インターネットゲートウェイ構築手順

インターネットゲートウェイとは、インターネットからアクセスできるようにするために必要なものです。

ここではインターネットゲートウェイの作成及びグローバルIPアドレスの取得を行います。

本項では図中の赤枠部分を構築していきます。

../../_images/modelA1_intgw.png

図に使用される表記の凡例は 凡例一覧 を参照してください。


1. インターネットゲートウェイの構築

コントロールパネルから、「ネットワーク」→「インターネット接続」へ進み、「インターネットゲートウェイの作成」をクリックします。

../../_images/modelA1_int_top.png

入力が必要な項目は下記の通りです。

../../_images/modelA1_int_gw1.png
インターネットゲートウェイパラメータ説明
項番 項目名 入力形式 入力値 注意事項
1-1 名前 手動 InternetGW 英数字のみ入力が可能です。
1-2 インターネットサービス 選択 Internet-Service-01 「Internet-Service-01」はデフォルトとなります。
1-3 QoSオプション 選択 10Mbps-BestEffort “帯域” -“タイプ” の命名規則で表示されます。

これらを入力して「インターネットゲートウェイの作成」をクリックします。


2. グローバルIPアドレスの取得

インターネット経由で仮想サーバーにアクセスするために、グローバルIPアドレスを取得します。

インターネットゲートウェイの画面にて、作成した「InternetGW」をクリックします。

../../_images/modelA1_int_gl1.png

「インターネットゲートウェイの詳細」ページで、「グローバルIP」のタブを選択し、「グローバルIPの追加」をクリックします。

../../_images/modelA1_int_gl2.png

入力が必要な項目は下記の通りです。

../../_images/modelA1_int_gl3.png
グローバルIPパラメータ説明
項番 項目名 入力形式 入力値 注意事項
2-1 名前 手動 GlobalIP 英数字のみ入力が可能です。
2-2 グローバルIPネットマスク 選択 29 必要なグローバルIPの個数に応じて、/28から/32の間で設定可能です。(※JP1リージョンの場合は、/26から/32の間で設定可能です)

これらを入力して「グローバルIPの追加」をクリックします。


グローバルIPの取得が完了すると、下記のように取得したグローバルIPアドレスが表示されます。

../../_images/modelA1_int_gl4.png

注釈

このクイックスタートガイドでは、ここで取得したグローバルIPの情報(xxx.xxx.xxx.xxx/xx)を元に以降の説明を実施します。


3. ロジカルネットワークの作成

ロジカルネットワークとはインターネットゲートウェイやファイアウォール、仮想サーバーなどの各種リソースを互いに接続するために必要なものとなります。

これにより各種リソース同士のL2接続を確立でき、自由なテナント内ネットワーク設計を実現することができます。

Enterprise Clund2.0上では、各種リソース作成にあたり、リソースが所属するロジカルネットワークを作成時に決定する必要がある為、事前にロジカルネットワークを作成する必要があります。

コントロールパネルから、「ネットワーク」→「ロジカルネットワーク」へ進み、「ロジカルネットワークの作成」タブをクリックします。

../../_images/modelA1_logicalnw_new.png

3.1. ロジカルネットワーク

入力が必要な項目は下記の通りです。

../../_images/modelA1_logicalnw_sv1.png
ロジカルネットワークパラメータ説明
項番 項目名 入力形式 入力値 注意事項
1-1 ロジカルネットワーク名 手動 INTGW-SV 英数字のみ入力が可能です。
1-2 プレーン 選択 データ用 ベアメタルサーバーとストレージを接続する時を除いてデータ用を選択する必要があります。
1-3 管理状態 選択 UP Downを選択した場合、ロジカルネットワークは通信することができません。

これらを入力して「次へ」をクリックします。

ロジカルネットワークの設定項目を入力後は、そのロジカルネットワークで割り当てるIPアドレス情報(サブネット)を入力します。


3.2. サブネット

入力が必要な項目は下記の通りです。

../../_images/modelA1_logicalnw_sv2.png
サブネットパラメータ説明
項番 項目名 入力形式 入力値 注意事項
2-1 サブネット名 手動 INTGW-SV_seg 英数字のみ入力が可能です。
2-2 ネットワークアドレス 手動 xxx.xxx.xxx.xxx/29(可変) 取得したグローバルIPを設定してください。
2-3 ゲートウェイIP 手動 xxx.xxx.xxx.xxx(可変) 取得したグローバルIPの次のアドレス(xxx.xxx.xxx.8であれば、xxx.xxx.xxx.9)を設定してください。

