Red Hat Enterprise Linux for SAP Applications

メニューの概要

メニューの概要

Red Hat Enterprise Linux for SAP Applicationsについて

  • オフィシャルイメージテンプレートの提供
    • 仮想サーバーでご利用可能なRed Hat Enterprise Linux(以下、RHEL) for SAP Applications のオフィシャルイメージテンプレートを提供します。
    • RHEL for SAP Applicationsイメージテンプレートは、Enterprise Cloud 2.0の仮想サーバー上で、SAP社によってSAPアプリケーションがサポートされるRHEL環境を提供します。

注釈

SAPアプリケーションのサポート情報の詳細は、SAP社公開ドキュメント(Product Availability Matrix、ならびにSAP Notes)をご確認ください。

  • プロバイダーライセンスの提供
    • RHEL for SAP ApplicationsライセンスをCCSP契約(認定クラウドプロバイダ契約)にて提供します。

注釈

OSライセンスは本メニューに含まれますが、SAPアプリケーションのライセンスはお客さま持ち込みとなります。


RHEL for SAP Applicationsを利用できるサーバー/専用ハイパーバイザーについて

RHEL for SAP Applicationsのご利用は、仮想サーバー上でのオフィシャルイメージテンプレートの使用のみとなります。
それぞれのサーバー/専用ハイパーバイザーでRHEL for SAP Applicationsを利用するための方法は以下の通りです。
OS 利用形態 サーバー/専用ハイパーバイザー      
  ベアメタルサーバー 仮想サーバー vSphere ESXi Hyper-V
オフィシャルイメージテンプレート N Y N※ N
お客さま持ち込み(プライベートイメージ) N N N N
※専用ハイパーバイザーのvSphere ESXi上の仮想マシンで、SAPサポーテッドなRHEL環境をご利用になる場合は、Red Hat Enterprise Linuxオフィシャルイメージテンプレートをご使用ください。

メニューの特長

  • オンデマンド
    お客さまは、カスタマーポータルもしくはAPI経由で、仮想サーバー上にRHEL for SAP Applicationsをお申込みいただくことが可能です。
  • サポート
    不具合等トラブルのサポート、およびOSベンダが提供するソフトウェアのバグ修正やセキュリティパッチ等をご使用いただくことが可能です。

利用できる機能

オフィシャルイメージテンプレート

  • RHEL for SAP Applicationsで提供されるオフィシャルイメージテンプレートは以下の通りです。
OSバージョン 言語 サーバー/専用ハイパーバイザー      
    ベアメタルサーバー 仮想サーバー vSphere ESXi Hyper-V
Red Hat Enterprise Linux 7.1 for SAP Applications EN N Y N N

提供リポジトリ

  • 本メニューでは、独自のリポジトリサーバーにて提供します。
  • Red Hat社が提供するソフトウェア保守(バグ修正やセキュリティパッチ)をyum(Linux系ディストリビューションのパッケージ管理システム)を通じて、提供します。yumの実行はお客さまご自身で実施する必要があります。
  • RHEL ver7.xを提供する上で必要となるレポジトリは以下の6つとします
    1. チャネルは、CCSPライセンス範囲内でRed Hat社から提供可能なパッケージである「Base」「Optional」「RH Common」、ならびにSAP Applications用のカスタムチャネルのみを対象とします
    2. タイプは「RPM」「Debug」のみを対象とします

【提供リポジトリとカスタムチャネルで提供されるPKG】

リポジトリ名 カスタムチャネルで提供されるPKG
Red Hat Enterprise Linux 7 Server from RHUI (RPMs) (7Server-x86_64)  
Red Hat Enterprise Linux 7 Server from RHUI (Debug RPMs) (7Server-x86_64)  
Red Hat Enterprise Linux 7 Server - Optional from RHUI (RPMs) (7Server-x86_64)  
Red Hat Enterprise Linux 7 Server - Optional from RHUI (Debug RPMs) (7Server-x86_64)  
Red Hat Enterprise Linux 7 Server - RH Common from RHUI (RPMs) (7Server-x86_64)  
Red Hat Enterprise Linux 7 Server from RHUI (Debug RPMs) (7Server-x86_64)  
RHEL for SAP Applications (for RHEL 7 Server) from RHUI (RPMs) compat-locales-sap, compat-locales-sap-common, compat-sap-c++-5, sapconf, tuned-profiles-sap, vm-dump-metrics, vm-dump-metrics-devel

