Red Hat Enterprise Linux 延長サポート対応

概要

メニューの概要

  • Enterprise Cloud1.0(以下ECL1.0)にて提供されていたRed Hat Enterprise Linux(以下RHEL)について、RHEL5は2017年3月31日、RHEL6は2020年11月30日にそれぞれ標準サポートが終了となっています。

  • 標準サポートが終了したRHEL OSについて、Extended Life cycle Support(以下ELS)を別途ご利用いただくことでサポート期間を延長することができます。詳細についてはRed Hat社の公式ページを参照ください。

注釈

RHEL5についてはELSによる延長されたサポート期間も2020年11月30日に終了となり、それ以降はELSをお申し込みいただいたとしてもRed Hat社からのサポートを受けることができなくなり、新規の修正パッチ等の提供はされません。
RHEL5を継続してご利用される場合、サポートを受けられない2020年12月1日以降であっても、Red Hat社のライセンス規約により、RHEL本体料金に加えて、ELS料金についても課金されます
上記の理由から、RHEL5からRed Hat社が現在サポートしている新しいRHEL OSバージョンへの切替を推奨いたします

メニューの特長

  • サポートされたメジャーバージョンへのバージョンアップができない場合、RHEL5/RHEL6の既存構成を維持したままECL上でサポートを受けることができます。
  • ライセンス費用を月額でご利用いただくことが可能です。

利用可能なサービス

  • 下記サービスにて利用中の弊社提供のOSライセンスRHEL5/RHEL6でELSを適用可能です。

コンピュートリソース

コンピュートリソース(専用機器)

提供内容

  • 影響度「重大」のセキュリティー修正と優先度「緊急」の一部のバグ修正が提供されます。

  • サポート対象はRHEL5/RHEL6インストール済みの既存サーバーに限定します。ただし、プライベートカタログから仮想サーバーを作成する場合は対象とします。詳しくは制約事項をご確認ください。

  • ELS適用後も、OSの提供機能は現在提供中のRHELテンプレートより変更ありません。機能詳細については以下を参照ください。

サポート/料金

サポート

  • 本メニューのサポート内容は、ECL1.0にて標準で定められた運用品質に準じます。詳細については以下を参照ください。
  • サポート対象はRHELインストール済みの既存システムに限定されます。

SLA

  • 本メニューにおけるSLAは適用されません。

監視

  • 本メニューにおいては監視・運用は実施しません。

提供データセンター

  • 本メニューの提供はRHEL提供データセンターに準じます。こちらを参照ください。

料金

初期費用

  • 無料

月額費用

  • 課金形態vCPU数に応じた月額固定課金となります。RHEL本体価格に追加して、ELS価格が課金されます。詳細は別紙料金表をご確認ください。(エンタープライズクラウドサービス利用規約
    当月中にvCPUを変更した場合、最大vCPU数の月額料金が適用されます。
  • 課金対象のRHEL5/RHEL6利用中の全ての仮想サーバーが対象となります。

ご利用条件

最低利用期間

  • 本メニューは最低利用期間を設けておりません。

申込、廃止

  • 申込、廃止ともに弊社営業担当者までご相談ください

事前にご準備いただくもの

  • 弊社提供のリポジトリサーバー(RHUI)へアクセスする必要があります。
  • インターネット経由でRHUIへアクセスするためには、別途インターネット接続メニューが必要になります。
  • RHUIへの設定変更については、証明書変更手順書を参照し、お客さま自身で変更作業を実施ください。手順書は個別に配布いたします。

制約事項

  • お客様持込みのOSについては延長サポートをご利用頂くことはできません。
  • サービス契約単位(請求単位)での契約となるため、ご利用中のRHEL5/RHEL6全サーバー台数分にELSが適用されます。サーバー単位のELS適用はできません。
  • プライベートカタログにRHEL5/RHEL6の仮想サーバーテンプレートを保管されている場合、現在運用中のRHEL5/RHEL6仮想サーバーが無い場合でも、ELS利用前提で仮想サーバーを作成する予定がある場合は、事前にELSをお申し込みいただく必要があります。
  • ELSを利用中の場合、プライベートカタログから新規に仮想サーバーを作成した場合は、ELSの課金対象となります(一部のVMのみELS対象外とすることはできません)。その際、ELS対象のVM数が変更になる為、事前に変更申請のお申し込みにて変更後のELS対象VM数をご報告していただく必要があります。(※)
  • ELSの対象となる仮想サーバーを削除した場合、ELS対象のVM数が変更になる為、事前に変更申請のお申し込みにて変更後のELS対象VM数をご報告していただく必要があります。(※)
  • 仮想サーバー作成時に証明書変更手順書にもとづきOSの設定作業を実施いただく必要があります。ただし、切替設定作業後に再度テンプレート保存したものについては、それ以降、仮想サーバー新規作成時の設定作業は不要です。

※仮想サーバーの追加/削除を実施するだけでは請求金額が変更にならない為、恐れ入りますが、都度変更申請を実施して下さい。

(参考) 標準サポートが終了したRHELご利用時に ELSを適用しない場合について

  • Red Hat社から新規の修正パッチ等の提供はされません。

  • ソフトウェア使用料として課金は継続されます。

  • お客様と合意している全てのOS監視項目において監視設定を解除し、非監視状態とします。物理サーバーを利用している場合は弊社が検出したハードウェア故障アラートのみ保守対応を実施します。ハードウェア故障に起因するOSの不具合に関して(OSの再インストールを含めて)サポートしません。
  • 以下の関連サービスをご利用の場合はサポート内容が変更されます。

    • OSマネジメントご利用の場合:
      OSのログインや動作確認は実施しません。物理サーバーおよび仮想サーバーの再起動のみポイント作業で受付可能です。
    • マネージドオプションご利用の場合:
      サポート終了後もマネージドオプションはご利用頂けます。但し、Red Hat社のサポートが必要となる事象については対応できません。