ファイルストレージ(スタンダード)

概要

概要

本サービスは、ロジカルネットワーク経由でNFSプロトコルにより接続可能なファイルストレージです。

  • スループット性能はベストエフォートです。各ボリュームに最大スループット制限が付与されます。
  • お客様のサードパーティ製品と組み合わせることで、高い利便性が得られます。
  • ボリューム毎に1TB(1,024GB)から最大100TB(102,400GB)までの容量を提供します。
  • 仮想ストレージという論理モデルにより、物理構成、物理収容を意識することなくロジカルネットワークにボリュームを追加することができます。
  • 本サービスは、GUI、APIから申し込み、解約が可能です。

注釈

本メニューにおける1TBは1,024GBとして提供されます。


下記の利用用途に応じて、ベアメタルサーバーから使用することができます。

  • VMware ESXi/vCenter環境のデータストア向けNFSストレージ
  • 汎用NFSストレージ


特長

ファイルストレージボリューム

  • NFSプロトコル(NFSv3/v4.0/v4.1)に対応します。
  • 最大100TB(102,400GB)に対応
  • ボリュームは購入した容量に基づき課金されます

サードパーティインテグレーション

  • VMware ESXi/vCenter環境からVAAI機能で本メニューのボリュームへ接続することで、VMクローニングのワークロードを本メニューのストレージで実行できます。


利用できる機能

  • 本サービスは、GUI/APIからの申し込みにしたがって、提供いたします。

  • お客さまは、1のロジカルネットワークに対して、1の仮想ストレージを作成することができます。

  • 1の仮想ストレージに対して1または複数のボリュームを作成して使用することができます。

  • お客さまは、仮想ストレージを作成した後に、ボリュームを作成する必要があります。

  • 本メニューで接続できるロジカルネットワークは、データプレーンとストレージプレーンの2種類があります。
    データプレーンは、外部ネットワークへの接続のユースケースであり、ストレージプレーンは、サーバー・ストレージ間通信に特化するユースケースが想定されます。


機能一覧

ファイルストレージ スタンダード は、Enterprise Cloud2.0のメニューで提供される、外部ストレージのメニューです。
メニューにて利用できる機能は、大きく分けて以下の3機能です。
機能 説明
仮想ストレージの管理機能
お客さまは、1のサブネットに対して、1の仮想ストレージを複数作成できます。
また、作成した仮想ストレージの削除、設定内容の編集を行うことができます。
ボリュームの管理機能 (NFS)
お客さまは、1の仮想ストレージに対して複数のボリュームを作成することができます。
また作成したボリュームの削除、設定内容の編集を行うことができます。
サードパーティインテグレーション
VMware VAAIを利用できます。
API お客さまにて、本サービスをセルフマネジメントするための機能を、APIにて提供します