機能一覧

  • RHEL for SAP Applications オフィシャルイメージテンプレートとして提供する機能は以下の通りです。
機能名 概要
初期ユーザー名 OSのユーザー名は本メニューの既定値で設定します
初期ユーザー名 パスワード設定 OSのユーザー名での初回ログイン時のパスワードは、本メニューの規定値で設定します
ロケール設定 OSのTimezone/Language/Character code/Locale/Keyboardについて本メニューの既定値で設定します
セキュリティ設定 OSのセキュリティ設定(iptables/SELinux)は本メニューの規定値で設定します
SSH設定 OSのsshd confの設定は、本メニューの規定値で設定します
専用ツール設定 仮想サーバーで動作するためのツールを設定します
その他設定 OSの初期状態、追加PKG、リポジトリ、Ipv6、NTPサーバー、DNSサーバー、デフォルトゲートウェイについてそれぞれ設定します

OSのインストールや削除、リビルド、複製等の機能は、仮想サーバーのサービス説明書「機能一覧」に記載されていますので、そちらを参照してください。
RHEL for SAP Applications自体が提供する機能や情報はWebサイトを参照してください。https://www.redhat.com/ja/resources/red-hat-enterprise-linux-sap

各機能の説明

初期ユーザー名設定

  • 初期ユーザ名、および初期ユーザの権限として以下を設定しています。
項目 仮想サーバー
ユーザー名 root
権限 root

初期ユーザー名 パスワード設定

  •  作成するサーバーのパスワードは以下の通り設定することができます。
項目 仮想サーバー
設定内容
初回ログイン時のパスワードは以下となります
root ※
※ SSH接続でログインする場合には、カスタマーポータル経由でログインを実施し、sshd_confの設定を変更していただく必要があります。

ロケール設定

  •  時刻設定、ロケールの設定、またキーボード配列の設定は以下の通りです。
項目 仮想サーバー
時刻設定 UTC(統一)
ロケールの設定 en_US.UTF-8
キーボード配列 英語キー配列(101/104)

セキュリティ設定

  • Iptables、SELinuxの設定は以下の通りです。
項目 仮想サーバー
IPtable 設定なし
SELinux disable

SSH設定

  •  サーバーのsshd confの設定は以下の通りです。
項目 仮想サーバー
Port 22
Protocol 2
Password Authentication N
Public key Authentication Y
HostbasedAuthentication N
  • お客さまは、サーバーを作成される場合、SSHキーペアの作成と、既にお使いのSSHキーペアを利用することができます。1テナント毎の上限は120キーペアとなります。
  • キーペアの作成、削除、登録は以下の通りです。
項目 方法
キーペアの作成
カスタマーポータル/API
  • Keyname (String)
  • SSH public key generated by RSA or DSA.
キーペアの削除
カスタマーポータル/API
  • Keyname (String)
キーペアの登録
カスタマーポータル/API
  • Keyname (String)

専用ツール設定

  •  仮想サーバーにおける専用ツールの設定は以下の通りです。
項目 仮想サーバー
ツール Cloud-init

その他設定

  • OSのインストール状態、また初期設定は以下の通りです。
項目(大) 項目(小) 仮想サーバー
初期状態 OS基本部分 minimalインストール
  追加ソフトウェア
  • acpid
  • chrony
  • Cloud-init
  • vm-dump-metrics
  • RHELライセンス証明書(RHUIクライアント証明書)
初期設定 リポジトリサーバー 本メニューではRHUI(CDS)サーバーのFQDNが指定されます
  MTU
1450
rc.localにより設定されます
  IPv6 enable
  デフォルトゲートウェイ
ロジカルネットワークで指定した値が投入されます
空欄の場合、値は設定されません
  DNS
ロジカルネットワークで指定した値が投入されます
空欄の場合、値は設定されません
  Hosts 本メニューでは”/etc/hosts”にリポジトリサーバーの名前解決に関する設定情報が指定されます
  NTP
ロジカルネットワークで指定した値が投入されます
空欄の場合、169.254.127.1が設定されます
  初期ログインメッセージ “/etc/motd”を編集し、初期ログインメッセージを標準設定から変更しています

メニュー

オフィシャルイメージテンプレート(再掲)

RHEL for SAP Applications で提供されるオフィシャルイメージテンプレートは以下の通りです。
OSバージョン 言語 サーバー/専用ハイパーバイザー      
    ベアメタルサーバー 仮想サーバー vSphere ESXi Hyper-V
Red Hat Enterprise Linux 7.1 for SAP Applications EN N Y N N

