クイックスタートガイド 説明書


1. 目的

本クイックスタートガイドは、代表的な構築モデルの構築手順を提示することにより、 Enterprise Cloud2.0のご利用が初めての方でもスムーズにご利用開始出来ることを目的としています。

また本書ではEnterprise Clund2.0で環境を構築するために必要となる概念や考え方も合わせて記載しいます。


2. 対象者

本書を利用される方は以下のとおり想定しています。

  • 始めてEnterprise Cloud2.0で環境構築を行う方
  • 他社のクラウドサービスから乗り換えを検討されている方
  • オンプレ環境をクラウドサービスへ変更を検討されている方

3. 事前準備

Enterprise Cloud2.0で環境構築作業を行うためには以下のクライアント環境を準備する必要があります。 | 作業開始前までにご準備をお願いします。

  1. SSHクライアントソフトウェアがインストールされており、使用できること(CentOS版)
  2. リモートデスクトップソフトウェアがインストールされており、使用できること(Windows版)
  3. Enterprise Cloud2.0のコントロールパネルを利用するためのブラウザがインストールされており、使用できること

3.1. SSHクライアントソフトウェアについて

必要に応じて、ベアメタルサーバーまたは仮想サーバーの操作を行うためにSSHクライアントソフトをご用意ください。


3.2. リモートデスクトップソフトウェアについて

必要に応じて、ベアメタルサーバーもしくは仮想サーバーの操作を行うためにリモートデスクトップソフトをご用意ください。通常、Windowsに標準で付属しているリモートデスクトップ接続を利用します。


3.3. コントロールパネルを閲覧するためのブラウザ

Firefox/Chromeが対応ブラウザとなっています。


4.モデル一覧

代表的なモデル構築例として以下を取り上げます。

4.1. 基本構成

4.2. Webサーバー(シングル構成)

4.3. Webサーバー(冗長構成)

4.4. Web3層(冗長構成)


4.1. 基本構成

Enterprise Cloud2.0を利用する為の最小限の構成となります。

仮想サーバー上に簡易的なサーバーを構築し、クライアントPCからインターネット経由で仮想サーバーへアクセスができるシステムとなっています。


4.1.1. ユースケース

  • 低コストで利用したい方
  • 強固なセキュリティ対策が必要でない方(セキュリティ対策はOSで提供する機能となります)
  • ※本構成での長期利用は推奨されません。

4.1.2. システム構成(簡易イメージ)

システム構成図は以下の通りです。


../_images/modelA-1.png

図に使用される表記の凡例は 凡例一覧 を参照してください。


4.1.3. 料金(目安)

月額利用料金の目安は以下の通りです。

仮想サーバーOS ご利用料金
Windows版 33,100
CentOS版 31,600
内訳
プラン 個数 単価(円) 小計(円) 説明
ロジカルネットワーク
ネットワーク

2

0

0
1テナントあたり5ネットワークまでは無料となります。
インターネットゲートウェイ
10Mベストエフォート
グローバルIP、/29サブネット

1
3

0
8,000

0
24,000
「10Mベストエフォート」は無料でご利用いただけます。
インターネットゲートウェイには3つのグローバルIPアドレスのアサインが必要です。
仮想サーバー
Windows Server
1CPU-4GB
ルートボリューム15GB
CentOS
1CPU-4GB
ルートボリューム15GB

1


1

9,100


7,600

9,100


7,600
使用するOSにより料金が変わります。

4.1.4. 構築時間(目安)

仮想サーバーOS 合計構築時間(分)
Windows版 80
CentOS版 75
内訳
構築内容 作成時間(分)
ロジカルネットワーク 20
インターネットゲートウェイ 20
仮想サーバー
Windows Server
CentOS

20
15
共通機能ゲートウェイ 20

4.2. Webサーバー(シングル構成)

仮想サーバー上に簡易的なWebサーバーを構築し、クライアントPCからインターネット経由で仮想サーバーへアクセスができるシステムとなっています。


4.2.1. ユースケース

  • セキュリティ対策を行った上で最小限のWebサーバーをご利用されたい方
  • 故障やサーバメンテナンスによる利用停止時間が問題とならない方
  • ※本構成での商用サービスは推奨されません。

4.2.2. システム構成(簡易イメージ)

システム構成図は以下の通りです。


../_images/modelA-2.png

図に使用される表記の凡例は 凡例一覧 を参照してください。


4.2.3. 料金(目安)

