改版履歴

更新日 版数 改定内容
2013/04/05 Ver.1.00 Ver.1.00制定
2013/04/26 Ver.1.10
1) メニュー名変更
  新 コンピュートリソース(専用機器)
  旧 専用クラスタ
2) コンピュートリソース(専用機器)にストレージクラス(Premium +)を追加
3) データベースライセンス(MS-SQL)追加
4) 日本データセンターのみで利用可能なメニューを追加
5) その他表記ゆれなどを修正
2013/06/03 Ver.1.11
1) vロードバランサーのセッション数についての補足
2) 誤字修正
2013/06/10 Ver.1.12
1) 設備環境イメージ図修正
2) ポータル提供機能一覧修正
3) UKDC名の誤りを修正
2013/7/18 Ver.1.2
1) オンプレミス接続追加
2) イメージバックアップ追加
3) サーバーセグメントのIPアドレス管理機能追加
2013/9/5 Ver.1.21
1) シングルサインオン追加
2013/9/25 Ver.1.3
1) セキュリティ追加
2) リモートクライアントコネクション追加
3) 提供データセンター修正
4) その他微細な修正
2013/10/7 Ver.1.31
1) リモートクライアントコネクション
  端末払出アドレスの修正
2013/11/15 Ver.1.4
1) 仮想サーバーのディスク拡張機能追加
2) VPN接続、インターネット接続広帯域プラン追加
3) vファイアウォール、vロードバランサーのリソースの個別提供
4) コロケーション接続追加
5) グローバルファイルストレージ(グローバルデータバックアップ)、セカンダリストレージからのリストア機能追加
2013/12/24 Ver.1.5
1) RDS SAL追加
2) コロケーション接続修正
3) VPN接続修正
4) セキュリティ修正
2013/12/25 Ver.1.51
1) コンピュートリソース(専用機器)へLargeプランを追加
2014/2/10 Ver.16
1) MS SQL SE for Cluster追加
2) Oracle SE RAC 追加
3) ブロックストレージ(Premium++)追加
4) RCC修正
5) サービス名称変更(グローバルデータバックアップ→グローバルファイルストレージ)
6) セキュリティ修正
2014/04/01 Ver.2.0
1) 第2版リリース(構成変更)
2) コンピュートリソースへGuaranteedプランを追加
3) コロケーション接続修正
4) セキュリティ修正
5) カスタマーポータルチケット機能についての追記
6) Oracle SE RAC,MS SQL SE for Clusterを別冊化
2014/04/21 Ver.2.01
1) OSライセンスWindows Server 2012 Standardを追加(横浜第1データセンターで2014年4月8日(火)以降開通の環境が対象)
2) コンピュートリソース(専用機器)修正
2014/04/30
2014/05/16
Ver.2.02
1) イメージバックアップの修正
2) コロケーション接続の修正
3) Vファイアウォールの修正
4) Vロードバランサーの修正
5) 保守運用の修正
6) Guaranteedコンピュート関連の未提供サービスを記載
2014/05/30 Ver.2.1
1) 統合ネットワークアプライアンス追加
2) セキュリティ、RCC修正
3) 各データセンターが提供するサービス一覧修正
2014/06/09 Ver.2.11
1) ドイツデータセンターの提供メニューを更新
2014/06/30 Ver.2.12
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新
2) ローカルオプションメニューの一覧修正
3) Dedicatedプランの海外提供データセンターの更新
2014/8/1 Ver.2.13
1) 統合ネットワークアプライアンス利用時の弊社提供のOSライセンス認証に関する注意事項を削除
2) 各データセンターが提供するサービス一覧更新
3) セキュリティ修正
4) その他修正
  Germany Frankfurt2 DCでの利用不可IPアドレス追記
  ライセンススイッチ提供OS修正(Windows 2012を除外)
  コロケーション接続利用条件にかかわる記載を削除(利用規約に記載)
2014/8/20 Ver.2.14
1) OSライセンスWindows Server 2012 Standardの提供DCを追加。横浜データセンター(2013年7月4日以降開通のご契約者)および、関西1データセンター(すべてのご契約者)
2) インターネット接続はDNSリゾルバを提供していないことを追記
2014/9/1 Ver.2.15
1) イメージバックアップ修正。(日本DC提供中のサービスをローカルメニューへ移行し、カスタマーポータル対応版をグローバル標準メニューとして改定。)
2) ファイルバックアップ追加
3) 各データセンターが提供するサービス一覧更新(Guaranteedコンピュート、コンピュートリソース(専用機器)、Windows Server2012、MS-SQL)
4) 統合ネットワークアプライアンスのIPsec接続終端機能にパラメータ情報を追加
5) コロケーション接続修正
6) セキュリティ修正
2014/9/5 Ver.2.16
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新.
