機能

機能一覧

vSphere ESXi サーバー(以下、サーバー)の作成/削除は本メニューにて実行可能ですが、サーバーの管理についてはベアメタルサーバーメニュー側より実施することになります。
なお、一部のベアメタルサーバーメニューの機能はご利用いただけませんのでご注意ください。(ベアメタルサーバーメニューとの差分は専用ハイパーバイザー共通編に記載)

サーバーの作成

機能     説明
サーバー詳細 サーバー名   お客さまは、サーバーの名称および、サーバーのホスト名を設定いただけます。
  説明   お客さまは、サーバーの説明を設定いただけます。
  フレーバー   お客さまは、サーバーを、複数のスペックのフレーバー(サーバー種別)の中から選択できます。
  イメージ オフィシャルイメージテンプレート お客さまは、本メニューが既定するvSphere ESXiのイメージテンプレートを選択し、サーバーを作成いただけます。
  ハイパーバイザーの設定   ユーザー名/ロケール設定/セキュリティ設定(FirewallやSSH)については本メニューの規定値で設定します。
ゾーン/グループ     お客さまは、サーバーが所属するゾーン/グループについて指定/ランダム(Any Zone)の設定をいただけます。
アクセスとセキュリティ 管理者パスワード   お客さまは、rootアカウントのパスワードを設定いただけます。
ネットワーク ロジカルネットワークの選択  
お客さまは、事前に作成したロジカルネットワークをサーバーに設定いただけます。
最低1ロジカルネットワーク (データプレーン)の設定が必要です。
最大では2ロジカルネットワーク (データプレーン:1ストレージプレーン:1)を設定できます。
事前にお申し込みを頂きます共通機能ゲートウェイと接続するロジカルネットワークは自動で設定されます。
  IPアドレス設定   お客さまは、サーバーのVMkernelインターフェイスに対して、IPアドレスを設定することができます。
ディスク ディスク設定 ディスクパーティショニング 本メニューの規定値で設定します。
    RAIDレベル RAID Level設定は規定値で設定します。
メタデータ     お客さまは、サーバー提供時のサーバーメタデータを設定いただけます。


サーバーの削除

機能     説明
サーバーの選択     お客さまは、サーバーを選択し、削除することができます。
ディスク内データの消去     お客さまがサーバーを削除した後、ハードディスク内のお客さまデータは自動的に消去されます。


サーバーの管理

機能     説明
電源操作     ベアメタルサーバーメニューの機能をご利用できます。
リモートコンソールアクセス (RCA) SSL VPN   ベアメタルサーバーメニューの機能をご利用できます。
  コンソールアクセス   ベアメタルサーバーメニューの機能をご利用できます。
  IPMI   ベアメタルサーバーメニューの機能をご利用できます。
サーバー詳細 概要 情報/スペック/物理NICポート/OSの設定 ベアメタルサーバーメニューの機能をご利用できます。
  物理NICポート ポートの追加 / 設定変更 / 削除 ベアメタルサーバーメニューの機能を一部除いてご利用できます [1]
ハイパーバイザー情報 サーバーリスト   同一テナント内のハイパーバイザー名や種別、利用したテンプレートイメージ名を一覧で確認できます。
  概要 情報 ハイパーバイザー名や種別を確認できます。
    イメージ 利用したテンプレートイメージ名を確認できます。
    ベアメタルサーバー 本vSphere ESXiサーバーが導入されたベアメタルサーバー名を確認できます。
UEFI     ベアメタルサーバーメニューの機能をご利用できます。
API     本メニュー独自のAPIを提供します。
[1]セグメント種別についてはvlanタイプのみご利用可能となります。flatタイプは利用できません。


各機能の説明

サーバーの作成

サーバー詳細

サーバー名

お客さまが作成するサーバーの名称を設定できます。
  • テナント毎にユニークな名称のみ設定が可能です。
  • サーバー作成時、サーバー名はサーバーのホスト名としても設定されます。
  • なお、お客さまがvSphere ESXiのホスト名を変更した場合、カスタマーポータルで表示されるサーバー名は変更されませんのでご注意ください。
  • サーバーの名称の変更は、API経由のみ可能です。

サーバーID

本メニューがサーバー単位に付与するIDです。
  • リージョン内においてユニークなIDが付与されます。

  • サーバーIDの変更はできません。

  • ベアメタルサーバーメニュー側で表示されるサーバーIDと、専用ハイパーバイザー側で表示されるサーバーIDは異なります。
    (チケット等でお問い合わせを実施される際には、専用ハイパーバイザー側で表示されるサーバーIDをご連絡ください。)


入力規則

項目 入力先 規則
サーバー名 カスタマーポータル / API
利用可能文字 a-z A-Z 0-9 “-“は最初及び最後の文字として利用不可
文字の長さ 1-255文字


