Ubuntu

メニューの概要

メニューの概要

Ubuntuについて

  • ベアメタルサーバー、仮想サーバーでご利用可能なUbuntu オフィシャルイメージテンプレートを提供します。

Ubuntuを利用できるサーバー/専用ハイパーバイザーについて

  • サーバー/専用ハイパーバイザーでUbuntuをご利用される場合は、オフィシャルイメージテンプレートを利用する、お客さまにてOSイメージを持ち込むという2つの方法があります。
  • それぞれのサーバー/専用ハイパーバイザーでUbuntuを利用するための方法は以下の通りです。
OS利用形態 サーバー/専用ハイパーバイザー      
  ベアメタルサーバー 仮想サーバー vSphere ESXi Hyper-V
オフィシャルイメージテンプレート Y Y N N
お客さま持ち込み(プライベートイメージ) Y Y Y Y

提供構成パターン

  • サーバー/専用ハイパーバイザーでUbuntuをご利用される場合の詳細な利用形態は下記の通りです。

【提供構成パターン】

サーバー/専用ハイパーバイザー 利用用途 ホストOS ゲストOS オフィシャルイメージテンプレート お客さま持ち込み 構成パターン 利用可否
ベアメタルサーバー ホスト OS Ubuntu
Y
         
Y
  ゲスト OS 任意のハイパーバイザー Ubuntu  
N
         
Y
仮想サーバー ゲスト OS 仮想サーバー基盤 Ubuntu  
Y
         
Y
vSphere ESXi ゲストOS vSphere ESXi Ubuntu  
N
         
Y
Hyper-V ゲストOS Windows Server(Hyper-V) Ubuntu  
N
         
Y
【提供構成パターンのイメージ図】

プランの特長

  • オンデマンド お客さまは、カスタマーポータルもしくはAPI経由で、ベアメタルサーバー、および仮想サーバー上でUbuntu オフィシャルイメージテンプレートを申込みいただくことが可能です。

  • オフィシャルイメージテンプレートに関する費用は無料
    ご利用するサーバーによらず、初期費用、月額料金共に無料です。
    ※ご利用するサーバー自体(ベアメタルサーバー、仮想サーバー)に関しては別途発生致します。

利用できる機能

機能一覧

  • Ubuntuオフィシャルイメージテンプレートにて提供する機能は以下の通りです。
機能名 概要
初期ユーザー名 OSのユーザー名は本メニューの既定値で設定します。
初期ユーザー名 パスワード設定 OSのユーザー名での初回ログイン時のパスワードは、サーバーにより異なります。
ロケール設定 OSのTimezone/Language/Character code/Locale/Keyboardについて本メニューの既定値で設定します。
セキュリティ設定 OSのセキュリティ設定(UFW/AppArmor)は本メニューの規定値で設定します。
SSH設定 OSのsshd confの設定は、サーバー/専用ハイパーバイザーにより異なります。
その他設定 OSの初期状態、追加PKG、リポジトリ、IPv6、NTP、DNS、デフォルトゲートウェイについてそれぞれ設定します。

※OSのインストールや削除、リビルド、複製等の機能は、各サーバー/専用ハイパーバイザーのサービス説明書「機能一覧」に記載されていますので、そちらを参照してください。
※Ubuntu自体が提供する機能や情報はWebサイトを参照してください。 https://www.ubuntulinux.jp/

各機能の説明

初期ユーザー名設定

  • 初期ユーザー名、および初期ユーザーの権限として以下を設定しています。
項目 サーバー  
  ベアメタルサーバー 仮想サーバー
ユーザー名 ubuntu ubuntu
権限 一般ユーザー※ 一般ユーザー※
※root権限にて実行する場合は、sudo実行、もしくはsuによる権限昇格を実施ください。

初期ユーザー パスワード設定

  •  作成するサーバーのパスワードは以下の通り設定することができます。
項目 サーバー  
メニュー ベアメタルサーバー 仮想サーバー
設定内容
カスタマーポータルおよびAPIにてお客さまの任意の値を設定できます。
また、入力がない場合はランダムで値を付与します。
初回ログイン時のパスワードは以下となります。
ubuntu

ロケール設定

  •  時刻設定、ロケールの設定、またキーボード配列の設定は以下の通りです。
項目 サーバー  
  ベアメタルサーバー 仮想サーバー
時刻設定 UTC(統一) UTC(統一)
ロケールの設定 en_US.UTF-8 en_US.UTF-8
キーボード配列 英語キー配列(105) 英語キー配列(105)

セキュリティ設定

  • UFW、AppArmorの設定は以下の通りです。
項目 サーバー  
  ベアメタルサーバー 仮想サーバー
UFW 設定なし 設定なし
AppArmor Disable Disable

SSH設定

  • サーバーのsshd confの設定は以下の通りです。
項目 サーバー  
  ベアメタルサーバー 仮想サーバー
Port 22 22
Protocol 2 2
Password Authentication Y N
PubkeyAuthentication Y Y
HostbasedAuthentication N N

  • お客さまは、サーバーを作成される場合、SSHキーペアの作成と、既にお使いのSSHキーペアを利用することができます。 1テナント毎の上限は120キーペアとなります。
  • キーペアの作成、削除、登録は以下の通りです。
項目 方法
キーペアの作成
カスタマーポータル/API
・Keyname (String)
・SSH public key generated by RSA or DSA.
キーペアの削除
カスタマーポータル/API
・Keyname (String)
キーペアの登録
・カスタマーポータル/API
・Keyname (String)

注釈

仮想サーバーをご利用される場合、初回パスワードを変更しないまま、キーペアでSSH接続を実施すると、
ログインパスワード変更後、一度セッションが切断されます。
再度SSH接続を実施いただければ、ご利用可能です。ご注意ください。