月額利用料金の目安は以下の通りです。

仮想サーバーOS ご利用料金
Windows版 93,100
CentOS版 91,600
内訳
プラン 個数 単価(円) 小計(円) 説明
ロジカルネットワーク
ネットワーク

3

0

0
1テナントあたり5ネットワークまでは無料となります。
インターネットゲートウェイ
10Mベストエフォート
グローバルIP、/29サブネット

1
3

0
8,000

0
24,000
「10Mベストエフォート」は無料でご利用いただけます。
インターネットゲートウェイには3つのグローバルIPアドレスのアサインが必要です。
マネージドファイアウォール
2CPU-4GB(HA)

1

60,000

60,000

仮想サーバー
Windows Server
1CPU-4GB
ルートボリューム15GB
CentOS
1CPU-4GB
ルートボリューム15GB

1


1

9,100


7,600

9,100


7,600
使用するOSにより料金が変わります。

4.2.4. 構築時間(目安)

仮想サーバーOS 合計構築時間(分)
Windows版 100
CentOS版 75
内訳
構築内容 作成時間(分)
ロジカルネットワーク 20
インターネットゲートウェイ 20
マネージドファイアウォール 20
仮想サーバー
Windows Server
CentOS

20
15
共通機能ゲートウェイ 20

4.3. Webサーバー(冗長構成)

仮想サーバー上に簡易的なWebサーバーを構築し、クライアントPCからVPN(UNO)またはインターネット経由で仮想サーバーへアクセスができるシステムとなっています。また障害発生時にもシステム全体の機能を維持し続けられるよう冗長構成としています。


4.3.1. ユースケース

  • セキュリティ対策を行った上でWebサーバーをご利用されたい方
  • クライアントPCからVPN経由でWebサーバーをご利用されたい方
  • 障害発生時に業務停止時間を最小限に抑えたい方
  • リソース障害に備え、Backup/Restore運用をしたい方(対象:仮想サーバー、ロードバランサ―)

4.3.2. システム構成(簡易イメージ)

システム構成図は以下の通りです。


../_images/modelB.png

図に使用される表記の凡例は 凡例一覧 を参照してください。


4.3.3. 料金(目安)

月額利用料金の目安は以下の通りです。

仮想サーバーOS ご利用料金
Windows版 166,200
CentOS版 163,200
内訳
プラン 個数 単価(円) 小計(円) 説明
ロジカルネットワーク
ネットワーク

6

3,000

3,000
1テナントあたり5ネットワークまでは無料となります。
VPNゲートウェイ
100Mベストエフォート

1

0

0
Arcstar Universal Oneとの接続部「100M ベストエフォート」は無料でご利用いただけます。
インターネットゲートウェイ
10Mベストエフォート
グローバルIP、/29サブネット

1
3

0
8,000

0
24,000
「10Mベストエフォート」は無料でご利用いただけます。
インターネットゲートウェイには3つのグローバルIPアドレスのアサインが必要です。
マネージドファイアウォール
2CPU-4GB(HA)

1

60,000

60,000

ロードバランサ―
Citrix NetScaler VPX 50Mbps

2

28,000

56,000

仮想サーバー
Windows Server
1CPU-4GB
ルートボリューム15GB
CentOS
1CPU-4GB
ルートボリューム15GB

2


2

9,100


7,600

18,200


15,200
使用するOSにより料金が変わります。
DNS
5ゾーン毎

1

5,000

5,000
当月に利用したゾーンに対し、5ゾーン単位で月額料金を適用します。

4.3.4. 構築時間(目安)

仮想サーバーOS 合計構築時間(分)
Windows版 260
CentOS版 270
CentOS版(Heat) 240
内訳
構築内容 構築時間(分)
ロジカルネットワーク 20
VPNゲートウェイ 20
インターネットゲートウェイ 20
マネージドファイアウォール 90
ロードバランサ― 60
仮想サーバー
Windoes Server
CentOS

30
40
DNSサーバー 10
共通機能ゲートウェイ 10

4.4. Web3層(冗長構成)

一般的なWeb3層モデルをベースとし、クライアントPCからVPN(UNO)またはインターネット経由で仮想サーバーへアクセスできるシステムとなっています。また障害発生時にもサービス継続を維持出来るように冗長構成となっています。

4.4.1. ユースケース

  • セキュリティ対策を行った上でWebサーバーをご利用されたい方
  • クライアントPCからVPN経由でWebサーバーをご利用されたい方
  • Webサーバー、APサーバー、データベースを連携させたをシステムを構築したい方
  • 障害発生時に業務停止時間を最小限に抑えたい方
  • リソース障害に備え、Backup/Restore運用をしたい方

