できるサーバー/専用ハイパーバイザーは仮想サーバーのみです。
    一方で、そのサーバーを利用して、リモートデスクトップが可能となるサーバー/専用ハイパーバイザーは上記の通りです。

注釈

本メニューにて提供するRDS SALを利用してRemoteDesktopServiceが利用できるサーバー/専用ハイパーバイザーは、
当社オフィシャルイメージから作成されたサーバー、もしくはライセンススイッチしたイメージから作成されたサーバーに限ります。
お客さま所有のライセンスを利用しているWindows Serverに対し、当社のRDS SALを提供することはMicrosoft社より禁止されています。

RDS Versionと対応するセッションホストサーバーのOS Versionについて

  • ライセンスサーバーにインストールされているRDS Versionにより、ご利用できるセッションホストのOSVersion異なります。
    対応は以下となります
RDS Version セッションホスト利用可能OS
2012 Windows Server 2012 R2 以前
2016 Windows Server 2016 以前

メニューの特長

  • オンデマンド
    • お客さまは、カスタマーポータルから、仮想サーバー上でRDSオフィシャルイメージテンプレートを申し込みいただくことが可能です。
  • 迅速な利用開始
    • お客さまにてライセンスを調達せずに、すぐにRDSをご利用いただくことが可能です。

利用できる機能サービス

利用できる機能・サービス概要

  • Remote Desktop ライセンス(以下RDライセンス)サーバーの役割がインストールされ、RDS SALが有効化されているオフィシャルテンプレートを提供します。

オフィシャルイメージテンプレート

本メニューで提供されるオフィシャルイメージテンプレートは以下のとおりです。

オフィシャルイメージテンプレート OS バージョン OS エディション サービスパック OS bit OS 言語 Remote Desktop Services バージョン SAL数 ライセンス種別 サーバー/専用ハイパーバイザー      
                  ベアメタルサーバー 仮想サーバー Hyper-V vSphere ESXi
Windows Server Remote Desktop Services SAL 10SAL with Windows Server 2012 R2 Standard Edition Windows Server 2012 R2 Standard Edition 64 EN 2012 10 SPLA N Y N N
Windows Server Remote Desktop Services SAL 30SAL with Windows Server 2012 R2 Standard Edition Windows Server 2012 R2 Standard Edition 64 EN 2012 30 SPLA N Y N N
Windows Server Remote Desktop Services SAL 50SAL with Windows Server 2012 R2 Standard Edition Windows Server 2012 R2 Standard Edition 64 EN 2012 50 SPLA N Y N N
Windows Server Remote Desktop Services SAL 100SAL with Windows Server 2012 R2 Standard Edition Windows Server 2012 R2 Standard Edition 64 EN 2012 100 SPLA N Y N N
Windows Server Remote Desktop Services SAL 10SAL with Windows Server 2016 Datacenter Edition Windows Server 2016 Datacenter Edition 64 EN 2016 10 SPLA N Y N N
Windows Server Remote Desktop Services SAL 30SAL with Windows Server 2016 Datacenter Edition Windows Server 2016 Datacenter Edition 64 EN 2016 30 SPLA N Y N N
Windows Server Remote Desktop Services SAL 50SAL with Windows Server 2016 Datacenter Edition Windows Server 2016 Datacenter Edition 64 EN 2016 50 SPLA N Y N N
Windows Server Remote Desktop Services SAL 100SAL with Windows Server 2016 Datacenter Edition Windows Server 2016 Datacenter Edition 64 EN 2016 100 SPLA N Y N N

機能一覧

  • 本メニューのオフィシャルイメージテンプレートにて提供する機能は以下の通りです。
項目 設定内容
初期ユーザー名 Windows Serverサービスの設定を踏襲する為、Windows Server サービス説明書 を参照してください。を参照してください。
初期ユーザーのパスワード設定 Windows Serverサービスの設定を踏襲する為、Windows Server サービス説明書 を参照してください。を参照してください。
ロケール設定 SQL Serverの言語に応じてロケール設定が異なります。詳細は下記を参照してください。
セキュリティ設定(Windows Firewall設定) Windows Serverサービスの設定を踏襲する為、Windows Server サービス説明書 を参照してください。を参照してください。
専用ツール設定 Windows Serverサービスの設定を踏襲する為、Windows Server サービス説明書 を参照してください。を参照してください。
その他初期設定 Windows Serverサービスの設定を踏襲する為、Windows Server サービス説明書 を参照してください。を参照してください。
RDライセンスサーバー設定 RDライセンスサーバーの役割を追加しています。
RDSライセンスの有効化 イメージごとのSAL数分、RDSライセンスの有効化をしています。