2) セキュリティ修正
2014/9/12 Ver.2.17
1) US、マレーシアデータセンターにOSライセンスWindows Server 2012を追加
2) ファイルバックアップ修正
2014/10/3 Ver.2.171
1) イメージバックアップのゲストOSカスタマイゼーションでの設定変更項目を修正(3.1.4章 ゲストOS項)
2014/10/8 Ver.2.18
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新
2) 日本ローカルオプション一覧修正
3) Enterprise Cloud カスタマーポータル更新
4) VPN接続更新
5) Server Segment更新
6) コロケーション接続修正
7) RCC修正
8) HULFTライセンス追加
2014/11/4 ver.2.19
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新。INA追加(関西1、US、UK)、セキュリティ追加
2) イメージバックアップ修正(リストア時の注意事項を追加)
3) サーバーセグメント(デフォルトゲートウェイ指定時の注意事項追加)
4) DBライセンス修正(Windows Server 2012 OSテンプレートの追加)
5) セキュリティ修正(URLフィルタリング)
6) お問い合わせ窓口について追記(チケット)
2014/12/9 ver.2.20
1) ドイツデータセンターが他データセンターと同仕様になったことにともなう修正(ネットワークアプライアンスへのNo Network状態の許容、サーバーセグメント初期払い出しを1つに)
2) コンピュートリソース(専用機器)修正(カスタマーポータルによるコンピュートリソース制御機能は誤記のため削除)
3) OSライセンス更新(Windows Server 2012 R2テンプレートの追加)
4) イメージバックアップ更新(Windows Server 2012のリストア時のvNICに係るバグ解消による弊社への作業依頼に関する文言を削除)
5) ファイルバックアップ修正(ジョブスロット時間枠誤記を修正)
6) サーバーセグメント更新(グローバルIPアドレス持込利用について追記)
7) リモートクライアントコネクション更新(対応端末・OS情報更新)
2014/12/26 ver.2.21
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新。Guaranteedコンピュート追加(TH)
2) OSライセンス更新(Windows Server 2012R2テンプレートの追加(横浜第1、タイ、マレーシア)
3) イメージバックアップ更新(制約事項追加)
4) 統合ネットワークアプライアンスCompact、Largeの機能に関するメモ追加
5) ライセンススイッチ更新(スイッチ作業方法の変更にともなう修正、Windows Server 2003の提供終了)
6) 保守運用における制約事項更新(統合ネットワークアプライアンス利用時にVPN接続、サービス相互接続のPing監視可能に)
2015/1/7 ver.2.211
1) 統合ネットワークアプライアンス IPsec接終端機能における誤記修正
  Key management protocol:
  【誤】IKEv2(ISAKMP + Oakley)
  【正】IKEv1(ISAKMP + Oakley)
2015/1/20 ver.2.22
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新(埼玉第1データセンター追加)
2) 埼玉第1データセンター追加にともなうパラメータ情報の追加(プロセッサ情報、サーバーセグメント)
2015/1/23 ver.2.3
1) カスタマーポータル ver2.0に対応(仮想サーバーへのリソースの割当機能拡張)
2) プライベートカタログ更新(リソース割当機能拡張にともなう重要説明を追記)
3) セキュリティ更新(UTM追加)
4) DBライセンス(MS-SQL)で利用可能なvCPU数の制約を更新
2015/2/3 Ver.2.31
1) コンピュートリソース(専用機器)更新
  物理サーバー1台あたりの性能表記について「コンピュートリソースプールで利用可能なリソース量」から「物理サーバーで提供する物理スペック」に変更
2) コロケーション接続更新
  ネットワーク、お客様機器
2015/2/12 Ver.2.32
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新(埼玉第1データセンターのメニュー更新)
2) コンピュートリソース更新
  サーバー仮想化に伴うメモリーオーバーヘッド目安一覧を更新
3) サーバーセグメント更新
  統合ネットワークアプライアンス利用時のサーバーセグメント利用上限を拡張
