Enterprise Cloud 2.0 APIの利用開始

Enterprise Cloud 2.0のAPIを初めてご利用になる際には、以下の手順を参考にご利用ください。また、詳しくは、チュートリアル:APIコールの基礎について をご確認ください。

1. API鍵 / API秘密鍵の取得

各サービスで提供しているAPIの実行にあたっては、Tokenを事前に取得しておくことが必要です。

Token取得にあたっては、事前にAPIを実行するユーザーのAPI鍵/API秘密鍵、およびそのユーザーがアクセスできるテナントのテナントIDをポータルで確認した上で、本サービスで提供しているKeystoneに対して以下のようなAPIを実行してTokenを生成します。

API鍵/API秘密鍵は、ポータル画面の「プロファイル」よりご確認いただけます。

2. トークン(Token)の取得

1.で取得したAPI鍵とAPI秘密鍵を用い、以下のようなコマンドを実行すると、Tokenを取得できます。

curl -i \
 -H "Content-Type: application/json" \
 -d '
{
   "auth": {
       "identity": {
           "methods": [
               "password"
           ],
           "password": {
               "user": {
                   "domain": {
                       "id": "default"
                   },
                   "name": "ApiKey(API鍵)",
                   "password": "ApiSecret(API秘密鍵)"
               }
           }
       },
       "scope": {
           "project": {
               "id": "テナントID"
           }
       }
   }
}' https://keystone-jp1-ecl.api.ntt.com/v3/auth/tokens

上記コマンドを実行すると、下記のようなレスポンスが返却され、”X-Subject-Token:” の値が各サービスで提供しているAPIを実行する際に必要なTokenとなります。

HTTP/1.1 201 Created
Date: Fri, 30 Oct 2015 07:52:26 GMT
Server: Apache/2.4.7 (Ubuntu)
X-Subject-Token: fe7136237a6e40729e52fc452b8cdf82
Vary: X-Auth-Token
X-Distribution: Ubuntu
(以下略)

3. 各サービスへのAPIの実行

Token取得後、各サービス毎に定められたエンドポイントに対してAPIを実行します。

エンドポイントは、 [機能名]-[リージョン名]-ecl.api.ntt.com の命名規則で設定されています。

現在、JP1、JP2、US1、UK1、SG1、AU1、HK1、DE1リージョンを提供しております。ご利用いただけるAPIのエンドポイントは、APIリファレンスに記載しています。

APIリファレンス ページへ戻る