ロードバランサ―のモニタリング

ここではロードバランサ―へログインし、GUIから状態確認方法を紹介します。


クラウドコンピューティングのコントロールパネルから、「仮想サーバー」→「インスタンス」を選択します。

対象サーバーの「アクション」からコンソールを選択します。

../../_images/modelB_LB-monitor-login1.png

仮想サーバーのブラウザURL欄にCitrixのIPアドレス(https://192.168.4.20)を入力してロードバランサ―にログインします。

ログインすると下記の画面が表示されます。

../../_images/modelB_LB-monitor-login2.png

ここでは、以下の項目の状態確認ができます。

各状態確認の詳細な方法は以下チュートリアルを確認してください。

URL 説明
システム状態確認 CPU/メモリ使用率、スループット、HTTPリクエストが確認できます。
インタフェース状態確認 MACアドレスや、Uptime、Up/Downの状態などの確認ができます。
VRRP状態確認 自身のVRRPの状態を確認することができます。
Virtual Server状態確認 設定されているVirtual ServerのUp/Down状態、設定内容のサマリ、ヘルスチェックの状態などが確認できます。
Service Group 状態確認 設定されているService GroupのUp/Down状態、設定内容のサマリなどが確認できます。
Service 状態確認 設定されているService のUp/Down状態、設定内容のサマリなどが確認できます。
コネクションテーブル確認 ロードバランサーで管理しているコネクションテーブルを表示します。
TCPコネクションの詳細確認 ロードバランサーに来ているコネクションの詳細を確認できます。
証明書の確認 ロードバランサにインストールされた証明書を確認できます。
ログの確認 システムログを確認できます。