これらを入力して「次へ」をクリックします。


3.3. サブネットの詳細

入力が必要な項目は下記の通りです。

../../_images/modelA1_logicalnw_sv3.png
サブネットパラメータ説明
項番 項目名 入力形式 入力値 注意事項
3-1 DHCP有効 選択 選択あり 「DHCP 有効」にチェックが入っていることを確認してください。
3-2 IPアドレス割り当てプール 手動 xxx.xxx.xxx.xxx,xxx.xxx.xxx.xxx(可変) 取得したグローバルIPの第四オクテット+4,取得したグローバルIPの第四オクテット+6(取得したグローバルIPがxxx.xxx.xxx.8であれば、「xxx.xxx.xxx.12,xxx.xxx.xxx.14」と入力)
3-3 DNSサーバー 手動 xxx.xxx.xxx.xxx(可変) ご利用になりたいパブリックDNSサーバーのIPアドレスを入力してください。
3-4 NTPサーバー 手動   今回は入力は不要です。
3-5 追加のルート設定 手動   今回は入力は不要です。
3-6 サブネットの説明 手動   今回は入力は不要です。
3-7 サブネットのタグ 手動   今回は入力は不要です。

注釈

DNSサーバーの登録はOS上の操作でも実施することが出来ますが、上記の3-3にてDNSサーバーを指定すると、仮想サーバーをロジカルネットワークに接続した際、DHCPによりDNSサーバーのIPアドレスが仮想サーバーに配布されます。今回はこれを利用した手順をご案内しております。

注釈

DHCPを有効にすると、自動的にDHCPサーバーが作成されます。DHCPサーバーには設定用論理ポート(DHCPサーバーポート)のためのIPアドレスが1個必要であり、IPアドレスの割り当てプール内の未使用アドレスの最若版が自動払い出しされます。

DHCP機能(サーバアドレス設定機能)を無効にしている場合、IPアドレスがインスタンス上のOSに自動設定されません。個別にOSの設定をする必要があります。DHCP機能の詳細についてはサービス説明書 「4.1 ロジカルネットワーク」 を参照してください。

これらを入力して「ロジカルネットワークの作成」をクリックし、ロジカルネットワーク(インターネット接続ネットワーク)の作成を完了させます。


4. ゲートウェイインターフェイスの追加

インターネットゲートウェイにお客様側で作成したロジカルネットワークを接続するための各種設定を行います。

「インターネットゲートウェイの詳細」ページで、「ゲートウェイインターフェイス」のタブを選択し、「ゲートウェイインターフェイスの追加」をクリックします。

../../_images/modelA1_int_gwint1.png

入力が必要な項目は下記の通りです。

../../_images/modelA1_int_gwint2.png
ゲートウェイインターフェースパラメータの説明
項番 項目名 入力形式 入力値 注意事項
4-1 名前 手動 InternetGW_Interface 英数字のみ入力が可能です。
4-2 接続ロジカルネットワーク 選択 INTGW-SV 選択
4-3 ゲートウェイIPv4アドレス 手動 xxx.xxx.xxx.xxx(可変) ロジカルネットワークを作成した際に設定したゲートウェイIPを設定してください。
4-4 プライマリデバイスIPv4アドレス 手動 xxx.xxx.xxx.xxx(可変) 4-3で設定したゲートウェイIPアドレスの次のアドレス(xxx.xxx.xxx.9であれば、xxx.xxx.xxx.10)を設定してください。
4-5 セカンダリデバイスIPv4アドレス 手動 xxx.xxx.xxx.xxx(可変) 4-4で設定したプライマリデバイスIPアドレスの次のアドレス(xxx.xxx.xxx.10であれば、xxx.xxx.xxx.11)を設定してください。
4-6 VRRPグループID 手動 20 VRRPグループIDの初期値は1となっております。

これらを入力して「ゲートウェイインターフェースの追加」をクリックします。


ここまでの作業により以下が作成されました。

  • インターネットゲートウェイの作成
  • グローバルIPの取得
  • ロジカルネットワークの作成
  • ゲートウェイインターフェイスの追加