4) vロードバランサー更新
  セッション維持にCookieを利用する場合、ヘッダ追加機能を利用する場合の制約を追加
2015/2/20 Ver.2.33
1) ゲストOSカスタマイゼーションの時間に関する更新
  初回起動時の必要時間について弊社測定値をもとに修正(10分⇒30分)
2) サーバーセグメント更新
  DNSサフィックスに関する変更
  統合ネットワークアプライアンス利用時の利用可能セグメント数の追加
3) リモートクライアントコネクション更新
  提供可能DCに埼玉第一DCを追加
  「注意事項」の仮想ゲートウェイにおける一般ユーザーが利用可能なIPアドレスブロックを21~28bitに修正
  「IPアドレス」におけるサーバーセグメントのサブネットマスクを24~29bitに修正
2015/2/27 Ver.2.34
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新(埼玉第1データセンターのGFSリモート追加)
2) OSライセンス更新
  シンガポールのWindows Server 2012/R2追加
3) UTM更新
  注意事項追加ほか
2015/3/9 Ver.2.35
1) カスタマーポータルバージョンリスト更新
  埼玉第1DCのver2.0対応
2) ファイルバックアップ(注意事項更新)
3) その他
  用語の修正
2015/3/23 Ver.2.36
1) OSライセンス更新
  オーストラリアのWindows Server 2012/R2追加
2) カスタマーポータルバージョンリスト更新
  UKDCのver2.0対応
3) 各データセンターが提供するサービス一覧更新(オーストラリアのGuaranteedコンピュート追加)
4) コロケーション接続更新
  接続先対象コロケーション追加(関西1→京都第2)
2015/3/31 Ver.2.37
1) お申込み方法 更新
  関西1DCのカスタマーポータル対応VPN接続提供開始にともなう注記の修正
2) VPN接続 注意事項追加
3) リモートクライアントコネクション更新
  対応一般ユーザー端末 Apple iOS8.x追加
  検疫対象ソフトウェア追加
2015/4/15 Ver.2.40
1) Enterprise Cloudカスタマーポータル更新
  カスタマーポータルver2.0対応一覧
  データセンターごとのカスタマーポータル対応機能一覧
2) vファイアウォール更新
  1リソースあたりの同時セッション数についてNAPT利用時の注意事項を追加
3) ライセンススイッチ更新
  Windows Server 2012/R2 Standard追加
4) ブロックストレージ(Cloning)追加
2015/4/30 ver.2.41
1) コンピュートリソース更新
  ハードウェア構成に関する制約追加
2) プライベートカタログ更新
  テンプレートのインポート機能追加(仮想サーバーイメージインポート機能を別冊から移行)
  ゲストOSの設定に関する注意事項追記
3) OSライセンス更新
  Windowsに関する制約追記
4) RDS SAL更新
  注意事項のシステム要件ディスク容量の誤記修正
5) サービス相互接続更新
  重要事項追記(グローバルIPアドレスの利用不可)
6) vファイアウォール更新
  NAPT利用時の注意事項に追記
2015/5/15 ver.2.5
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新
  アクロニス追加、セキュリティ更新
2) 申込方法、納期、最低利用期間更新
  データセンター共通で利用できるサービス(グローバル標準メニュー)更新1.3.3項から標準納期一覧を削除
3) Enterprise Cloudカスタマーポータル更新
  カスタマーポータルver2.0対応一覧更新
4) OSライセンス更新
  Red Hat Enterprise Linux制約事項更新
5) バックアップライセンス(アクロニス)追加
6) イメージバックアップ更新
  注意事項追加
7) ファイルバックアップ更新
  注意事項追加
8) 統合ネットワークアプライアンス更新
  IPsec接続終端機能「重要」説明追加、統計情報参照に関する制約削除
9) セキュリティ更新
  WAFのSSL複合処理に関する説明追加
  注意事項追加
2015/5/28 Ver.2.6
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新
2) Enterprise Cloudカスタマーポータル更新カスタマーポータルver2.0対応一覧更新
3) コンピュートリソース更新
  ディスクリソースの最小契約単位変更
4) プライベートカタログ更新
  最小契約単位変更
5) OSライセンス更新(OSライセンス切り替え)