各機能の説明

仮想ストレージの管理機能

機能   設定 説明
仮想ストレージの作成 仮想ストレージの作成 (新規・追加) お客さまは、1のサブネットに対して、1の仮想ストレージを複数作成できます。
  ネーミング Name
お客さまは、仮想ストレージの名称を任意に付与できます。
(1-255文字の文字列。アルファベット,数字,ハイフン,アンダーバーのみ使用可能(空白は不可)。先頭文字はアルファベット。)
なお、テナント内でユニークな名称を指定する必要があります。
  メモ Description
お客さまは、仮想ストレージの説明を記入・保存することができます。
(半角英数記号(*1)で255文字まで入力可能です。)
  ボリューム種別の選択 Volume type
お客さまは、ボリューム種別を選択して使用することができます。(将来的には様々な機種が選択できるようになります。)
申込後にボリューム種別の変更はできません。
  ネットワークの設定 Network/Subnet
お客さまは、ロジカルネットワーク上に作成されたロジカルネットワークID, サブネットに仮想ストレージを紐づけることができます。
仮想ストレージのルーティング設定は Host Routes にて設定してください。
  IPアドレスプールの設定 IP Address Pool
お客さまは、仮想ストレージとして使用するIPアドレスのプール(範囲)を指定できます。
なお、IPアドレスの範囲は30個までとなります。
本アドレスは仮想ストレージが使用するアドレスです。よって、ロジカルネットワークのIPアドレスプールと重複しないアドレスをご指定ください。
  スタティックルートの設定 Host Routes
お客さまは、スタティックルートを指定することができます。
1の仮想ストレージにつき5個までとなります。
なお、next-hopのアドレスには上記IPアドレスプールで登録しているアドレスは設定できません。
仮想ストレージの削除 仮想ストレージの削除 (削除)
お客さまは、作成した仮想ストレージを選択して、削除することができます。
ボリュームが存在する場合、仮想ストレージは削除できません。
仮想ストレージを削除しても、ロジカルネットワークとサブネットは削除されません。
仮想ストレージの編集 一覧の表示 (参照) お客さまは、仮想ストレージを一覧で参照することができます。
  詳細情報の表示 (参照) お客さまは、選択した仮想ストレージの詳細情報を参照することができます。
  詳細情報の編集 名前/説明/ボリューム種別/IPアドレスプール/ホストルート
お客さまは、選択した仮想ストレージの詳細情報を編集(設定変更)することができます。
IPアドレスプールは拡張はできるが、縮小はできません。(IPアドレスの個数が同じ、もしくは増えた場合でも、元の範囲(レンジ)が狭まることは許容されません。)
*1 入力可能文字:abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVwXYZ0123456789!”#$%&’()*+,-./:;<=>?@[]^_`{|}~ including space, line break (LF,CR) and tab (HT)


ボリュームの管理機能(NFS)

  • NFSプロトコル(NFSv3/v4.0/v4.1)でマウント可能なボリュームを提供します。
  • 選択されたボリューム容量を設定します。
  • ボリュームには、上限スループットが設定されます。
機能   設定 説明
ボリュームの作成 ボリュームの作成 (新規・追加)
お客さまは、1の仮想ストレージに対して複数のボリュームを作成することができます。
ボリュームの個数に制限はありません。
ボリュームはフレーバーから選択することができます。
NFSのマウントポイントをボリューム毎に1つ払い出します。
  ネーミング Volume Name
お客さまは、ボリュームの名称を任意に付与することができます。
(1-255文字の文字列。アルファベット,数字,ハイフン,アンダーバーのみ使用可能(空白は不可)。先頭文字はアルファベット。)
なお、テナント内でユニークな名称を指定する必要があります。
  メモ Description
お客さまは、仮想ボリュームの説明を記入・保存することができます。
(半角英数記号(*2)で255文字まで入力可能です。)
  グループの選択 Group お客さまは、ボリューム毎にグループを選択することができます。
  エクスポートポリシー Export Policy ボリュームへのアクセス制限機能はありません。
ボリュームの削除 ボリュームの選択 (削除)
お客さまは、作成したボリュームを削除することができます。
当該操作は実行後に取り消しはできません。
  ディスク内データの消去 (削除) 本メニューでは、削除したボリュームのデータは削除いたしません。
ボリュームの管理 一覧の表示 (参照) お客さまは、ボリュームを一覧で参照することができます。
  詳細情報の表示 (参照) お客さまは、選択したボリュームの詳細情報を参照することができます。
  詳細情報の編集 Volume Name/Description お客さまは、選択したボリュームの詳細情報を編集(設定変更)することができます。
*2 入力可能文字:abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVwXYZ0123456789!”#$%&’()*+,-./:;<=>?@[]^_`{|}~ including space, line break (LF,CR) and tab (HT)


サードパーティインテグレーション

VMware ESXi VAAI

  • NFSボリュームに対し、VMware VAAI機能を利用して、VMクローニングのワークロードを本ストレージへオフロードすることができます。

  • 本機能の利用には、追加のお申し込みは不要です。

  • 本機能の提供は、VMware ESXiとの連携および機能を弊社が保証するものではありません。

  • VAAIを利用するためにはNetApp社が提供するpluginをESXiにインストールする必要があります
    ダウンロードサイトについては、チケットでお問い合わせいただきます。
    詳しくはチュートリアルを参照ください。


