システムテスト

ここでは、構築したシステム全体の確認として以下を実施します。

  1. クライアントPCからインターネット経由でWebサーバーへのhttp、httpsアクセス
  2. クライアントPCからVPN経由でWebサーバーへのhttp、httpsアクセス
  3. ロードバランサ―の負荷分散処理確認

1. テスト準備

仮想サーバーWeb-1へコンソールログインし、以下のテストページを準備します。

「マイ コンピュータ」→「ローカル ディスク(C)」→「Inetpub」で「wwwroot」フォルダをクリックします。

../../_images/modelB_opwin-test1.png

「IIsstart」を右クリックし、「プログラムから開く」→メモ帳を選択します。

内容を「test1」に書き換え上書き保存し、ファイルを閉じます。


次に、仮想サーバーWeb-2へコンソールログインし、以下のテストページを準備します。

「マイ コンピュータ」→「ローカル ディスク(C)」→「Inetpub」で「wwwroot」フォルダをクリックします。

../../_images/modelB_opwin-test1.png

「IIsstart」を右クリックし、「プログラムから開く」→メモ帳を選択します。

内容を「test2」に書き換え上書き保存し、ファイルを閉じます。


2. インターネット経由でのアクセス確認

本項では図中の赤線部分間で疎通確認をします。

../../_images/modelB_system-test-1.png

2.1. インターネット経由でのHTTPアクセス確認

インターネット側のクライアントPCのブラウザから、各自に払い出されたGIPにアクセスします

http://***.***.***.***


下記の画面のどちらかがが表示されることを確認します。

../../_images/modelB_op-test1.png ../../_images/modelB_op-test2.png

2.2. インターネット経由でのHTTPSアクセス確認

インターネット側のクライアントPCのブラウザから、下記のアドレスにアクセスを実施します。

https://153.153.149.232


下記の画面のどちらかがが表示されることを確認します。

../../_images/modelB_op-test1.png ../../_images/modelB_op-test2.png

3. VPN経由でのアクセス確認

本項では図中の赤線部分間で疎通確認をします。

../../_images/modelB_system-test-2.png

3.1. VPN経由でのHTTPアクセス確認

VPN側のクライアントPCのブラウザから、下記のアドレスにアクセスを実施します。

http://153.153.149.232


下記の画面のどちらかがが表示されることを確認します。

../../_images/modelB_op-test1.png ../../_images/modelB_op-test2.png

3.2. VPN経由でのHTTPSアクセス確認

VPN側のクライアントPCのブラウザから、下記のアドレスにアクセスを実施します。

https://153.153.149.232


下記の画面のどちらかがが表示されることを確認します。

../../_images/modelB_op-test1.png ../../_images/modelB_op-test2.png

4. 負荷分散処理確認

本項では図中の赤線部分間で動作確認をします。

../../_images/modelB_system-test-3.png

4.1. インターネット経由でのHTTPアクセス確認

インターネット側のクライアントPCのブラウザから、各自に払い出されたグローバルIPにアクセス(F5キーを数回クリック)を実施します。

http://***.***.***.***


下記ページが交互に表示されることを確認します。

../../_images/modelB_op-test1.png ../../_images/modelB_op-test2.png

4.2. インターネット経由でのHTTPSアクセス確認

インターネット側のクライアントPCのブラウザから、下記のアドレスにアクセス(F5キーを数回クリック)を実施します。

https://153.153.149.232


下記ページが交互に表示されることを確認します。

../../_images/modelB_op-test1.png ../../_images/modelB_op-test2.png