6) サーバーセグメント更新
  スタティックルート情報追加
7) コロケーション接続更新
  UKデータセンター追加
8) OSライセンススイッチ削除(OSライセンスに移行)
9) グローバルファイルストレージ更新
  プラン名称の変更
10) WAF更新
  利用IPアドレスにかかわる注意事項のサブネットマスクの誤記修正
11) プライマリDNS/セカンダリDNS追加(日本ローカルオプション)
2015/6/12 Ver.2.61
1) Enterprise Cloudカスタマーポータル更新カスタマーポータルver2.0対応一覧更新
2) コンピュートリソース
  vCPUのソケット機能追加
3) RDSSAL
  対応OSバージョンに関する説明追加
4) イメージバックアップ
  リストア時のストレージリソースに関する注意事項追加
5) 統合ネットワークアプライアンス
  ルール数に関しての表記を変更
  スタティックルーティングルール数に関する誤記修正
2015/7/1 Ver.2.62
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新
2) Enterprise Cloudカスタマーポータルver2.0対応一覧更新
3) コンピュートリソース
  vCPUのソケット機能提供予定日修正
4) VPN接続
  ルーティング設定に関する注意事項追加(グローバルIPアドレス利用時は別途お申込みが必要)
5) HULFTライセンス更新
  提供メニュー更新
2015/7/6 Ver.2.63
1) vファイアウォール
  ログ専用ポータルの追加
2) VPN接続
  カスタマーポータル対応VPN接続におけるルーティング設定可能なアドレス種別に関する説明を追加
2015/8/1 Ver.2.64
1) ブランド名変更にともなう表記の変更(「Bizホスティング」を削除)
2) 各データセンターが提供するサービス一覧更新
3) コンピュートリソース
  vCPUのソケット機能提供予定日修正
  メモリーのオーバーヘッド表更新
4) コンピュートリソース(専用機器)
  Generation2追加
5) OSライセンス
  OSライセンススイッチ提供DC追加
6) コロケーション接続
  THデータセンター追加、メディアコンバーター仕様更新、注意事項におけるVMwareのMacアドレス誤記修正
7) UTM
  IPS/IDS設定可能な項目における危険通信検知時のActionの誤記修正
8) RCC更新
  検疫対象ソフトウェア更新
2015/9/1 Ver.2.65
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新 Spain Madrid 2 Data Center 追加ほか
2) Enterprise Cloudカスタマーポータルver2.0全データセンター対応にともないver1.0に係る記載を削除
3) コンピュートリソース
  対応ゲストOSのリンクを変更
4) コンピュートリソース(専用機器)
  リソースにおけるCPU、メモリー予約値にかかわる一時的な仕様変更
5) プライベートカタログ
  テンプレートのインポート機能
  対応仮想マシンバージョンの更新
  仮想サーバーの対応ゲストOSのリンクを変更
6) OSライセンス
  Red Hat Enterprise Linuxの制約事項更新
7) データベースライセンス(MS-SQL)
  日本データセンターにおいてWindows Server 2012 R2 StandardのOS追加
8) コロケーション接続
  SGデータセンター追加
9) 統合ネットワークアプライアンス
  スタティックルーティングの設定可能数の仕様変更 最大約100→64
2015/10/1 Ver.2.7
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新
2) OSライセンス
  Red Hat Enterprise Linuxの制約事項更新 埼玉第1DCを追加
3) データベースライセンス(MS-SQL)
  注意事項更新 仮想サーバーへの割当vCPU数について
4) Webセキュリティ(WAF)追加
5) マネージドオプション追加
6) チケット機能更新
  (10月10日メンテナンスによるチケット機能更新後から適用)
2015/11/1 Ver.2.71
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新
2) お申し込み方法
  UTM、Webセキュリティ(WAF)に関する注記追加
3) コンピュートリソース
  仮想サーバーの割当vCPUについて仮想マシンバージョンに関するメモ追加
4) コンピュートリソース(専用機器)
  仮想サーバーの割当vCPU、メモリーについて仮想マシンバージョンに関するメモ追加
