VMware ESXi for BYOL

メニューの概要

メニューの概要

VMware ESXi for BYOLについて

  • 本メニューは、ベアメタルサーバー上で、VMware ESXi を評価モード状態で提供いたします。
  • ※ISOイメージを元にして、インストール作業を完了した状態で提供致します。
  • 本メニューは、お客さま自身で所有しているライセンス(以下、BYOL)を用いてVMware ESXiをご利用いただけます。


VMware ESXi for BYOL オフィシャルイメージテンプレートを利用できるサーバー/専用ハイパーバイザーについて

  • 本メニューはベアメタルサーバーを利用いただく場合のみお申込み、ご利用いただけます。

提供構成パターン

  • ベアメタルサーバーのみご利用可能です

メニューの特長

  • オンデマンド
    1. サーバーのキャパシティマネジメントにおける、オペレーションコストを削減されたいお客さま
    2. コンピューティングリソースの予測できない高負荷に対応するための、余剰サーバー設備を削減されたいお客さま
  • 独立した仮想化環境
    1. アプリケーション/セキュリティ要件などにより、お客様専用の仮想環境を必要とされるお客様
    2. お客さまが、既に保有するVMware社のライセンスを活用し、オンプレミス相当のプライベートクラウドを構築されたいお客さま

利用できる機能

オフィシャルイメージテンプレート

  • VMware ESXi for BYOLで提供されるオフィシャルイメージテンプレートのバージョン等の情報は以下の通りです。
OSバージョン License type [1] Availability period 言語
VMware ESXi 5.5 update3a 評価モード 60日間 US Default
VMware ESXi 6.0 update2 評価モード 60日間 US Default
VMware ESXi 6.5 update1 評価モード 60日間 US Default
VMware ESXi 6.7 update3 評価モード 60日間 US Default
[1]
評価モードはお申し込みから60日で無償モードに自動ダウングレードされます。
無償モードの詳細は以下URLをご参照ください。
  • 詳細なESXi Build Numberはご利用のベアメタルサーバー フレーバーによって異なります。
ベアメタルサーバー
フレーバー情報
VMware ESXi 5.5 update3a VMware ESXi 6.0 update2 VMware ESXi 6.5 update1 VMware ESXi 6.7 update3
General Purpose 1 v1 3116895 3620759 6765664 14320388
General Purpose 2 v1 3116895 3620759 6765664 14320388
General Purpose 3 v1 3116895 3620759 6765664 14320388
Workload Optimized 1 v1 3116895 3620759 6765664 14320388
Workload Optimized 2 v1 N/A N/A N/A N/A
General Purpose 1 v2 N/A 3620759 5969303 14320388
General Purpose 2 v2 N/A 3620759 5969303 14320388
General Purpose 3 v2 N/A 3620759 5969303 14320388
Workload Optimized 1 v2 N/A 3620759 5969303 N/A
Workload Optimized 2 v2 N/A N/A N/A N/A

提供機能一覧

  • VMware ESXi for BYOLのオフィシャルイメージテンプレートとして提供する機能は以下の通りです。 [2]
機能名 概要
初期ユーザー名設定 初期ユーザー名は本メニュー規定値で提供いたします。
初期ユーザーパスワード設定 初回ログインパスワードを設定いたします。
キーボード配列設定 本メニュー規定値で設定いたします。
SSH設定 本メニュー規定値で設定いたします。
ネットワーク設定 本メニュー規定値で設定いたします。
その他設定 初期vibファイルおよびIPv6,NTP,DNSについて本メニュー規定値で設定いたします。
[2]
VMware ESXi 自体が提供する機能や情報については、Webサイトを参照してください。

各機能の説明

初期ユーザー名

  • 初期ユーザー名、および初期ユーザーの権限として以下を設定しています。
項目 設定内容
ユーザー名 root
権限 Admin

初期ユーザー パスワード設定

  • パスワードは以下の通り設定することができます。
項目 設定内容
設定内容 カスタマーポータルおよびAPIにてお客さまの任意の値を設定できます。また、入力がない場合はランダムで値を付与します。

キーボード配列設定

  • キーボード配列の設定は以下の通りです。
項目 設定内容
キーボード配列 English (US)

