Flexible InterConnect ECL2.0 Connection

サービス概要

接続の概要

  • NTT Comが提供する高品質・高信頼なインターコネクトサービスであるFlexible InterConnectとEnterprise Cloud 2.0を接続するための機器の1つとして、Enterprise Cloud 2.0環境内にお客さま専用の仮想ルーター(以下、FICゲートウェイ)を提供します。
  • Flexible InterConnectサービスとなるため、ECL2.0のキャンペーン価格は適用外となります。Flexible InterConnectについての詳細は、弊社営業担当にご確認ください。
概要

FICゲートウェイの特長

FICゲートウェイは、以下の特長をもった仮想ルーターです。

  • 実績あるNTTComのネットワークサービスとクラウドサービスをワンストップでご利用いただけます。
  • 物理的に冗長構成で実装されており、安定した通信をご利用いただけます。
  • お客さまにて管理が可能なセルフマネジメント機能を提供することで、お客さまのトラフィック状況に応じた柔軟なスケールアップに対応できます。

利用できる機能

機能一覧

FICゲートウェイで提供する機能は、以下の機能です。

機能 機能概要
FICゲートウェイ機能 ECL2.0内に構築されるロジカルネットワークと、Flexible InterConnectとを接続するためのゲートウェイ機能を提供します。
セルフマネジメント機能 お客さまご自身の操作により、FICゲートウェイを管理できるポータル/APIを提供します

各機能の説明

FICゲートウェイ機能

FICゲートウェイとは、Flexible InterConnectとテナント間の通信を実現する仮想ルーターです。以下の4機能を有します。

機能 機能説明 注意事項
Flexible InterConnect接続機能 Flexible InterConnectサービスとの接続を提供します。
  • 1つのテナントにて、利用可能なFICゲートウェイの最大数は「32」です。
  • 1つのFICゲートウェイに接続できるFlexible InterConnectサービスは1つです。
  • 本セグメントのIPアドレスは、プラン申込時にFlexible InterConnectで利用していない/29のアドレスセグメントを指定してください。
  • 本セグメントのIPアドレスは、後から変更することはできません。廃止新設での変更となります。
ゲートウェイインターフェイス機能
下記の2つの機能を提供します。
1.ロジカルネットワークとの接続機能
2.ゲートウェイインターフェイスへのIPアドレスアサイン機能
  • FICゲートウェイに接続できるロジカルネットワークは1つです。
  • FICゲートウェイはVRRPで冗長化するため、お客さまはIPアドレス3つをアサインしていただく必要があります。
  • ゲートウェイインターフェイスに設定できるIPv4アドレスに制約はありません。
  • 本IPアドレスを変更する場合、ロジカルネットワークとの接続を削除・追加いただく必要があります。
  • 同一ロジカルネットワーク上でVRRPグループIDが重複すると、通信が正常に行えない可能性があります。VRRPグループIDが重複しないように、必ず別の値を指定してください。
BGP経路広告/スタティックルーティング機能 スタティックルーティングを設定しFlexible InterConnectにBGP経路広告する機能を提供します。
  • ゲートウェイインターフェイスの接続ネットワークアドレス、スタティックルートの宛先ネットワークアドレスをBGP経路として広告します。
  • スタティックルートの上限値は、「32行」です。
  • スタティックルートの宛先ネットワークについては、下記のIPアドレスを含めないでください。また、下記IPアドレスよりもマスク長が長いネットワークは設定しないでください。ロンゲストマッチによりBGPやVRRPの動作に影響を与え通信断となる可能性があります。
    • ゲートウェイインターフェイスのゲートウェイIPv4アドレス、プライマリIPv4アドレス、セカンダリIPv4アドレス(アドレス設定項の図:G1/P1/S1)
    • FIC接続インターフェイスのIPv4アドレスと、FIC-RouterのIPv4アドレス(アドレス設定項の図:P2/S2/P3/S3)
帯域設定 Flexible InterConnect接続帯域を設定する機能を提供します。 Flexible InterConnectの帯域プランに応じて、帯域が設定されます。