5) vロードバランサー
  HTTP通信におけるヘッダ追加機能(x-forwarded-for)にかかわる仕様変更
  トラフィック処理能力にかかわる注意事項追加
6) マネージドオプション
  DBマネジメントManaged MS SQLに関する情報を更新
2015/12/1 Ver.2.72
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新
2) コンピュートリソース コンピュートリソースプールの契約無を許容する仕様変更に伴い重要事項を削除
3) プライベートカタログ テンプレートのインポート機能 仮想マシンOS種別に関してCentOS持ち込み時の注記を削除
4) OSライセンス
  Red Hat Enterprise Linuxの制約事項更新
5) セキュリティ メンテナンスに関する注意事項追加 Webセキュリティ(WAF) 利用IPアドレスに関する注意事項追加
2016/1/1 Ver.2.73
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新
2) コンピュートリソース(専用機器)
  Generation3のSmall追加
3) セキュリティ
  複数契約する場合のメモを追加(IPS/IDS,ウイルス対策Email,ウイルス対策Web,URLフィルタリング,アプリケーションフィルタリング,アプリケーションプロファイリング,ネットワークプロファイリング)
  割当IPアドレスに関する重要事項、契約に関する制約事項追加(UTM)
  制御ルールに関する重要次項追加(VM間ファイアウォール)
2016/1/15 Ver.2.74
1) イメージバックアップ
  仮想サーバーを削除する場合の注意事項追加
2) vロードバランサー
  HTTP通信におけるヘッダ追加機能(x-forwarded-for)にかかわる仕様変更(日本DCにおいて、利用開始時期にかかわらずすべての利用者を対象としました)
2016/2/1 Ver.2.8
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新
2) お申し込み方法
  アクロニスライセンスのカスタマーポータル対応
3) データセンターごとのカスタマーポータル対応機能一覧更新
4) 関西1データセンター別基盤(関西1a)の追加
5) コンピュートリソース
  重複不可IPアドレス帯追加(関西1a)
6) OSライセンス
  Red Hat Enterprise Linux提供バージョンの小数点以下の記載を略(カスタマーポータルにて確認可能)、yum upgradeに関する注意事項追加
7) DBライセンス(MS-SQL)
  対応OSの提供データセンターに関する注記を削除(日本以外でも順次Windows Server2012/R2を提供)
8) DBライセンス(Oracle SE One)
  グローバル共通サービス追加
9) DBライセンス(Oracle EE)
  グローバル共通サービス追加
10) イメージバックアップ
  サポートOS更新(Red Hat Enterprise Linux6.5追加)
11) VPN接続
  重複不可IPアドレス帯追加(関西1a)
12) サーバーセグメント
  注意事項更新
  重複不可IPアドレス帯(関西1a)
  スタティックルート情報(関西1a)
  64台以上の仮想サーバーを利用する場合について)
13) コロケーション接続
  提供データセンター追加(ES,AU)
14) 故障発生時のご連絡
  統合ネットワークアプライアンス追加、グローバルファイルストレージ削除
2016/3/1 Ver.2.81
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新
2) カスタマーポータルの権限管理に関する機能説明項を追加
3) コンピュートリソース
  vCPUのソケット機能提供予定日修正
4) vロードバランサー
  ロードバランシング機能における誤記修
  誤:サーバーファーム
  正:サーバーグループ
5) セキュリティ
  図など微細な修正
  海外データセンター利用時およびIPアドレスにかかわる注意事項追加(UTM/Webセキュリティ(WAF))
6) プライマリDNS/セカンダリDNS
  各レコードで、ワイルドカードが利用できない仕様を追記
2016/4/1 Ver.2.82
1) 本書の目的・ご利用にあたって
  ドキュメントの掲載先にKnowledge Centerを追加
2) 各データセンターが提供するサービス一覧更新
3) コンピュートリソース
  vCPUのソケット機能提供予定日修正
  Snapshot機能追加
4) イメージバックアップ
  バックアップ保存にかかわる重要事項更新
  サポートOS更新
5) コンピュートリソース、VPN接続、サーバーセグメント
