改訂履歴

日付 版数 変更点
2020/05/11 3.9.1 CentOSのドキュメント修正
2020/04/30 3.9.0 ベアメタルサーバーのCoreOSの新規販売停止
2020/04/08 3.8.0 専用ハイパーバイザーのゲストイメージでWindows Server 2019を提供
2020/03/16 3.7.3 VMware ESXi 6.7 for BYOLの追加
2020/01/08 3.7.2 提供拠点からAU1を削除
2019/11/27 3.7.1 Windows serverに内のWindows Server 2016バックアップ制約事項の削除
2019/11/13 3.7.0 VMware ESXi for BYOLの誤記修正
2019/10/17 3.6.9 専用ハイパーバイザーのゲストイメージでRed Hat Enterprise Linux 7.5を提供
2019/10/01 3.6.8 提供拠点にFR1を追加
2019/08/08 3.6.7 仮想サーバーのWindows Serverにおける制約事項にフェールオーバークラスターに関する記載を追加
2019/08/01 3.6.6 仮想サーバーのCentOS 7.5におけるサポート内容の修正
2019/07/31 3.6.5 仮想サーバーのWindows Server 2016、CentOS 7.5、Red Hat Enterprise Linux 7.5、Ubuntu18.04の提供リージョンにJP1を追加
2019/06/22 3.6.4 CentOS7.5提供に関連する誤記修正
2019/06/12 3.6.3 Windows Server 2016のバックアップサービス対応状況を更新
2019/03/25 3.6.2 仮想サーバー上でRed Hat Enterprise Linux 7.5を提供開始
2019/03/25 3.6.1 Red Hat Enterprise Linux 7.5提供サービス誤記修正
2019/02/18 3.6.0 ベアメタルサーバー上でCentOS 7.5-1804、Red Hat Enterprise Linux 7.5、ベアメタルサーバー、仮想サーバー上でUbuntu18.04を提供開始
2019/01/28 3.5.2 VS Red Hat Enterprise Linuxの提供リージョンにDE1(GroupD)を追加
2019/01/22 3.5.1 VS Windows Server 2016の提供リージョンにDE1(GroupD)を追加
2018/12/03 3.5.0 Red Hat Enterprise Linuxテンプレートの仮想サーバー、vSphere ESXiの提供フレーバー修正
2018/10/03 3.4.1 VS Windows Server 2016のHK1(GroupA)拠点を追加
2018/09/05 3.4.0 Red Hat Enterprise Linux 提供グループ項目の追加
2018/07/31 3.3.1 Red Hat Enterprise Linux 提供データセンターJP4追加
2018/07/19 3.3.0 Windows Server 2012 R2 オフィシャルイメージテンプレート(仮想サーバー)更改(VirtIO DriverをUpdate)
2018/07/04 3.2.1 VS Windows Server 2016のUS1、SG1(GroupB)拠点を追加
2018/06/18 3.2.0 各メニューをJP5にて提供開始
2018/06/13 3.1.3 仮想サーバーのWindows Server 2016の提供拠点にUK1を追加
2018/06/07 3.1.2 仮想サーバーのWindows Server 2016の提供拠点にDE1を追加
2018/04/27 3.1.1 Red Hat Enterprise Linux RHUI変更手順リンク追加
2018/04/19 3.1.0 仮想サーバーのWindows Server 2016をJP2で提供開始
2018/04/13 3.0.9 VMware ESXi 6.5提供に伴い項目追加
2018/04/05 3.0.8 Red Hat Enterprise Linux誤記修正
2018/03/30 3.0.7 Windows Server・Windows Server BYOL表記修正
2018/03/08 3.0.6 Red Hat Enterprise Linux提供リポジトリ項目追加
2018/03/06 3.0.5 仮想サーバーのCentOSバージョン修正
2018/02/26 3.0.4 仮想サーバーのWindows Server 2016提供時期を変更
2018/01/15 3.0.3
  • Red Hat Enterprise Linuxお客さま持ち込みイメージ利用可否変更及び、セキュリティ設定項目にvSphere ESXiを追加
  • Red Hat Enterprise Linux サポート方法、一部誤記修正
2017/10/11 3.0.2 Red Hat Enterprise Linux構成提供パターンイメージ図の誤記修正
2017/10/04 3.0.1 Windows Serverの専用ツール設定を追記、誤記を修正
2017/08/03 3.0.0 ベアメタルサーバー、専用ハイパーバイザーのゲストイメージでWindows Server 2016を提供
2017/07/03 2.7.1 仮想サーバー上へのRed Hat Enterprise Linux BYOL対応を追記(RHEL6のみ)
2017/04/04 2.7.0 仮想サーバー上、vSphere ESXiの仮想マシンイメージとしてRed Hat Enterprise Linux7.3、仮想サーバ上でのUbuntu 16.04を提供
2017/03/29 2.6.1 Red Hat Enterprise Linux 誤記修正
2017/03/01 2.6.0
  • ベアメタルサーバーのRed Hat Enterprise Linux7.3、CentOS 7.3、Ubuntu 16.04、VMware ESXi 6.0 for BYOLを提供
  • 仮想サーバーのCentOS 7.3を提供
2017/02/02 2.5.0 Red Hat Enterprise Linux for SAP Applicationsの仮想サーバー対応拠点、ならびにMTUに関する追記
2017/01/05 2.4.1 Red Hat Enterprise Linux オフィシャルイメージテンプレート(仮想サーバー)更改(MTUを1450から1500に変更、kdump実行に関する設定を追加)
2016/12/02 2.4.0
  • Red Hat Enterprise Linux for SAP Applicationsの提供
  • Windows Server オフィシャルイメージテンプレート(仮想サーバー)更改(Port 3398,5985をenableに変更、VirtIO Driverを0.1.126にUpdate)
2016/11/01 2.3.0 専用ハイパーバイザー(vSphere)提供、Red Hat Enterprise Linux の仮想サーバー対応拠点追加に伴う追記
2016/10/06 2.2.0 Red Hat Enterprise Linux の仮想サーバー対応拠点を追記
2016/09/15 2.1.0 Red Hat Enterprise Linux の仮想サーバー対応拠点を追記
2016/07/27 2.0.0 専用ハイパーバイザー、ライセンススイッチ機能提供に伴う追記
2016/06/30 1.1.0 Red Hat Enterprise Linux の仮想サーバー対応を追記
2016/05/31 1.0.1 Linux EDACの設定内容に関する追記(CentOS/Red Hat Enterprise Linux / Ubuntu)
2016/02/01 1.0.0 初版作成