フレーバー

お客さまは、カスタマーポータル/APIから、既定のフレーバーからサーバーを選択して本メニューをご利用いただけます。
  • 異なるフレーバーを混在して利用することも可能です。

  • 各フレーバーの構成は、ベアメタルサーバーメニューのフレーバーと同一です。
    選択可能なフレーバーについては、メニュー一覧をご確認ください。


イメージ

ベアメタルサーバーにプレインストールするハイパーバイザーを選択いただけます。


ゾーン/グループの選択

お客さまは、サーバーの収容グループについて、2つのグループのどちらかか、指定せずにランダムとするかを選択いただけます。
グループの説明は、 リージョン/ゾーン/グループのサービス説明書 を参照ください。


ハイパーバイザーの設定

ユーザー名

ユーザー名、およびユーザーの権限として以下を設定します。
項目 お客さまユーザー サービス管理ユーザー
ユーザー名 root ecl_admin
権限 Admin Admin

警告

本サービス管理ユーザーはサービスの管理に使用されるため、お客さまによる設定変更および削除は禁止します。



ロケール設定

キーボード配列の設定は以下の通りです。
項目 設定内容
キーボード配列 English (US)


セキュリティ設定

セキュリティの設定は以下の通りです。
  • ESXi Shell
項目 設定内容
SSH Service Started
Startup Policy Start and stop with host

  • SSH
以下の設定で提供されます。
項目 設定内容
SSH Service Started
Startup Policy Start and stop with host
Port 22
Protocol 2
Password Authentication Y (keyboard-interactive認証のみ)
Public key Authentication N

警告

本設定はサービスの管理に使用されるため、お客さまによる設定変更は禁止します。


  • 詳細設定
上記セキュリティ設定によって、vSphere Clientなどでの利用時に警告が表示されます。そのため、以下の設定変更で警告を非表示としております。
項目 設定内容
UserVars.SuppressShellWarning 1


アクセスとセキュリティ

管理者パスワード

作成するユーザーのパスワードは以下の通り設定いただけます。
項目 お客さまユーザー サービス管理ユーザー
ユーザー名 root ecl_admin
パスワード
カスタマーポータルおよびAPIにてお客さまの任意の値を設定できます。
なお、入力がない場合はランダムで値を付与します。
ランダムに生成したパスワードを適用します。

警告

本サービス管理ユーザーのパスワードはサービスの管理に使用されるため、お客さまによる変更は禁止します。



ネットワークの設定

お客さまが指定されたネットワーク設定に基づきデータプレーン/ストレージプレーンの物理NICポート(各2ポート)に対して、ロジカルネットワークのポートが自動的に作成されます。
本ネットワーク設定はすべて物理NICポートが冗長化された設定で提供されます。
* 上記以外に、共通機能ゲートウェイに接続するためのポート設定が自動で設定されます。

ロジカルネットワーク設定

本設定は共通機能ゲートウェイに接続される設定以外、お客さまが指定したパラメーターを設定できます。
但し、セグメント種別はvlanのみ設定可能です。
Logical Network Plane
IP アドレス/
サブネット
デフォルトゲートウェイ セグメント種別 セグメントID VMkernel Interface名
共通機能GWセグメント DATA 本メニュー指定値 本メニュー指定値 vlan 3 [2] vmk0
Logical Network 1 DATA お客さま指定値 指定 subnet resource設定値 vlan お客さま指定値
vmk1 - vmk4
のいずれかで設定されます
Logical Network 1 DATA お客さま指定値 上記指定 subnet resource設定値 vlan 上記指定値と同一
vmk1 - vmk4
のいずれかで設定されます
Logical Network 2 Storage お客さま指定値 指定subnet resource設定値 vlan お客さま指定値
vmk1 - vmk4
のいずれかで設定されます
Logical Network 2 Storage お客さま指定値 上記指定 subnet resource設定値 vlan 上記指定値と同一
vmk1 - vmk4
のいずれかで設定されます
[2]vlanのセグメントID 3は当社にて使用するため、お客さまが利用することはできません。

注釈

  • ロジカルネットワークのデータプレーン/ストレージプレーンはそれぞれ1つのセグメントIDしか設定できません。
  • 上記でお客さまが指定されたネットワーク設定に基づき各プレーンの物理NICポート(2ポート)に対して、ロジカルネットワークのポートが自動的に作成され物理NICポートの通信冗長性が担保された状態で提供されます。
  • お客さまがアドレスを指定されなかった場合、お客さま指定のロジカルネットワーク(サブネット含む)のアドレスの未利用最若番でアドレスが自動設定されます。(お客さまがアドレスを指定された場合は、指定されたアドレスが設定されます。)