  利用不可IPアドレス帯およびスタティックルートIPアドレス帯情報を分冊化
6) オンプレミス接続
  通信プロトコルのIPアドレス情報を分冊化
7) vロードバランサー
  スループットに関わる注意事項、参考情報追加
8) 統合ネットワークアプライアンス
  注意事項追加
9) マネージドオプション
  サービス内容、機能、制約等について削除(詳しくはGMOneサービス利用規約を参照ください)。
2016/4/15 Ver.2.83
1) vロードバランサー
  スループットに関わる注意事項更新
2016/5/1 Ver.2.84
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新
2) データセンターごとのカスタマーポータル対応機能一覧更新
3) OSライセンス
  Red Hat Enterprise Linux7追加
4) HULFTライセンス
  グローバル標準サービスとして更新
5) イメージバックアップ
  サポートOS更新(Red Hat Enterprise Linux6.7/7.1追加)
2016/6/1 Ver.2.85
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新
2) コンピュートリソース(専用機器)
  Generation3のMedium、Large追加
3) データベースライセンス(MS-SQL)
  SQL Server 2008 R2 Standard Englishの初期パラメータ表の誤記修正
4) データベースライセンス(Oracle SE One)
  仮想サーバーOSのタイムゾーン設定を追記
5) インターネット接続
  グローバルIPアドレス65個以上利用時の個別問合せに関する注記を削除
6) コロケーション接続
  提供データセンター追加(MY)
2016/6/15 Ver.2.86
1) OSライセンス
  オープンソースOSのCentOS,Ubuntsu追加
2) コンピュートリソース
  vCPUのソケット機能提供一覧更新
  (全データセンターで対応完了)
3) データベースライセンス(MS-SQL)
  2)の対応にともないソケットに関する注意事項を更新
2016/7/1 Ver.2.87
1) 各データセンターが提供するサービス一覧更新
2) Enterprise Cloudカスタマーポータル
  操作ログ機能追加
3) コンピュートリソース/プライベートカタログ
  サポートするゲストOSについての外部リンク変更
4) コロケーション接続
  提供データセンター追加(DE)
5) ウイルス対策(VM)、仮想パッチ、VM間ファイアウォール
  エージェントソフトウエアインストール時の重要事項更新
6) 仮想パッチ
  制約事項の更新
2016/8/1 Ver.2.88
1)各データセンターが提供するサービス一覧更新
2)Enterprise Cloudカスタマーポータル
  注意事項 対応ブラウザのFirefoxバージョン更新
3)OSライセンス
  注意事項 Red Hatエンタープライズ契約参照先URL変更
4)データベースライセンス(MS-SQL)
  SQL Server 2008 R2 Standard Englishの初期パラメータ表の誤記修正
5)HULFT
  利用・設計時の注意点追加
2016/9/1 Ver.2.89
1)各データセンターが提供するサービス一覧更新
2)Enterprise Cloudカスタマーポータル
  データセンターごとのカスタマーポータル対応機能一覧更新
3)イメージバックアップ
  課金にかかわる注意事項追加
4)vファイアウォール/統合ネットワークアプライアンス
  NAT利用に関わるメモを追加
2016/9/7 Ver.2.90
1)リモートクライアントコネクション
  サポート端末および利用者環境の条件を更新
  最低利用期間について更新
2016/10/1 Ver.2.91
1)コンピュートリソース
  Guaranteedコンピュートに関する補足を追加
2)コロケーション接続
  関西1データセンター接続先コロケーションの追加(大阪第5)
3)vファイアウォール
  ログ専用ポータルの提供データセンター更新
4)統合ネットワークアプライアンス
  IPsec接続終端機能にかかわるメモを追加
2016/11/1 Ver.2.92
1)DBライセンス(Oracle SE One)
  関西1データセンターの利用時の注記を追加
2)イメージバックアップ
  バックアップ時の制約事項追加
  スナップショット保存領域とバックアップ最大サイズについて
3)ファイルバックアップ
  2016年10月31日サービス終了を明記
4)コロケーション接続
  Enterprise Cloud2.0の「Enterprise Cloud接続」メニュー利用時の注意事項を追加