セルフマネジメント機能

カスタマポータル/APIでは、以下の操作を実施することが可能です。

操作 操作可能な内容 詳細
ネットワークの接続 接続の追加、削除 ゲートウェイインターフェイスを作成し、任意のロジカルネットワークに接続することができます。また、ゲートウェイインターフェイスを削除し、接続を切断できます。
アドレス設定 アドレスの設定 ゲートウェイインターフェイスに任意のIPアドレスをアサインすることができます。
BGP経路広告/スタティックルートの設定 スタティックルート/広告経路の追加、削除 Flexible InterConnect側にBGP経路を広告することができます。

ネットワークの接続

お客さまは、ゲートウェイインターフェイスを、任意のロジカルネットワークに接続することができます。なお、以下の制約があります。

  • 1つのゲートウェイインターフェイスには、1つのロジカルネットワークが接続できます。複数のロジカルネットワークを接続することはできません。
  • 接続先ロジカルネットワークの変更はできません。変更する場合、接続の削除・追加を実施する必要があります。

本操作と同時に、後述のゲートウェイインターフェイスへのIPアドレス設定を行うことができます。

インターフェイス

アドレス設定

  • お客さまは、FICゲートウェイのゲートウェイインターフェイスに対し、任意のIPアドレスをアサインすることができます。
  • 本操作は、ロジカルネットワークの接続と同時に実行されます。
  • FICゲートウェイは冗長化された構成で提供されるため、プライマリ・セカンダリ・VRRP用仮想IPアドレスの合計3つのIPアドレス、VRRPグループIDを設定できます。
  • FIC接続インターフェイスのIPアドレスは、申込時に指定された/29のセグメントから自動で割当を行います。本IPアドレスを変更することは出来ません。
パラメータ 詳細
ゲートウェイIPv4アドレス VRRP用の仮想IPアドレス
プライマリデバイスIPv4アドレス 冗長化されたFICゲートウェイのうち、プライマリ側のFICゲートウェイのインターフェイスにアサインするIPアドレス
セカンダリデバイスIPv4アドレス 冗長化されたFICゲートウェイのうち、セカンダリ側のFICゲートウェイのインターフェイスにアサインするIPアドレス
VRRPグループID ゲートウェイインターフェイスで用いるVRRPグループID

注釈

  • 同一ロジカルネットワーク上でVRRPグループIDが重複すると、通信が正常に行えない可能性があります。必ず別の値を指定してください。
  • IPアドレスを変更する場合、ロジカルネットワークとの接続を削除・追加いただく必要があります。
IPアドレス

BGP経路広告/スタティックルートの設定

  • お客さまは、FICゲートウェイにスタティックルートを設定することができます。
  • ゲートウェイインターフェイスの接続ネットワークアドレス、スタティックルートの宛先ネットワークアドレスをBGP経路として広告します。
  • スタティックルートの宛先ネットワークについては、下記のIPアドレスを含めないでください。また、下記IPアドレスよりもマスク長が長いネットワークは設定しないでください。ロンゲストマッチによりBGPやVRRPの動作に影響を与え通信断となる可能性があります。
    • ゲートウェイインターフェイスのゲートウェイIPv4アドレス、プライマリIPv4アドレス、セカンダリIPv4アドレス(アドレス設定項の図:G1/P1/S1)
    • FIC接続インターフェイスのIPv4アドレスと、FIC-RouterのIPv4アドレス(アドレス設定項の図:P2/S2/P3/S3)
  • 設定可能なパラメータは以下の通りです。
パラメータ 詳細
名前 スタティックルートの名前を設定することができます。
説明 スタティックルートの説明を設定することができます。
宛先 本スタティックルートの宛先ネットワーク(IPアドレスブロック)を設定できます。また、本アドレスは、経路情報としてFlexible InterConnect側に広告されます。
ネクストホップ 宛先に設定したネットワークへの通信を行うためのネクストホップを設定できます。

