パートナー

概要

Smart Data Platformでは、自社サービス/ソリューションと組み合わせて、Smart Data Platformサービスをエンドユーザーさまへ提供いただく事業者さまとの協業を推進いたします。
以下のようなサービスを展開される事業者さまとの協業を想定しています。
  • クラウド環境によるシステム基盤の調達を含むSI案件の対応を検討されるSIerさま、コンサルティング事業者さま
  • エンドユーザーさまのシステムを預かり、マネジメントサービスを提供されるマネージドサービス事業者さま
  • 自社サービスの基盤としてSmart Data Platformを利用し、サービスの拡販を検討されるSaaSベンダさま
  • Smart Data Platformサービスの販売仲介を希望される代理店さま

ここでは、これらの事業者さまとの協業を実現するための仕組み、これをサポートするための機能などについてご説明します。

注釈

パートナー機能ご利用方法については、 チュートリアル をご確認ください。

協業モデル

Smart Data Platformでは、以下のような2つの形態の協業モデルをご用意しています。

再販事業者(Reseller)モデル

協業形態

パートナー企業さまはNTTComからSmart Data Platformサービスを仕入れ、システム開発やアプリケーション提供、運用・監視等のマネジメントサービスなどの独自の付加価値を提供し、Smart Data Platformリソースを含む新たなサービス/ソリューションとして組み上げた上で、それをエンドユーザーへ再販することができます。
パートナーさまからエンドユーザさまへ提供されるサービスは、パートナーさまによって提供内容、提供条件、料金などが決定されます。
本モデルでは、SIerやマネージドサービス事業者、SaaS事業者等のご利用を想定しています。

_images/distributor_image.png

契約形態

この場合のSmart Data Platformの利用契約は、NTTComとパートナーさまとの間に発生し、パートナーさまとエンドユーザーとの間では、パートナーさまによる独自の契約を締結いただくことになります。
ここでは便宜的に、NTTComとパートナーさまとの契約を親契約、パートナーさまとエンドユーザーさまの契約を子契約と呼びます。
親契約として、通常のSmart Data Platform利用契約とSmart Data Platformを再販するための再販契約を締結いただく必要があります。
子契約は、パートナーさまによって契約条件等が決定され、パートナーさまとエンドユーザーさまの間で締結されます。この契約にNTTComは直接介在はしません。
NTTComは、親契約に基づきパートナーさまへSmart Data Platformの利用料金を請求させていただきます。エンドユーザさまへの請求はパートナーさまにて実施いただくことになります。
パートナーさまは1つの親契約の配下に複数の子契約を作成することが可能で、本モデルではこの子契約を効率的に管理するための管理機能を提供します(後述)。

_images/distributor_contract.png

代理店(Agency)モデル

協業形態

パートナー企業さまは代理店(Agency)となり、エンドユーザに対してSmart Data Platformサービスの利用をご提案いただき、エンドユーザがサービス利用開始に至った場合に、NTTComからパートナー企業さまへ手数料をお支払いします。
エンドユーザーさまに対しては、NTTComが通常の直販と同様にSmart Data Platformサービスを提供します。
本モデルでは、IT商材の販売仲介業者をはじめ、SIerやコンサルティング事業者のご利用を想定しています。

_images/agency_image.png

契約形態

Smart Data Platformの利用にかかる契約はNTTComとエンドユーザーとの直接契約となり、エンドユーザーさまへのサービスの提供内容や契約条件は、NTTCom直販によるユーザーと差異はありません。
パートナー企業さまとは別途代理店契約を締結させていただきます。

_images/agency_contract.png

役割

 再販事業者モデルにおいては、エンドユーザーさまに対するサービスの提供は、全てパートナーさまにて実施いただき、NTTComはパートナーさまに対してサービスを提供いたします。
 代理店モデルにおいては、パートナーさまはエンドユーザーさまに対してSmart Data Platformサービスの提案を実施していただきますが、契約の締結以降はNTTComにて対応し、その後は一般のユーザーと同様、NTTComが該当エンドユーザーの管理を行います。
(対エンドユーザ) 再販事業者モデル 代理店モデル
営業活動 パートナー パートナー
契約締結 パートナー NTTCom
契約管理 パートナー NTTCom
契約締結 パートナー NTTCom
申し込み受付/開通 パートナー NTTCom
料金請求 パートナー NTTCom
問合せ窓口(Tier1) パートナー NTTCom
NTTComへの問い合わせ(エスカレーション) パートナー