2016/11/11 Ver.2.93
1)vロードバランサー
  参考情報追加 URLフィルタ、ウイルスチェックを仮想サーバー上で利用する場合の「ベストプラクティス」
2016/12/1 Ver.2.94
1)コンピュートリソース
  注意事項のメモリーリソースのオーバーヘッド参考値を更新
2017/3/1 Ver.2.95
1)Enterprise Cloudカスタマーポータル
 データセンターごとのカスタマーポータル対応機能一覧更新(AUデータセンターにおけるサーバーセグメント、インターネット接続のカスタマーポータル対応)
2)イメージバックアップ
  リストア時の注意事項更新(リストア後の操作開始時間15分→30分に修正、オーバーヘッドがバックアップ取得時にも必要であることを追記)
2017/4/10 Ver.2.96
1)サーバーセグメント
 サーバーセグメント削除時の注意事項追加(VPN接続関連)
2)ウイルス対策(VM)、仮想パッチ、VM間ファイアウォール各章
 制約事項追加(チケット関連)
2017/5/10 Ver.2.97
1)イメージバックアップ
 注意事項更新(バックアップイメージの保存)
2017/6/8 Ver.2.98
1)UTM
 Block可能なURLカテゴリ一覧追加
2017/7/1 Ver.2.99
1)提供データセンター一覧更新

2017/9/1 Ver.2.991
1)OSライセンス Red Hat Enterprise Linux制約事項更新

2018/1/12 Ver.2.992
1)バックアップライセンス(Acronis) バージョン12の追加、バージョン11の販売停止、サポート終了時期を追記

2018/3/1 Ver.2.993
1)データベースライセンス(MS-SQL)
 注意事項更新
2)コロケーション接続
 France Paris 2 Data Center追加
2018/4/13 Ver.2.994
1)リアルタイムマルウェア検知(Web)
 マルウェア解析対象の仮想環境向けソフトウェア一覧を削除
2)リアルタイムマルウェア検知(Email)
 マルウェア解析対象の仮想環境向けソフトウェア一覧を削除
2018/5/23 Ver.2.995
1)Enterprise Cloudカスタマーポータル
 コンソール接続(HTML版)機能追加
2018/6/1 Ver.2.996
1)プライマリDNS/セカンダリDNS
 サービス利用上不要な情報を削除(ネームサーバーのIPアドレス)
2018/7/11 Ver.2.997
1)データベースライセンス(MS-SQL)
 注意事項更新
2018/7/24 Ver.2.998
1)Enterprise Cloudカスタマーポータル
 仮想サーバー/vAppにおけるCheck Hardware Version/Upgrade Hardware Version機能追加
2018/9/19 Ver.2.999
1)リモートクライントコネクション
 注意事項更新(一般ユーザー端末の対応プラットフォームのバージョン情報更新)
2018/11/16 Ver.2.9991
1)ブロックストレージ(Cloning)
 サービスレベル合意書(SLA)の情報を追記
2019/1/31 Ver.2.9992
1)OSライセンス
 Windows Server 2016 Standardを一部のDCで提供開始。
2)イメージバックアップ
 対象OSにWindows Server 2016 Standardを追加。
2019/2/22 Ver.3.0
1)データセンターが提供するサービス一覧(P.23)、その他関連個所更新
 サービス終了に伴う削除

|  Virginia Sterling Data Center, Germany Frankfurt2 DCサービス終了予定の追記 |  Australia Sydney1 Data Center

2019/2/28 Ver.3.01
1)OSライセンス
 Windows Server 2016 Standardの提供DCを追加。
2019/4/24 Ver.3.02
1)データベースライセンス
 SQL Server 2016, SQL Server 2017を一部のDCで提供開始。
2019/5/8 Ver.3.03
1)vファイアフォール
 ルーティング機能の注釈を追記更新
2019/5/9 Ver.3.04
1)vファイアフォール
 ルーティング機能の注釈部分の誤記修正
2019/5/29 Ver.3.05
1)OSライセンス
 Windows Server 2016 Standardの提供拠点を追加。
2)データベースライセンス
 SQL Server 2016, SQL Server 2017の提供拠点を追加。
2019/5/30 Ver.3.06
チケットへのアンケートの開始を追記
2019/7/9 Ver.3.07
SQL Server 2008 R2のサポートを終了