申し込み方法

仮想サーバー

  • 新規申し込み方法
    サーバー作成時に、以下のイメージを指定してください。
品目 仮想サーバー
Red Hat Enterprise Linux 7.1 for SAP Applications RedHatEnterpriseLinux-7.1_forSAPApplications_64_include-license_virtual-server_01

  • 廃止申し込み方法
    RHELオフィシャルイメージテンプレートで作成した仮想サーバーを削除してください。

ご利用条件

他メニューとの組み合わせ条件

  • 仮想サーバーとセットでお申し込みいただく必要があります。
  • OSライセンス認証を実施するためには共通機能ゲートウェイが必要となります。RHEL for SAP Applicationsをご利用される場合は、必ずお申し込みください。
  • また、RHEL for SAP ApplicationsのOSライセンス認証がされている状態で、共通機能ゲートウェイを外された場合は、レポジトリサーバーがご利用頂けなくなります。

最低利用期間

  • 本サービスでは最低利用期間は設けておりません。

料金

初期費用

無料です。

月額料金

仮想サーバー

  • 課金形態
    月額上限付き従量課金(/分)となります。
    当月中にフレーバー変更を実施した場合、月額上限料金は最大vCPU数の上限金額が適用されます。
  • 課金対象
    OSライセンスが格納されているルートディスク、およびボリュームがアタッチされたインスタンスとなります。
本メニューのオフィシャルイメージテンプレートのOSが格納されたボリュームが、1つのインスタンスに複数アタッチされている場合、ボリュームの数に応じて本メニューの料金が加算されます。
ボリュームがアタッチされているインスタンスのフレーバーにより、本メニューの料金は異なります。
インスタンスとボリュームの関係性、および仮想サーバーのインスタンスのフレーバーについては、仮想サーバーのサービス説明書をご参照ください。

品質

サポート範囲

サポートされるオフィシャルイメージテンプレート

以下のオフィシャルイメージテンプレートから作成された仮想サーバーが対象となります。

品目 仮想サーバー
Red Hat Enterprise Linux 7.1 for SAP Applications RedHatEnterpriseLinux-7.1_forSAPApplications_64_include-license_virtual-server_01

メジャーバージョンのサポート

OSバージョン リリース開始 サポート完了
7.1 2015/3/5 2024/6/30

サポートされるリポジトリ

本章記載の提供リポジトリをご確認ください。


サポート方法

  • 初期設定、サーバーへの初回ログイン、およびOSライセンス認証についてサポートいたします。
  • お客さまが使用するライセンス製品に関連して、お客さまが直面したインストール、セットアップ、基本的な機能に関する不具合などへの対処方法について、お客さまからの依頼に対して、当社はサポート(調査、支援、アドバイス)を行いません。
  • OSライセンスを利⽤すると、お客さまはRed Hat Enterprise Linux for SAP Applications のソフトウェア サブスクリプションの「ソフトウェア アクセス」「ソフトウェア保守」の機能を利⽤することができます。それらの機能を利⽤するための⼿段・アクセス⽅法については、当社からの指定に従ってください。

注釈

SAPアプリケーションについては、お客様にてSAP社窓口へお問い合わせください。


運用品質

本メニューの運用品質は、本サービスに標準で定められた運用品質に準じます。

SLA

本メニューのSLAは、本サービスに標準で定められたSLAに準じます。

提供データセンター

  • 提供可能なデータセンターは以下の通りです。
リージョン Red Hat Enterprise Linux for SAP Applications
  仮想サーバー
JP1
JP2
JP4 x
JP5 x
US1
UK1
DE1 x
SG1
HK1
AU1 x

制約事項

  • 本メニュー以外で、RHUI(CDS)サーバーを利用することを禁じます。
  • ベアメタルサーバー、仮想サーバー間でのOSイメージの受け渡しは禁じます
  • Red Hat社のサポート期限が切れたOSバージョンについてはサポートを行いません。またサポート期間の延長も行いません。
  • Red Hat社からのサポート終了案内があった場合、もしくはサーバー側のサポート終了があった場合は、事前にお客さまへ別途サポート終了のご案内をします。
  • 書⾯またはその他の⼿段で、アクティベーションキー、サブスクリプション番号などのインストールに必要な情報を、お客様に直接開⽰することはできません。
  • 提供時点における/etc/hosts内の設定情報は、弊社からの指定がない限り変更しないでください。
  • vm-dump-metricsをアンインストールしないでください。SAP社サポート対象外となります。
  • RHEL High Availability Add-Onを用いたRHELクラスターには対応していません。
  • SAPアプリケーションのライセンス/ソフトウェアはお客さまにてご用意いただきます。