API

機能 説明
仮想ストレージおよびボリューム Openstackに親和性のある独自のAPIを提供します。


メニュー

メニュー、プラン

メニュー フレーバー 容量
ファイルストレージ スタンダード(NFS) 1TB (1,024GB)
    2TB (2,048GB)
    3TB (3,072GB)
    4TB (4,096GB)
    5TB (5,120GB)
    10TB (10,240GB)
    15TB (15,360GB)
    20TB (20,480GB)
    25TB (25,600GB)
    30TB (30,720GB)
    35TB (35,840GB)
    40TB (40,960GB)
    45TB (46,080GB)
    50TB (51,200GB)
    55TB (56,320GB)
    60TB (61,440GB)
    65TB (66,560GB)
    70TB (71,680GB)
    75TB (76,800GB)
    80TB (81,920GB)
    85TB (87,040GB)
    90TB (92,160GB)
    95TB (97,280GB)
    100TB (102,400GB)


申し込み方法

  • お客さま自身の操作により、GUI/API経由で、作成、削除、変更の申し込みを実施いただけます。
  • なお、ロジカルネットワーク数の最大はロジカルネットワークのサービス説明書を参照してください。
対象 種別 説明 申し込み数量(個)   申し込み容量  
      最小 最大 最小 最大
仮想ストレージ 作成(新規・追加) 仮想ストレージを作成する 1(必須) ロジカルネットワーク数  
  削除 仮想ストレージを削除する 1    
  編集(変更) 設定変更のみ可能(ネットワーク設定を除く) 1    
ボリューム 作成(新規・追加) ボリュームを作成する 1 制限なし 1TB (1,240GB) 100TB (102,400GB)
  削除 ボリュームを削除する 1    
  編集(変更) 設定変更のみ可能(容量の変更は不可) 1    


ご利用条件

他サービスとの組み合わせ条件

  • 本サービスはロジカルネットワークの申し込みが前提となります。
  • その他、サービスメニューについては任意に申し込みいただけます。

最低利用期間

  • 本サービスでは最低利用期間は設けておりません。


料金

初期費用

  • 本サービスの利用には初期費用は不要です。

月額費用

ボリューム

  • 月額料金は、利用月における各ボリュームの利用分数およびボリューム容量に応じて、ボリューム単位に課金します。


サービス提供の品質

サポート範囲

  • 本メニューのサポート範囲は、Supportのサービス説明書を参照してください。

運用

  • Monitoringのサービス説明書を参照してください。

SLA

  • SLAのサービス説明書を参照してください。


制約事項

ご利用前の注意点

  • ボリュームのエクスポートポリシーは0.0.0.0/0であり、アクセス制限はありません。
  • データのバックアップは全てお客さま責任となります。
  • 仮想ストレージ、ボリュームの作成、削除の申し込み完了後に取り消しはできません。
  • 仮想ストレージ、ボリュームの作成、削除、編集はテナント毎に処理を行うため、APIにより同時、複数の処理を実行する上で支障が生じる場合があります。
  • サーバー、ネットワーク環境等の各種影響を受けるため、スループット性能は保証できません。
  • 他のお客様の負荷状況により影響を受ける可能性があります。
  • メンテナンス中は、ボリュームの作成、削除の申し込みが出来ない場合があります。
  • サードパーティ製品との連携および機能を当社が保証するものではありません。
  • ボリュームのタイプ変更はできません。
  • ACL、Kerberos認証、pNFSはサポートしていません。
  • UDPはサポートしていません。TCPのみサポートします。
  • ボリュームに保存可能なファイル数は、ボリューム容量を128KB毎に1ファイルとして計算した数が上限です。
  • WindowsクライアントからのNFSマウントはサポートしていません。


動作確認済み環境

  • 利用するIPアドレス(IPv4)をお客さまに指定いただきます。

  • Storageメニューのご利用にあたっては、使用しているOSからパッケージのインストール、設定等を実施してください。
    「チュートリアル6章 ストレージのご利用方法」参照
  • 当社はVMware ESXi version 6.0から本メニューのボリュームをNFSv3, v4.1でマウントした検証を実施しています。