ご利用方法

  • 新規申し込み方法
    仮想サーバー作成時に、以下のイメージテンプレートを指定してください。
オフィシャルイメージ イメージ名
Windows Server Remote Desktop Services SAL 10SAL with Windows Server 2012 R2 Standard Edition RemoteDesktopServices-SAL_10SAL_WindowsServer-2012R2_Standard_64_include-license_virtual-server_042
Windows Server Remote Desktop Services SAL 30SAL with Windows Server 2012 R2 Standard Edition RemoteDesktopServices-SAL_30SAL_WindowsServer-2012R2_Standard_64_include-license_virtual-server_042
Windows Server Remote Desktop Services SAL 50SAL with Windows Server 2012 R2 Standard Edition RemoteDesktopServices-SAL_50SAL_WindowsServer-2012R2_Standard_64_include-license_virtual-server_042
Windows Server Remote Desktop Services SAL 100SAL with Windows Server 2012 R2 Standard Edition RemoteDesktopServices-SAL_100SAL_WindowsServer-2012R2_Standard_64_include-license_virtual-server_042
Windows Server Remote Desktop Services SAL 10SAL with Windows Server 2016 Datacenter Edition RemoteDesktopServices-SAL_10SAL_WindowsServer-2016_Datacenter_64_include-license_virtual-server_002
Windows Server Remote Desktop Services SAL 30SAL with Windows Server 2016 Datacenter Edition RemoteDesktopServices-SAL_30SAL_WindowsServer-2016_Datacenter_64_include-license_virtual-server_002
Windows Server Remote Desktop Services SAL 50SAL with Windows Server 2016 Datacenter Edition RemoteDesktopServices-SAL_50SAL_WindowsServer-2016_Datacenter_64_include-license_virtual-server_002
Windows Server Remote Desktop Services SAL 100SAL with Windows Server 2016 Datacenter Edition RemoteDesktopServices-SAL_100SAL_WindowsServer-2016_Datacenter_64_include-license_virtual-server_002
  • 廃止申し込み方法
    オフィシャルイメージテンプレートで作成した仮想サーバーを削除してください。

ご利用条件

他メニューとの組み合わせ条件

  • 仮想サーバーとのセットでの申し込みとなります。

  • RDSサービスをご利用される場合は必ずWindows Serverメニューと併用になります。

  • Windows Serverメニューの組み合わせ条件が本メニューにも該当します。
  • 詳細は、 Windows Server サービス説明書 を参照してください。
  • セッションホストとして、Windows Server 2016をご利用されたい場合は、RDSのVersionが2016である必要があります。

最低利用期間

  • 本メニューでは最低利用期間は設けておりません。

料金

初期費用

本メニューでは、初期費用は不要です。


月額料金

  • 課金形態
    SAL数に応じた月額固定料金が発生します。
    ※同時にお申し込みされた仮想サーバー、およびWindow Serverの費用も別途発生します。
  • 課金対象
    RDSライセンスが格納されているボリューム、もしくはルートディスクがアタッチされたインスタンスが対象となります。
    ※本メニューのオフィシャルイメージテンプレートが格納されたボリュームが、1つのインスタンスに複数アタッチされている場合、ボリュームの数に応じて本メニューの料金が加算されます。インスタンスとボリュームの関係性、および仮想サーバーのインスタンスのフレーバーについては、仮想サーバー サービス説明書 参照してください。