注釈

設定できるスタティックルートの上限は32経路です。

ルーティング

メニュープラン

プランリスト

  • FICゲートウェイは、お客さまが契約した帯域プランに応じて、帯域設定が適用されます。
リージョン プラン種別(最大帯域) 確保帯域 JP1 JP2 JP4 JP5
接続先リージョン     東日本 西日本 東日本 東日本
帯域確保 10M 10M
  20M 20M
  30M 30M
  40M 40M
  50M 50M
  100M 100M
  200M 200M
  300M 300M
  400M 400M
  500M 500M
  1G 1G

申込種別と方法

ビジネスポータル/APIにて、Flexible InterConnectを申し込みいただくことが可能です。
申し込み種別 申し込み方法 納期
Flexible InterConnectの新設 ビジネスポータル/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日
Flexible InterConnectの帯域変更 ビジネスポータル/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日
Flexible InterConnectの廃止 ビジネスポータル/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日


申込時の注意事項

Enterprise Cloud 2.0とFICゲートウェイとの接続条件は以下となります。

  • 本メニューは、1テナントに対し複数契約いただくことが可能です。1テナントで契約できる最大数は32契約です。
  • 同一名義・異名義に関わらず、異なるECL2.0テナントから同一のFlexible InterConnectテナントに接続いただくことが可能です。
  • 同一名義・異名義に関わらず、異なるFlexible InterConnectテナントから同一のECL2.0テナントに接続いただくことが可能です。
  • 同一のロジカルネットワークに複数のFICゲートウェイを接続した場合、MACアドレスが重複するため通信することが出来ません。

Flexible InterConnectの構成及び利用時の注意事項は以下となります。

  • FICゲートウェイの利用には、Flexible InterConnectの契約が必須となります。Flexible InterConnectの新設・帯域変更・廃止に応じて、FICゲートウェイが追加・変更・削除されます。
  • 異なる名義のFlexible InterConnectとECL2.0を接続する場合、下記を実施いただく必要がございます。
    • ポータル申込の場合、接続したいFlexible InterConnectの契約ユーザとしてFlexible InterConnectポータルに再ログインいただいて、申し込みいただく必要がございます。シングルサインオン連携が可能なのは、同一名義の場合のみです。
    • ECL2.0のテナントID/API鍵/API秘密鍵の情報を取得し、Flexible InterConnectの申し込み担当者に伝えていただく必要がございます。
    • ECL2.0へのアクセス権限を伝えることになるため、適切な権限管理を実施願います。ECL2.0の権限管理方法は API権限管理 機能を用いて実施することが可能です。本メニューのお申し込みにはECL2.0基盤との接続認証権限のみ必要であるため、 チュートリアル:Keystoneへのアクセスを許可する権限設定例 を参考にして設定してください。

ご利用条件

他メニューとの組み合わせ条件

  • 本機能は全てのメニューとの組み合わせが可能です。ロジカルネットワークとの接続はデータプレーンとの接続のみ可能です。
  • なお、FICゲートウェイの利用には、Flexible InterConnectの契約が必須です。

料金

Enterprise Cloud 2.0サービスにおいては料金は発生しません。 Flexible InterConnectサービスとしての月額費用は、弊社営業担当にご確認ください。


サービス提供の品質

サポート範囲

「本サービス説明書(機能一覧)」に記載されている機能はサポート対象です。
なお本サービスの契約後、お客さま自身で設定したパラメータの設定誤り(スタティックルーティングの設定など)に起因する不具合については、サポート対象外です。

運用

本メニューの運用品質は、Enterprise Cloud2.0に標準で定められた運用品質に準じます。詳細については、サービス説明書 Supportを参照ください。

SLA

本メニューのSLAは、Flexible InterConnectサービスのSLAに準じます。Flexible InterConnectサービスについての詳細は、弊社営業担当にご確認ください。

注意事項

  • FICゲートウェイ宛の通信は、サービス基盤を守るために流量制限を実施しています。FICゲートウェイ宛のPing監視は実施しないでください。
  • FICゲートウェイを通過する通信については上記流量制限を設けず、契約プランに応じた品質・速度を提供します。
  • MTUサイズは最大1500バイトまで対応しています。