再販事業者(Reseller)モデルにおける提供条件

前章で記載した協業モデルの1つである、再販事業者(Reseller)モデルをご利用いただくには、別途定めるSmart Data Platformサービスの再販パートナー契約を締結いただく必要があります。本章では、この再販パートナー契約に基づく再販プログラムについての提供条件を説明いたします。
本モデルでは、パートナー事業者さま向けにクラウド基盤である「Smart Data Platform サービス」と、パートナー事業者さまがクラウド事業展開に必要な各種機能、ツール等をセットでご提供します。

注釈

Smart Data Platformを再販いただく場合、再販パートナーさまは電気通信事業者となる可能性があります。日本リージョンをご利用の場合は、総務省に対して電気通信事業者の届出(電気通信事業法第16条)を行う必要がある場合があります。詳細につきましては、 総務省 のホームページをご確認ください。 また、ご利用になるリージョンの各国において電気通信事業者ライセンス等が必要となる場合がありますので、必要に応じて各国の監督当局にお問い合わせください。 本注意事項は、規制についての注意を促すものであり、法的助言を目的としたものではありません。NTTコミュニケーションズ及びその関連会社は、法的な助言を行うことはできません。

提供メニュー

本モデルにおいて、再販事業者さまがエンドユーザーさまへ再販可能なメニューを以下に示します。
カテゴリ メニュー 再販提供対象 備考
<サーバー>      
  ベアメタルサーバー  
  仮想サーバー  
  イメージ保存領域  
  OS  
<ストレージ>      
  ブロックストレージ  
  ファイルストレージ  
  Wasabiオブジェクトストレージ
本メニューの再販には「Wasabiオブジェクトストレージ」が明記された再販パートナー契約の締結が必要となります。
なお、前述の再販パートナー契約の締結にあたり、Wasabi社へ契約者名義および住所が通知されます。
<ネットワーク>      
  ロジカルネットワーク  
  インターネット接続  
  ファイアウォール
2017年7月1日をもちまして、ファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)の新規販売を停止いたします。
後継サービスとして、ネットワーク型セキュリティメニューの Managed Firewall のご利用をお願いいたします。
なお、現在ファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)をご利用中のお客さまは継続してご利用可能です。
詳細は ファイアウォール(Brocade 5600 vRouter) をご確認ください。
  ロードバランサ  
<SD-Exchange>      
  コロケーション接続 (本表下部に注意点を別記します)
  Enterprise Cloud1.0接続 接続先のECL1.0の契約名義はパートナーさまと同一の名義である必要があります。
  Enterprise Cloud2.0接続  
  Amazon Web Service接続  
  Google Cloud Platform 接続  
  Microsoft Azure 接続  
<専用ハイパーバイザー>      
  vSphere  
  Hyper-V  
  ゲストイメージ  
<バックアップ>      
  バックアップ  
<セキュリティ>      
  ネットワーク型セキュリティ  
  ホスト型セキュリティ  
<ミドルウェア>      
  SAP HANA  
  Oracle ご利用いただくエンドユーザーの名義を弊社へお届けいただく必要があります。
  SQL Server  
  HULFT  
  Windows Server Remote Desktop Services SAL  
  Arcserve  
  Veeam ×  
  匿名加工情報作成ソフトウェア ご利用いただくエンドユーザーの名義を翌月第一営業日までに弊社へお届けいただく必要があります。
<マネジメント>      
  Monitoring  
  モニタリングログ  
<プラットフォームサービス>      
  Cloud Foundry  
  DNS  
  FastDNS 再販ができない場合があります。その際は弊社よりお客さまへ個別にご連絡させていただきます。
  WebRTC Platform SkyWay  
  Power Systems ×  
  Hybrid Cloud with Microsoft Azure ×  
  Hybrid Cloud with GCP ×  
  Rancher (Dockerコンテナ管理)  
  Global Sever Load Balance 再販ができない場合があります。その際は弊社よりお客さまへ個別にご連絡させていただきます。