上記で弊社が作成するVMkernel Interfaceは以下の設定値で提供されます
VMkernel Interface 名
VMkernel Port
ネットワークラベル
vMotion Fault Tolerance Logging Management Traffic iSCSI Port Binding 仮想スイッチ名
vmk0 ECL Admin Management Network Disable Disable Enable Disable DATA Plane vSwitch
vmk1 User Network 1 Disable Disable Enable Disable 指定したロジカルネットワークが所属するPlaneの仮想スイッチへ設定します
vmk2 User Network 2 Disable Disable Enable Disable 指定したロジカルネットワークが所属するPlaneの仮想スイッチへ設定します
vmk3 User Network 3 Disable Disable Enable Disable 指定したロジカルネットワークが所属するPlaneの仮想スイッチへ設定します
vmk4 User Network 4 Disable Disable Enable Disable 指定したロジカルネットワークが所属するPlaneの仮想スイッチへ設定します


上記で弊社が作成するVMkernel Interfaceのフェイルオーバー設定は以下となります
VMkernel Interface 名 NICチーミングポリシー ファイルオーバー順序
vmk0 仮想スイッチのポリシーと同一 仮想スイッチのポリシーと同一
vmk1 仮想スイッチのポリシーと同一 仮想スイッチのポリシーと同一
vmk2 仮想スイッチのポリシーと同一 仮想スイッチのポリシーと同一
vmk3 仮想スイッチのポリシーと同一 仮想スイッチのポリシーと同一
vmk4 仮想スイッチのポリシーと同一 仮想スイッチのポリシーと同一

警告

  • vmk0は本メニュー側がハイパーバイザーの管理をする通信に使用されます。
    本インターフェイス設定の変更を実施しないでください。


標準仮想スイッチ (vSphere Standard Switch) 設定

データプレーン用とストレージプレーン用のStandard Switchが作成され、それぞれのSwitchにはプレーン種別毎にベアメタルサーバーの物理NICポートが設定されます。
サーバーの物理NICポートとネットワークスイッチのポートとの接続構成については、ベアメタルサーバーメニューのサービス説明書をご確認ください。
仮想スイッチ名 NICチーミングポリシー       フェイルオーバ順序
  ロードバランシング フェイルオーバー検出 スイッチへの通知 ファイルバック  
Data Plane vSwitch 発信元の仮想ポートIDに基づいたルート リンク状態のみ はい はい
Active:vmnic0
Active:vmnic3
Storage Plane vSwitch 発信元の仮想ポートIDに基づいたルート リンク状態のみ はい はい
Active:vmnic1
Active:vmnic2


ハードディスクの設定

ディスクパーティショニングはvSphereESXiの標準設定でインストールされます。 (ESXiのシステム領域に一部使用され、残りの容量はデータストアボリュームとして提供されます。)



メタデータ

お客さまは、サーバー提供時のサーバーのメタデータをKey/Valueのペアのフォームで設定いただけます。
以下パラメーター上の制約があります。
項目名 設定方法 最大値 単位
設定可能最大ペア数 カスタマーポータル/API 128 ペア
設定可能最大文字列サイズ カスタマーポータル/API 255 byte


サーバーの削除

サーバーの選択

お客さまは、カスタマーポータル/APIから削除するサーバーを選択して、削除することが可能です。
なお、ベアメタルサーバーメニュー側の操作による削除はできません。
また、カスタマーポータル経由で削除する場合、再確認のメッセージがでますが、API経由の場合は、再確認は行われません、ご注意ください。


ディスク内データの消去

お客さまがサーバーを削除した後、ハードディスク内のお客さまデータは自動的に削除されます。


サーバーの管理

電源操作

サーバーの電源操作を行うことができます。


リモートコンソールアクセス(RCA)

サーバーのIPMIにSSL VPN経由でアクセスいただけます。


サーバー詳細

サーバーの詳細情報を確認できます。


ハイパーバイザー情報

1. サーバーリスト
項目名 内容
名前 お客さまが設定したサーバー名の値を表示
説明 お客さまが設定したサーバーの説明を表示
ハイパーバイザー種別
ハイパーバイザーの種別を表示します。
本メニューではvsphere_esxiと表示されます。
イメージ 利用したテンプレートイメージ名を表示します。
ベアメタルサーバー 本サーバーのベアメタルサーバー名を表示
ステータス ベアメタルサーバーのステータスの値を表示
アクション サーバー毎にサーバーの削除の実施が可能

2. 概要―情報
項目名 内容
名前 お客さまが設定したサーバー名の値を表示
ID サーバーのIDの値を表示
説明 お客さまが設定したサーバーの説明を表示
ハイパーバイザー種別
ハイパーバイザーの種別を表示します。
本メニューではvsphere_esxiと表示されます。
ステータス ベアメタルサーバーのステータスの値を表示

3. 概要-イメージ
項目名 内容
イメージ 利用したテンプレートイメージ名を表示します。

4. 概要-ベアメタルサーバー
項目名 内容
ベアメタルサーバー 本サーバーのベアメタルサーバー名を表示