共通機能ゲートウェイ構築手順

ベアメタルサーバーや仮想サーバーにおいて、本サービスで提供するWindowsOS等の有料のオフィシャルテンプレートイメージをご利用になった場合、ライセンス認証を行うために共通機能ゲートウェイへの接続が必要となります。また、各リソースを本サービスで提供するNTPサーバと接続する場合も、共通機能ゲートウェイへの接続が必要となります。

ここでは、共通機能ゲートウェイの作成及び必要な設定を行います。

注釈

共通機能ゲートウェイがテナント上で作成されると、共通機能ゲートウェイ接続用のロジカルネットワークがシステム上で作成されます。

本項では図中の赤枠部分を構築していきます。

../../_images/modelA1_CFGW.png

図に使用される表記の凡例は 凡例一覧 を参照してください。


1. 共通機能ゲートウェイの作成

「コントロールパネル」から「ネットワーク」→「共通機能ゲートウェイの作成」を選択します。

../../_images/modelA1_CF-gw1.png

入力が必要な項目は下記の通りです。

../../_images/modelA1_CF-gw2.png
ゲートウェイインターフェースパラメータの説明
項番 項目名 入力形式 入力値 注意事項
1-1 名前 手動 Common_functionGW 英数字のみ入力
1-2 共通機能プール 選択 kw1_common_function_pools-01  

上記の項目を入力し、「共通機能ゲートウェイの作成」をクリックすると、下記のような画面が表示されます。

ステータスが「作成中」→「稼働中」になれば作成完了です。

../../_images/modelA1_CF-gw3.png

作成が完了したあと、今回作成した共通機能ゲートウェイの名前を選択することで、下記のような詳細画面が表示されます。Enterprise Cloud 2.0 で提供する共通機能、ライセンス認証サーバやNTPサーバへの接続には、リンクローカルアドレスを使った通信を行います。

../../_images/modelA1_CF-gw4.png

注釈

ベアメタルサーバーでのライセンス認証については OSライセンスのアクティベーション を、仮想サーバーにおけるライセンス認証については、OSライセンスのアクティベーション の手順をご確認ください。