注釈

コロケーション接続の注意点
コロケーション接続を提供するコロケーションラックは、NTTComがパートナー事業者と契約することとします。コロケーション接続のお申し込み時は、パートナー事業者によって既にコロケーションサービスが契約されていることを前提とします。
コロケーション、または、コロケーション内の機器の管理がエンドユーザーによって行われる場合、パートナー事業者は以下の事項について同意するものとし、エンドユーザーに対しても事前に同意を得るものとします。
  • コロケーション接続のお申し込みまたは故障申告があった場合は、コロケーションラック内でNTTComの指示にもとづく、NTTCom委託先社員など(以降、「NTTCom社員など」と言います)による開通工事・試験、故障発生時などの切り分け・復旧試験など(以降、「ラック内作業」と言います)が行われることについて、パートナー事業者およびエンドユーザーが了承したものとします。
  • ラック内作業またはその関係業務の実施に必要な範囲で、NTTComコロケーションサービスのサービスデスクとエンドユーザー間で直接連絡を行います。
  • ラック内作業またはその関係業務に当たり、NTTCom社員などはエンドユーザーに対しNTTCom名で対応します。
  • NTTCom社員などまたはコロケーションサービスのサービスデスクとエンドユーザーとの直接の対話は、当該開通作業や故障修理などが継続中の間限りとします。これ以外はすべてパートナー事業者の窓口経由での対応とし、エンドユーザーからNTTComへの連絡はお受けできません。パートナー事業者はラック内作業にあたりエンドユーザー立会いの要否、エンドユーザーご担当者のお名前・連絡先・立会い日時・待ち合わせ場所などを入手のうえ、NTTCom作業員へ連絡することとします。

注釈

  • 各メニューの提供機能については、それぞれの サービス説明書 を参照ください。
  • 各リージョン毎の提供メニューについては、各リージョンで提供しているサービス をご参照ください。
  • パートナー事業者、エンドユーザはクラウドマネジメントプラットフォーム(以下「CMP」といいます。)をクラウドマネジメントプラットフォーム規約の規定に沿ってご利用いただけます。(エンタープライズクラウドサービス利用規約の関連記載も合わせてご参照ください)

再販時の留意点

再販事業者モデルでは、以下のメニューについて留意点がございますので、ご確認ください。

メニュー 内容
VPN接続 NTTComのVPNサービス「Arcstar Universal One」のオプションメニューである「Multi-Cloud Connect (Enterprise Cloud2.0)」として提供しておりますので、Arcstar Universal Oneの契約を別途ご用意いただく必要があります。ご利用条件等はArcstar Universal Oneの利用規約をご確認ください。
遠隔データセンター間接続 NTTComのVPNサービス「Arcstar Universal One DC間ネットワーク」への接続機能を提供しておりますので、Arcstar Universal One DC間ネットワークの契約を別途ご用意いただく必要があります。ご利用条件等はArcstar Universal Oneの利用規約をご確認ください。
マネージドオプション NTTComのマーネージドサービス「Global Management One」として提供しておりますので、Global Management Oneの契約を別途ご用意いただく必要があります。 ご利用条件等はGlobal Management Oneの利用規約をご確認ください。

注釈

Smart Data Platformサービスで提供するOSライセンスなどの各種ソフトウェアライセンスについては提供元の取扱規定に準じた利用をお願いします。 また、パートナー事業者がSmart Data Platformサービス上で、開発・購入したソフトウェアを動作させる場合は、ライセンス上の問題がない旨を確認の上、ご利用ください。


提供機能

再販事業者モデルでは、パートナーさまは1つの親契約の配下に複数の子契約を作成することが可能で、この子契約を効率的に管理するための各種管理機能を提供します。
再販事業者モデルをご利用のパートナーさま向けに以下の機能をご提供します。各機能はGUI、及び、APIから操作が可能です。