(対象:仮想サーバー、ベアメタルサーバー、ブロックストレージ、ロードバランサ―)

4.4.2. システム構成(簡易イメージ)

システム構成図は以下の通りです。


../_images/modelC.png

4.4.3. 料金(目安)

月額利用料金の目安は以下の通りです。

仮想サーバーOS ご利用料金
CentOS版 426,800
内訳
プラン 個数 単価(円) 小計(円) 説明
ロジカルネットワーク
ネットワーク

10

3,000

15,000
1テナントあたり5ネットワークまでは無料となります。
VPNゲートウェイ
100Mベストエフォート

1

0

0
Arcstar Universal Oneとの接続部「100M ベストエフォート」は無料でご利用いただけます。
インターネットゲートウェイ
10Mベストエフォート
グローバルIP、/29サブネット

1
3

0
8,000

0
24,000
「10Mベストエフォート」は無料でご利用いただけます。
インターネットゲートウェイには3つのグローバルIPアドレスのアサインが必要です。
マネージドファイアウォール
2CPU-4GB(HA)

1

60,000

60,000

ロードバランサ―
Citrix NetScaler VPX 50Mbps

2

28,000

56,000

仮想サーバー(Web)
CentOS
1CPU-4GB
ルートボリューム15GB

2


7,600

15,200

仮想サーバー(AP)
CentOS
1CPU-4GB
ルートボリューム15GB

2

7,600

15,200

DNS
5ゾーン毎

1

5,000

5,000
当月に利用したゾーンに対し、5ゾーン単位で月額料金を適用します。
ベアメタルサーバー
Standard Plan General Purpose 1 (1 Soket)
CentOS

2

114,000

228,000

ブロックストレージ
2IOPS/GB
100GB

2

4,200

8,400

4.4.4. 構築時間(目安)

仮想サーバーOS 合計構築時間(分)
CentOS版 360
内訳
構築内容 構築時間(分)
ロジカルネットワーク 20
VPNゲートウェイ 20
インターネットゲートウェイ 20
マネージドファイアウォール 90
ロードバランサ― 60
仮想サーバー(Web)
CentOS

40
仮想サーバー(AP)
CentOS

40
DNSサーバー 10
共通機能ゲートウェイ 10
ベアメタル―サーバー 30
ブロックストレージ 20

5. ECL2.0 解説一覧

  • システム構成図凡例一覧

図に使用される表記の凡例は 凡例一覧 を参照してください。


  • ロジカルネットワークの概念

ロジカルネットワークとは、テナント内でお客さまが所有する各リソースに接続することができるL2ネットワーク接続のことを言います。 これによりお客さまは、任意のリソース同士のL2接続を確立でき、自由なテナント内ネットワーク設計を実現することができます。

また、ロジカルネットワーク内は冗長化されており、障害発生時の中継基盤の切り替わり時に想定している通信断時間は約1分間となります。

ロジカルネットワークの詳細についてはサービス説明書、ロジカルネットワーク を確認してください。


  • リージョン、ゾーン、グループの概念

Enterprise Cloud 2.0では、最大3段階のロケーション(リージョン、ゾーン、グループ)を設定することが可能となります。


リージョン、ゾーン、グループの概念

リージョン 国や地域レベルの集合単位
ゾーン 収容ビルの集合単位
グループ 収容設備(搭載ラックのイメージ)の収容単位
../_images/region-zone-group1.png

各リソースをリージョン、ゾーン、グループそれぞれに配置することで、各レベルでの障害対策が可能となります。

ケース1:グループでの障害発生時

../_images/region-zone-group2.png

同じリソースをグループA、Bに配置している為、グループBで障害が発生しても、グループAのリソースで業務継続が可能となります。


ケース2:ゾーンでの障害発生時

../_images/region-zone-group3.png

各ゾーン配下に同じリソースをグループごとに配置しているため、ゾーン2で障害が発生しても、ゾーン1で業務継続が可能となります。

詳細についてはサービス説明書、リージョン/ゾーン/グループ を確認してください。


  • 仮想サーバーインスタンスのキーボード配列について

仮想サーバーインスタンスにコントロールパネル上のコンソールから接続した際、お客さま側で日本語キーボード(JISキーボード)をお使いの場合、一部、通常のキーボード配列と文字が異なるものがあります。

詳細についてはよくある質問、キーボード文字配列 を確認してください。