その他設定

  • OSのインストール状態、また初期設定は以下の通りです。
項目(大) 項目(小) サーバー  
    ベアメタルサーバー 仮想サーバー
初期状態 OS基本部分 minimalインストール minimalインストール
  追加PKG
共通
Open SSH Server(meta group)
・Ubuntu 16.04の場合
Cloud-init 0.7.8
・Ubuntu 18.04の場合
chrony
Cloud-init 18.2-27
net-tools
共通
・Ubuntu 16.04の場合
Open SSH Server(meta group)
Cloud-init 0.7.8
・Ubuntu 18.04の場合
Open SSH Server(meta group)
acpid
Cloud-init 18.2-27
net-tools
ntp
・Ubuntu 20.04の場合
acpid
chrony
Cloud-init 20.2-45
net-tools
初期設定 リポジトリ etc/apt/sources.list etc/apt/sources.list
  IPv6 Enable Enable
  デフォルトゲートウェイ
ロジカルネットワークで指定した値が投入されます。
空欄の場合、値は設定されません。
ロジカルネットワークで指定した値が投入されます。
空欄の場合、値は設定されません。
  DNS
ロジカルネットワークで指定した値が投入されます。
空欄の場合、値は設定されません。
ロジカルネットワークで指定した値が投入されます。
空欄の場合、値は設定されません。
  NTP
ロジカルネットワークで指定した値が投入されます。
空欄の場合、169.254.127.1が設定されます。
chrony.confにて、slewモードの設定がされています。
ロジカルネットワークで指定した値が投入されます。
空欄の場合、169.254.127.1が設定されます。
・Ubuntu 16.04/18.04の場合
ntpd.confにて、slewモードの設定がされています。
・Ubuntu 20.04の場合
chrony.confにて、slewモードの設定がされています。
  Linux EDCA (Error Detection And Correction) driver
以下のディレクトリにファイルを設置し、unloadとなるように設定しています。
etc/modprobe.d/blacklist-edac.conf
-


オフィシャルイメージテンプレート

オフィシャルイメージテンプレート

  • 本メニューで提供されるオフィシャルイメージテンプレートは以下の通りです。
オフィシャルイメージテンプレート OS バージョン 言語 サーバー/専用ハイパーバイザー      
      ベアメタルサーバー 仮想サーバー vSphere ESXi Hyper-V
Ubuntu 16.04.1 Ubuntu 16.04.1 EN Y Y N N
Ubuntu 18.04.1 Ubuntu 18.04.1 EN Y Y N N
Ubuntu 20.04.1 Ubuntu 20.04.1 EN N Y (※) N N

※Ubuntu 20.04.1は以前のOSバージョンからKernelのメジャーバージョンが上がり脆弱性対応が強化されています。一方で、その影響により、ご利用方法によっては一部の性能が以前のバージョンのOSよりも低下することがあるため、ご注意ください


申し込み方法

  • 新規申し込み方法
    サーバー作成時に、以下のイメージを指定してください。
サーバー  
ベアメタルサーバー 仮想サーバー
Ubuntu-16.04.1_64_baremetal-server_01 Ubuntu-16.04.1_64_virtual-server_02
Ubuntu-18.04.1_64_baremetal-server_01 Ubuntu-18.04.1_64_virtual-server_02
N/A Ubuntu-20.04.1_64_virtual-server_02
  • 廃止申し込み方法

    Ubuntuのオフィシャルイメージテンプレートで作成したベアメタルサーバー/仮想サーバーを削除してください。


ご利用条件

他メニューとの組み合わせ条件

  • ベアメタルサーバー/仮想サーバーのいずれかとセットでお申し込みいただく必要があります。
  • 本サービスで提供するNTPサーバーをご利用になる場合は、共通機能ゲートウェイが必要となります。
  • 設定されたリポジトリへアクセスするためには、別途インターネット接続メニューを契約いただく必要があります。

最低利用期間

  • 本サービスでは最低利用期間は設けておりません。

料金

初期費用

  • 無料です。

月額費用

  • 無料です。※同時にお申し込みされたベアメタルサーバー/仮想サーバーの費用は発生します。

メニュー提供の品質

サポート範囲

サポートされるオフィシャルイメージテンプレート

  • 以下のオフィシャルイメージテンプレートから作成されたベアメタルサーバー、仮想サーバーが対象となります。
サーバー/  
ベアメタルサーバー 仮想サーバー
Ubuntu-14.04.1_64_baremetal-server_01 Ubuntu-14.04.1_64_virtual-server_02
Ubuntu-16.04.1_64_baremetal-server_01 Ubuntu-16.04.1_64_virtual-server_02
Ubuntu-18.04.1_64_baremetal-server_01 Ubuntu-18.04.1_64_virtual-server_02
N/A Ubuntu-20.04.1_64_virtual-server_02

サポート方法

  • Ubuntu含めた無料OSに関するオフィシャルイメージテンプレートのサポート範囲については、OSのサービス説明書をご確認ください。

運用

監視範囲について

  • 本メニューの監視範囲は、Enterprise Cloud 2.0に標準で定められたSLAに準じます。

SLA

  • 本メニューのSLAは、Enterprise Cloud 2.0に標準で定められたSLAに準じます。

提供データセンター

  • 提供可能なデータセンターは以下の通りです。(2020年10月時点)
リージョン サーバー/専用ハイパーバイザー  
  ベアメタルサーバー 仮想サーバー
JP1
JP2
JP4
JP5
JP6
US1
UK1
DE1
FR1
SG1
HK1

制約事項

全般

  • 本メニュー特有の制約事項はありません。
  • OSメニュー全般の制約事項については、OSメニューのサービス説明書をご確認ください。

バックアップ