子契約の構成

再販事業者モデルにおける子契約の構成について、以下に説明します。
パートナーさまは親契約を所有し、その親契約の配下に複数の子契約を作成することができます。この子契約をエンドユーザーさまへ払い出すことで、エンドユーザーさまはSmart Data Platformをご利用いただくことができます。
パートナーさまは親契約の中で、自身が利用するテナントを作成することもできます。エンドユーザさまはそれぞれの子契約配下にテナントを作成し、通常のNTTComからの直販の場合と同じようにSmart Data Platformサービスをご利用いただけます。
もちろん、パートナーさまのビジネスの形態によっては、Smart Data Platformリソース上のアプリケーションの利用権限を提供されるなど、エンドユーザーさまに子契約のポータルGUIやAPIの権限を解放しない運用も想定されます。

_images/child_contract.png

次の子契約管理機能では、この子契約を効率的に管理するための機能についてご紹介します。



子契約管理機能

子契約管理機能では、以下の機能を提供します。

機能 説明
契約管理
子契約の作成・検索・参照・変更・廃止
料金管理 子契約を指定して、その子契約の利用料金を確認する
テナント管理
子契約を指定して、その子契約のテナントを操作(作成・削除)することができます。
また、テナントに対するアクセス権を設定することもできます。子契約に所属するテナントに対して、親契約ユーザーのアクセス権を管理することも可能です。
ユーザー管理 子契約を指定して、その子契約に属するユーザーを操作(作成・削除)する
契約グループ管理 親契約ユーザー毎に管理できる子契約を制限することができます
パートナーAPI 上記機能をポータル経由だけでなく、APIで確認できるパートナーAPIを提供いたします。

子契約管理機能の利用方法については、 チュートリアル をご参照ください。



二要素認証

パートナーさま、エンドユーザーさまは、ポータルへのログインの際に、二要素認証(TFA: Two Factor Authentication) を選択いただくこともできます。

TFAは、通常のログインIDとパスワードによる認証に加えてオプションで追加利用できる認証で、TOTP (RFC 6238 Time-Based One-Time Password Algorithm) をサポートしているモバイル端末を利用します。

TFAに利用できるスマートフォンアプリケーションは以下の通りです

  • Google Authenticator (iPhone, Android)


ドキュメントの提供

エンドユーザーさまへのご紹介に活用いただける下記ドキュメントを提供します。

ドキュメント 概要 参照方法
提案書 弊社標準の提案ツール一式 営業担当までお問い合わせください
パンフレット 弊社標準のパンフレット 営業担当までお問い合わせください
利用規約 エンタープライズクラウドサービス利用規約 こちら で参照いただけます。
サービス説明書 弊社サービスの各機能の提供条件や運用条件を規定したドキュメント こちら で参照いただけます。
APIリファレンス 弊社サービスの各機能で提供しているAPIの一覧 こちら で参照いただけます。
チュートリアル 弊社サービスの利用にあたって、弊社が提供するカスタマーポータルの操作方法を紹介するドキュメント こちら で参照いただけます。
構成ガイド 弊社サービスを利用した目的別サービス構成例を紹介するドキュメント こちら で参照いただけます。

注釈

ドキュメントは、日本語もしくは英語のいずれかでの提供となり、パートナー事業者さまから指定することはできません。また、個別のご要望によるカスタマイズは行いません。提供ドキュメントの中には弊社営業活動の都合上、再販提供モデルで提供していないサービスメニューの記載がある場合があります。



申し込み方法

弊社営業担当者へご連絡をお願いします。



請求

課金情報の提供

パートナー事業者のエンドユーザーへの請求業務のために、下記の情報を提供します。

  概要
エンドユーザー利用情報 パートナーの料金明細およびエンドユーザー単位の料金明細をポータル上で確認することができます。


エンドユーザーさまへの請求

再販事業者モデルでは、エンドユーザーさま向けの料金はパートナーさまサービスの構成要素の一つとして、パートナーさまに決定いただき、パートナーさまからご請求いただきます。