サポート

サポート範囲

サポートされるオフィシャルイメージテンプレート

  • 以下のイメージテンプレートから作成された仮想サーバーが対象となります。
オフィシャルイメージ イメージ名
Windows Server Remote Desktop Services SAL 10SAL with Windows Server 2012 R2 Standard Edition RemoteDesktopServices-SAL_10SAL_WindowsServer-2012R2_Standard_64_include-license_virtual-server_032
Windows Server Remote Desktop Services SAL 30SAL with Windows Server 2012 R2 Standard Edition RemoteDesktopServices-SAL_30SAL_WindowsServer-2012R2_Standard_64_include-license_virtual-server_032
Windows Server Remote Desktop Services SAL 50SAL with Windows Server 2012 R2 Standard Edition RemoteDesktopServices-SAL_50SAL_WindowsServer-2012R2_Standard_64_include-license_virtual-server_032
Windows Server Remote Desktop Services SAL 100SAL with Windows Server 2012 R2 Standard Edition RemoteDesktopServices-SAL_100SAL_WindowsServer-2012R2_Standard_64_include-license_virtual-server_032
Windows Server Remote Desktop Services SAL 10SAL with Windows Server 2012 R2 Standard Edition RemoteDesktopServices-SAL_10SAL_WindowsServer-2012R2_Standard_64_include-license_virtual-server_042
Windows Server Remote Desktop Services SAL 30SAL with Windows Server 2012 R2 Standard Edition RemoteDesktopServices-SAL_30SAL_WindowsServer-2012R2_Standard_64_include-license_virtual-server_042
Windows Server Remote Desktop Services SAL 50SAL with Windows Server 2012 R2 Standard Edition RemoteDesktopServices-SAL_50SAL_WindowsServer-2012R2_Standard_64_include-license_virtual-server_042
Windows Server Remote Desktop Services SAL 100SAL with Windows Server 2012 R2 Standard Edition RemoteDesktopServices-SAL_100SAL_WindowsServer-2012R2_Standard_64_include-license_virtual-server_042
Windows Server Remote Desktop Services SAL 10SAL with Windows Server 2016 Datacenter Edition RemoteDesktopServices-SAL_10SAL_WindowsServer-2016_Datacenter_64_include-license_virtual-server_002
Windows Server Remote Desktop Services SAL 30SAL with Windows Server 2016 Datacenter Edition RemoteDesktopServices-SAL_30SAL_WindowsServer-2016_Datacenter_64_include-license_virtual-server_002
Windows Server Remote Desktop Services SAL 50SAL with Windows Server 2016 Datacenter Edition RemoteDesktopServices-SAL_50SAL_WindowsServer-2016_Datacenter_64_include-license_virtual-server_002
Windows Server Remote Desktop Services SAL 100SAL with Windows Server 2016 Datacenter Edition RemoteDesktopServices-SAL_100SAL_WindowsServer-2016_Datacenter_64_include-license_virtual-server_002
  • 延長サポートが終了したサービスパックが適用されたオフィシャルイメージテンプレートは提供を中止します。

サポート期間

  • 本メニューで提供しているライセンスのバージョンに関して、Microsoftが規定しているサポート期間に準じます。
  • Windows Serverのサポート期限については、Windows Server サービス説明書 を参照してください。

サポート方法

  • 本メニューでは、初期設定、サーバーへの初回ログイン、およびOSライセンス認証についてサポートいたします。
  • お客さまが使用するライセンス製品に関連して、お客さまが直面したインストール、セットアップ、基本的な機能に関する不具合などへの対処方法について、お客さまからの依頼に対して、弊社はサポート(調査、支援、アドバイス)を行いません。

運用品質

  • 本メニューの運用品質は、本サービスに標準で定められた運用品質に準じます。詳細については、Support サービス説明書 を参照してください。
  • 本メニューのSLAは、本サービスに標準で定められたSLAに準じます。詳細については、SLA サービス説明書 を参照してください。

提供リージョン

本メニューの提供リージョンは、以下の通りです。

RDS Version 提供リージョン
2012 JP1,JP2,JP4,JP5,US1,UK1,DE1,SG1,HK1,AU1
2016 JP2,JP4,JP5,HK1(Group A),US1,UK1,DE1,SG1(Group B),

制約事項

利用上の注意点

  • ご利用中の仮想サーバーへのRDS SALの追加、削除等は実施いたしません。RDS SAL数を変更されたい場合は、別途、本メニューのオフィシャルイメージから仮想サーバーを作成してください。

  • 本メニューはRDSを利用したいお客さまへライセンスを提供するメニューであり、リモートデスクトップ対象のサーバー自身の性能を保証するメニューではありません。
    ご利用されるアプリケーションに応じたスペックにて、利用されるサーバー、専用ハイパーバイザーを選択し、ご利用ください。
  • お客さまご所有のライセンスを利用しているWindows Serverに対して、本メニューを利用してリモートデスクトップを利用することはMicrosoft社にて禁止されています。


サービスプロバイダー製品使用権説明書

  • 本メニューを利用するにあたり、サービスプロバイダー製品使用権説明書(SPUR)に同意したものとなります。詳しくは、以下のURLをご参照ください。
 マイクロソフトサービスプロバイダー製品使用権説明書(SPUR)
 ※ ServicesProviderUseRights(Worldwide)(Japanese)の最新版をご参照ください。

Windows Server

  • 本メニューはWindows Serverサービスとの併用サービスです。 Windows Serverサービスの制約事項が本サービスにも該当する為、Windows Server サービス説明書 の制約事項を参照してください。