SSH設定

  • ssh設定は以下の通りです。
項目 設定内容
SSH Service (TSM SSH Service) Stopped
Port 22
Protocol 2
Password Authentication N
keyboard-interactive認証 Y
Public key Authentication N
  • VMware ESXi はお客さまがカスタマーポータル/APIでのSSHキーペア登録機能を使用することは出来ません。

ネットワーク設定

  • 作成時にお客さまが指定したネットワーク設定値を元に以下設定値で提供されます。
Logical Network IP アドレス / サブネット デフォルトゲートウェイ セグメント種別 [3] セグメントID [3] VMkernel Interface名
Logical Network 1
お客さま
指定値
お客さま
指定値
vlan 3
vmk0 - vmk3
のいずれかで設定されます
Logical Network 2
お客さま
指定値
お客さま
指定値
vlan 3
vmk0 - vmk3
のいずれかで設定されます
Logical Network 3
お客さま
指定値
お客さま
指定値
vlan 3
vmk0 - vmk3
のいずれかで設定されます
Logical Network 4
お客さま
指定値
お客さま
指定値
vlan 3
vmk0 - vmk3
のいずれかで設定されます
[3](1, 2)
カスタマーポータルでの申し込みの場合には、セグメント種別はvlan、セグメントIDは3が設定されます。
セグメントIDについては、サーバー作成完了後にお客様ご自身で任意のIDへ変更できます。 なお、APIでのサーバーの作成を行う場合、セグメントIDのご指定が可能です。


  • 上記で作成するVMkernel Interfaceは以下の設定値で提供されます。
VMkernel Interface 名
VMkernel Port
ネットワークラベル
vMotion Fault Tolerance Logging Management 仮想スイッチ名
vmk0 User Network 0 Disable Disable Enable 指定したロジカルネットワークが所属するPlaneの仮想スイッチへ設定します
vmk1 User Network 1 Disable Disable Enable 指定したロジカルネットワークが所属するPlaneの仮想スイッチへ設定します
vmk2 User Network 2 Disable Disable Enable 指定したロジカルネットワークが所属するPlaneの仮想スイッチへ設定します
vmk3 User Network 3 Disable Disable Enable 指定したロジカルネットワークが所属するPlaneの仮想スイッチへ設定します

  • 上記で作成するVMkernel Interfaceのフェイルオーバー設定は以下となります。
VMkernel Interface 名 NICチーミングポリシー フェイルオーバー順序
vmk0 仮想スイッチのポリシーと同一 各仮想スイッチに所属する物理NICにおいてActive/Unusedで設定します
vmk1 仮想スイッチのポリシーと同一 各仮想スイッチに所属する物理NICにおいてActive/Unusedで設定します
vmk2 仮想スイッチのポリシーと同一 各仮想スイッチに所属する物理NICにおいてActive/Unusedで設定します
vmk3 仮想スイッチのポリシーと同一 各仮想スイッチに所属する物理NICにおいてActiveUnusedで設定します

警告

上記フェイルオーバー順序は仮想スイッチ設定を利用していません。 各VMkernel Interfaceにて設定しています。


  • 仮想スイッチ設定は以下の構成でvSphere Standard Switchに設定された形で提供されます。
仮想スイッチ名 NICチーミングポリシー        
  ロードバランシング フェイルオーバー検出 スイッチへの通知 フェイルバック フェイルオーバー順序
Data Plane vSwitch 発信元の仮想ポートIDに基づいたルート リンク状態のみ はい はい
Active:vmnic0
Active:vmnic3
Storage Plane vSwitch 発信元の仮想ポートIDに基づいたルート リンク状態のみ はい はい
Active:vmnic1
Active:vmnic2

注釈

  • 物理NICとNICPhysicalPortとの関係はベアメタルサーバーメニューのサービス説明書にてご確認ください

その他設定

  • OSイメージの詳細、及び上記以外の初期設定は以下の通りです。
項目 設定内容
vibイメージ VMware社提供バイナリと同一イメージ
追加vibイメージ なし
IPv6 enable
DNS 設定されません。提供後、お客さまご自身にてOSへ直接設定ください
NTP 169.254.127.1 (共通機能ゲートウェイ NTPサーバ)
スタティックルート 各subnet resource設定値の情報は反映しません。提供後、お客さまご自身にてOSへ直接設定ください
ポストインストールアクション 実行されません

