料金 / 運用

料金

以下の料金体系で提供されます。月額上限付き分課金の詳細については、契約管理をご参照ください。

請求対象 単位 料金体系
Red Hat Enterprise Linux [1] 各テナント内で生成された最大同時利用VM数 各テナント単位での月額課金
Red Hat Enterprise Linux Extended Lifecycle Support [2] 各テナント内で生成された最大同時利用VM数(RHEL5のみ) 各テナント単位での月額課金
Windows Server 物理ホスト(vSphere ESXi/Hyper-V)に立ち上がった仮想マシン数 各物理ホスト(vSphere ESXi/Hyper-V)単位で月額上限付き月課金
SQL Server テナント内で立ち上がったSQL Serverの仮想マシン1台ごとのvCPU数 各仮想マシン単位で月額課金
vCenter Server インスタンス(ライセンス数) 月額課金 [3]
[1]vSphere ESXi でのみ提供されます。ご注意ください。
[2]プロバイダーライセンスのRHEL5イメージを持ち込み時に適用されます。
[3]vSphere ESXi を必ずご利用いただく必要があります。

注釈

課金情報の収集タイミングについては開示いたしません。



各メニューの課金詳細(参考)

各ライセンスの月額費用の考え方は下記の通りです。

注釈

下記は参考情報であり、詳細はサービス利用規約および料金表をご確認ください。

物理ホストがvSphereESXiの場合

メニュー プラン 課金単位 計算方式 備考
Red Hat Enterprise Linux 2VMごと VM 月額固定 各テナント内の総計となります。
Red Hat Enterprise Linux Extended lifecycle Support 2VMごと VM 月額固定 各テナント内の総計となります。
Windows Server
〜7VMまで
Windows Server 2016 Datacenter EditionのVMを含まない場合
VM 月額固定 [4]
専用ハイパーバイザーのフレーバー毎に料金は異なります。
Windows Server 2016 Standard EditionのVMを1VMでも含む場合は、該当の物理ホストで立ち上がったすべてのVMがWindows Server 2016の料金が適用されます。
 
8VM以上
Windows Server 2016 Datacenter EditionのVMを含まない場合
Server 月額固定 [4]
専用ハイパーバイザーのフレーバー毎に料金は異なります。
Windows Server 2016 Standard EditionのVMを1VMでも含む場合は、該当の物理ホストはWindows Server 2016 の料金が適用されます。
  Windows Server 2016 Datacenter EditionのVMを含む場合 Server 月額固定 [4]
専用ハイパーバイザーのフレーバー毎に料金は異なります。
Windows Server 2016 Datacenter EditionのVMを1VMでも含む場合は、該当の物理ホストはWindows Server 2016の料金が適用されます。
SQL Server 〜4vCPU VM 月額固定 4vCPUまでの利用は固定となります。
  +2vCPUごと VM   当月中の最大利用vCPU数で課金いたします。
vCenter Server   - - vSphere ESXiメニューの費用に含まれております。
[4](1, 2, 3) 料金はハイパーバイザー種別によって異なります。
price1.png

物理ホストがWindows Server 2012 R2 Standard Editionの場合

メニュー プラン 課金単位 計算方式 備考
Windows Server
〜7VMまで
Windows Server 2016 Datacenter EditionのVMを含まない場合
VM 月額固定 [5]
専用ハイパーバイザーのフレーバー毎に料金は異なります。
Windows Server 2016 Standard EditionのVMを1VMでも含む場合は、該当の物理ホストで立ち上がったすべてのVMがWindows Server 2016の料金が適用されます。
立ち上がったVMのうち1VMは無料になります。
 
8VM以上
Windows Server 2016 Datacenter EditionのVMを含まない場合
Server 月額固定 [5]
専用ハイパーバイザーのフレーバー毎に料金は異なります。
Windows Server 2016 Standard EditionのVMを1VMでも含む場合は、該当の物理ホストはWindows Server 2016 の料金が適用されます。
  Windows Server 2016 Datacenter EditionのVMを含む場合 Server 月額固定 [5]
専用ハイパーバイザーのフレーバー毎に料金は異なります。
Windows Server 2016 Datacenter EditionのVMを1VMでも含む場合は、該当の物理ホストはWindows Server 2016の料金が適用されます。
SQL Server 〜4vCPU VM 月額固定 4vCPUまでの利用は固定となります。
  +2vCPUごと VM   当月中の最大利用vCPU数で課金いたします。
[5](1, 2, 3) 料金はハイパーバイザー種別によって異なります。
price2.png

運用

サポート


サポート対象

専用ハイパーバイザー vSphere/Hyper-Vメニューで提供されるハイパーバイザー環境上で利用されている場合のみサポートいたします。


サポート範囲

  • ダウンロードしたイメージから仮想マシンの作成に失敗する場合は、イメージ保存領域から再度同じイメージをダウンロードし、仮想マシンの作成を実施ください。

注釈

詳細は各メニューのサービス説明書をご確認ください。



監視

本メニューでは監視は提供いたしません。

注釈

サービス側では、ライセンス利用実績収集の監視を実施しておりますが、 本監視情報の提供はいたしません。



SLA

本メニューにはSLAはありません。
詳細はEcnterpriseCloud2.0利用規約をご確認ください。