  再販事業者モデル (参考)NTTCom直販
請求元 パートナー NTTCom
エンドユーザー向け料金 パートナーさまにて決定 NTTComにて決定


パートナーさまへの請求

再販事業者モデルでは、パートナーさま自身によるSmart Data Platformご利用料金とエンドユーザーさまご利用料金の合算額をNTTComからパートナーさまへ請求します。



運用・保守

サポート

再販モデルの場合は、エンドユーザーサポートの1次対応窓口はパートナーさまにて設置いただきます。

  再販事業者モデル (参考)NTTCom直販
対エンドユーザー パートナーさまにより提供、サポート内容はパートナーさまにて決定 NTTComが提供
対パートナー
直販と同様のサポートと、パートナー向け提供機能についてのサポートをNTTComが提供

注釈

再販事業者モデルにおいても、緊急時にやむを得ない場合はNTTComが直接エンドユーザーさまと対応させていただく場合がございますので、ご承知おきください。
この対応のため、エンドユーザーさまの名称、連絡先をパートナー事業者さまにご提示いただく場合があります。


通知設定管理

Smart Data Platformでは、サービスに関して以下のようなメール通知を実施します。

メール通知カテゴリ 通知内容
通知先
親契約に影響

子契約に影響

親子契約両方に影響
備考
お知らせ/リリース情報
新メニュー/機能追加などのお知らせ、仕様変更などに関するお知らせ
契約代表者
一般ユーザー
契約代表者
一般ユーザー
契約代表者
一般ユーザー
 
故障
故障情報の通知
契約代表者
親契約の一般ユーザー(※)のみに通知
契約代表者
子契約の一般ユーザー(※)のみに通知
契約代表者
親子契約の一般ユーザー(※)に通知
※契約代表ユーザー以外のユーザーに対しては、該当するテナントにアクセス権を持つ場合に通知します
メンテナンス
メンテナンス情報の通知
契約代表者
親契約の一般ユーザー(※)のみに通知
契約代表者
子契約の一般ユーザー(※)のみに通知
契約代表者
親子契約の一般ユーザー(※)に通知
※契約代表ユーザー以外のユーザーに対しては、該当するテナントにアクセス権を持つ場合に通知します


  • ユーザーは、上記の初期状態から自身が受信するメールを選択することができます(受信しないメールをチェックアウトすることができます)
  • ただし、契約代表ユーザーは、故障通知の受信は変更することができません
  • ユーザー管理権限を持つ管理ユーザーは、他のユーザーの受信選択を操作することができます

上記とは別に、親契約の契約担当者(Smart Data Platform新規申し込みのオンラインサインアップ画面上で入力した担当者メールアドレス)に対して、規約や料金についてのお知らせメールを送信する場合があります。


注釈

パートナーさまは管理する子契約に対して、メールを受信させない設定をすることも可能です。受信させないカテゴリを指定した場合、子契約のユーザーの画面には該当カテゴリのメール選択が表示されなくなります。



故障・メンテナンス通知について

親契約に所属するテナントに関する故障・メンテナンスの場合は、直販と同様に、親契約の管理ユーザーと故障・メンテナンスの該当するテナントにアクセス権を持つ一般ユーザーのメールアドレス宛に通知メールが送付されます。

子契約に所属するテナントに関する故障・メンテナンスの場合は、下図に示すように、該当する子契約の管理ユーザー宛のメールが親契約の管理ユーザーへCcされます。

_images/notification_ja.png


SLA

各メニューに対して、それぞれ規定されたSLAを一般の直販契約と同様に適用します。


その他

パートナー事業者からの本サービスに関するお問い合わせ

弊社はパートナー事業者に対してのみ、故障対応や問い合わせ対応を行います。
エンドユーザーへの故障対応や問い合わせ対応は、パートナー事業者にて実施してください。
また、故障対応や問い合わせ対応は、サービス説明書のサポートに準じます。


エンドユーザー対応の例外措置

故障対応等で弊社によるエンドユーザー対応が必要であると弊社が認める場合は、エンドユーザーの名称、連絡先をパートナー事業者に提示していただく場合があります。
この場合、エンドユーザーへの連絡は弊社の名称にて実施させていただきます。