メニュー

オフィシャルイメージテンプレート(再掲)

  • VMware ESXi for BYOLで提供されるオフィシャルイメージテンプレートのバージョン等の情報は以下の通りです。
OSバージョン License type Availability period 言語
VMware ESXi 5.5 update3a 評価モード 60日間 US Default
VMware ESXi 6.0 update2 評価モード 60日間 US Default
VMware ESXi 6.5 update1 評価モード 60日間 US Default
VMware ESXi 6.7 update3 評価モード 60日間 US Default
  • 詳細なESXi Build Numberはご利用のベアメタルサーバー フレーバーによって異なります。
ベアメタルサーバー
フレーバー情報
VMware ESXi 5.5 update3a VMware ESXi 6.0 update2 VMware ESXi 6.5 update1 VMware ESXi 6.7 update3
General Purpose 1 v1 3116895 3620759 6765664 14320388
General Purpose 2 v1 3116895 3620759 6765664 14320388
General Purpose 3 v1 3116895 3620759 6765664 14320388
Workload Optimized 1 v1 3116895 3620759 6765664 14320388
Workload Optimized 2 v1 N/A N/A N/A N/A
General Purpose 1 v2 N/A 3620759 5969303 14320388
General Purpose 2 v2 N/A 3620759 5969303 14320388
General Purpose 3 v2 N/A 3620759 5969303 14320388
Workload Optimized 1 v2 N/A 3620759 5969303 N/A
Workload Optimized 2 v2 N/A N/A N/A N/A

 申し込み方法

  • 新規申し込み方法
    サーバー作成時に、以下のイメージテンプレートを指定してください。
サーバー
ベアメタルサーバー
ESXi-5.5.u3a_64_BYOL_baremetal-server_01
ESXi-6.0.u2_64_BYOL_baremetal-server_01
ESXi-6.5.u1_64_BYOL_baremetal-server_01
ESXi-6.7.u3_64_BYOL_baremetal-server_01

  • 廃止申し込み方法
    VMware ESXi for BYOL オフィシャルイメージテンプレートで作成したベアメタルサーバーを削除してください。

ご利用条件

他メニューとの組み合わせ条件

  • ベアメタルサーバーとセットでお申し込みいただく必要があります。
  • 本サービスで提供するNTPサーバーをご利用になる場合は、共通機能ゲートウェイが必要となります。ご利用されたい場合は、お申し込みください。

最低利用期間

  • 本メニューでは最低利用期間は設けておりません。

料金

初期費用

  • 無料

月額費用

  • 無料
    ※同時にお申し込みされたベアメタルサーバーの費用は発生します。

提供品質

サポート範囲

サポートされるオフィシャルイメージテンプレート

  • 以下のオフィシャルイメージテンプレートから作成されたベアメタルサーバーが対象となります。
サーバー
ベアメタルサーバー
ESXi-5.5.u3a_64_BYOL_baremetal-server_01
ESXi-6.0.u2_64_BYOL_baremetal-server_01
ESXi-6.5.u1_64_BYOL_baremetal-server_01
ESXi-6.7.u3_64_BYOL_baremetal-server_01

サポート方法

  • VMware ESXi for BYOLは、お客さまライセンスの持ち込まれることを前提としております。
  • 本ソフトウェアは提供時に評価モードで提供されます。 お客さまご自身にてライセンスとともに保守サービスを購入ください。
  • また、本メニューのサポート範囲については、OSのサービス説明書をご確認ください。

運用

監視範囲について

  • 本メニューの運用品質は、本サービスに標準で定められた運用品質に準じます。詳細については、以下のページを参照ください。

SLA

  • 本メニューのSLAは、本サービスに標準で定められたSLAに準じます。

制約事項

  • 本メニューから、専用ハイパーバイザー vSphereメニューへの切り替えはできません。(vCloud Air Network programに基づくライセンスへの切り替えはできません。)
  • 評価モードの有効期限が切れた場合、お客さまご自身にて、VMware社並びにリセラーを通じたライセンス契約の実施が必要です。